1. ホーム
  2. スタッフ

スタッフ

2019年5月現在。メールアドレスは、アットマーク以下に、「med.id.yamagata-u.ac.jp」を付してください。なお、広告メール等の特定電子メールの送信はお断りしています。

専任教員

教授 村上 正泰 (MURAKAMI Masayasu)

村上正泰

1997年、東京大学経済学部卒。大蔵省(現・財務省)入省、カリフォルニア大学サンディエゴ校国際関係・環太平洋地域研究大学院留学、厚生労働省保険局総務課課長補佐などを経て、2006年7月に退官。厚生労働省出向中に医療制度改革に携わり、医療費適正化計画の枠組みづくりを担当。2010年2月、本講座教授に着任。博士(医学)。現在、山形大学医学部附属病院地域医療連携センター長、日本医師会総合政策研究機構客員研究員、山形県地域医療構想アドバイザーなども兼務。

著書に、『医政羅針盤―激動する医療と政策の行方』、『医療崩壊の真犯人』、『高齢者医療難民』(共著)、『日本の医療政策と地域医療システム:医療制度の基礎知識と最近の動向』、『まちづくりとしての地域包括ケアシステム:持続可能な地域共生社会をめざして』(共著)など。

助教 池田 登顕 (IKEDA Takaaki)

池田登顕

理学療法士。2007年、神奈川県立保健福祉大学リハビリテーション学科卒業。卒業後、総合病院やクリニック、荒川区役所(障害者福祉課)、仙台青葉学院短期大学リハビリテーション学科などの勤務を経て、2019年4月より現職。専門は、疼痛疫学・医療社会学・医療経済学。

現在の研究テーマは、(1)健康の社会的決定要因に関する研究、(2)医療資源の適正配分、患者の受診動向などに関する社会学的研究。

客員・非常勤教員

客員教授 猿田 克年 (SARUTA Katsutoshi)

元、厚生労働省医政局指導課医師確保等地域医療対策室長。

事務・技術職員

事務補佐員 佐藤 順子

2019年4月~。

歴代教授