令和2年度 山形大学医学部附属病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 738 326 302 669 924 1,207 2,423 3,192 1,344 159
【定義】                                 
①集計期間に一般病棟を退院した患者さんの年齢階級別(10歳刻み)の患者数。
②年齢は、入院日時点とする。
③年齢階級は90歳以上を1つの階級として設定する。

【説明文】
 特定機能病院である当院は、高度の医療を提供する病院として県内の医療提供体制の中心となり、質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しております。
 60歳以上の患者さんの占める割合が約6割となり、症状が比較的重症になりやすい高齢者等の入院が多くなっております。また、がん診療連携拠点病院の指定を受けており、悪性腫瘍の患者さんが多くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器科(第一内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 292 4.71 4.95 0.00% 62.39
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 104 5.97 5.43 1.92% 74.01
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 97 6.34 9.42 1.03% 70.01
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 95 5.67 4.44 0.00% 71.67
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 91 3.45 3.07 0.00% 70.77
【説明文】
 循環器内科(第一内科)では、頻脈性不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術、徐脈に対するペースメーカー植込み術を多数施行しています。続いて多い症例は、閉塞性動脈疾患に対する四肢の血管拡張術・血栓除去術等です。他に循環器では狭心症、慢性虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈ステント留置術や、心臓カテーテル法による検査を行っております。心臓カテーテル検査は狭心症だけでなく、急性心筋梗塞や冠動脈バイパス手術前後の検査でも行われます。これらの入院は平均して数日から1週間程度です。
 また、当科では循環器疾患以外に呼吸器疾患や腎臓疾患、膠原病の診療を行っており、肺癌に対する化学療法の症例は年間100例近く行っております。平均的な入院期間は1週間程度です。他に呼吸器分野では肺炎などの呼吸器感染症、間質性肺疾患、慢性閉塞性肺疾患に対する検査、治療を行い、腎臓疾患(腎炎、腎不全など)に対する薬物、食事療法や透析治療、膠原病疾患に対する検査、薬物治療を行っております。
消化器科(第二内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 93 11.30 9.53 3.23% 72.65
060020xx04xxxx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 82 10.77 8.11 1.22% 72.76
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 38 11.13 6.85 0.00% 69.74
040010xx99x30x 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 37 4.81 8.44 0.00% 52.76
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 36 18.81 10.70 2.78% 73.11
【説明文】
 消化器内科(第二内科)では、胆管結石による急性胆管炎に対して、内視鏡を用いて結石の除去、ドレナージ(胆汁や膿の排出)を行い治療が多く行われています。また、早期消化器癌に対しての内視鏡治療件数も多く、特に大腸癌に対しての内視鏡的粘膜下層剥離術は昨年より増加傾向にあります。腫瘍内科での縦隔、胸膜悪性腫瘍に対する抗がん剤治療症例も増加、肝臓癌や胆管癌などの消化器癌に対する化学療法はガイドラインに基づき、他科と連携の上、先進的な治療を患者さんに提供しています。ご高齢の患者さんに対しても安全性を担保した上で治療を行い、治療後、退院が困難な場合は急性期を脱したのちに近隣病院と連携の上、転院調整を行う場合もあります。その他、膵臓癌の精査として、超音波内視鏡を用いた穿刺吸引細胞診、小腸内視鏡を用いた小腸病変の精査・加療、潰瘍性大腸炎や原発性胆汁性胆管炎といった難病に対しても専門性の高い医療を行っています。
内科(第三内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 37 38.11 38.35 5.41% 47.51
130030xx99x4xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 26 7.23 11.14 0.00% 61.62
130030xx99x5xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 20 18.30 20.27 0.00% 71.05
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし 15 15.93 19.69 6.67% 73.40
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 1あり 15 18.20 14.60 13.33% 61.00
【説明文】
 内科(第三内科)では、血液疾患、神経疾患、糖尿病・内分泌代謝疾患を診療しています。血液疾患の中心は①急性白血病や②③非ホジキンリンパ腫などの血液の悪性腫瘍です。化学療法、骨髄移植、末梢血幹細胞移植などの治療を行っています。貧血や出血傾向をきたす疾患の診断・治療を行っています。神経疾患は④パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、正常圧水頭症、脳梗塞、脳炎など、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気の診断と治療を行っています。稀な難病の遺伝子診断も行っています。糖尿病・内分泌代謝疾患では⑤2型糖尿病や1型糖尿病の教育・合併症検査入院、外科入院中の周術期の血糖管理が多く、次いで、甲状腺、副腎、下垂体、副甲状腺などホルモンの病気の診断・治療を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 106 6.76 6.13 0.00% 0.00
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 29 2.97 4.31 0.00% 10.55
14056xxx99xxxx 先天性水腎症、先天性上部尿路疾患 手術なし 27 1.11 4.43 0.00% 1.89
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 22 8.64 11.19 0.00% 0.00
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 6.25 7.48 0.00% 8.25
【説明文】
 小児科では、周産期に異常を指摘された母体合併症や出生前に先天異常を指摘された新生児の入院症例の割合が最多となっています。同様に先天性心疾患の患者さんも多く、新生児期から経過を長期的にフォローしているため、心臓カテーテル検査入院も多い傾向となっています。また、てんかんや急性脳症などのけいれん重積状態において集中治療を要する症例や、精査のための検査入院なども多くなっております。当院小児科の特色として、山形県内主要病院で受け入れ困難である血液、腫瘍性疾患、新生児疾患、心疾患、神経疾患、内分泌代謝疾患、腎疾患など多岐にわたる難治、稀少の症例をご紹介いただき、特に重症例について、専門性の高い検査や治療を提供しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 73 5.59 7.71 0.00% 79.00
120030xx99x3xx 外陰の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 17 6.24 7.78 0.00% 57.94
080190xxxxxxxx 脱毛症 17 3.41 3.38 0.00% 25.59
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 14 12.29 12.39 0.00% 71.43
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 11 11.73 12.87 0.00% 65.64
【説明文】
 皮膚科で最も多いのは皮膚悪性腫瘍切除術の患者さんで、基底細胞癌、有棘細胞癌、乳房外パジェット病などの疾患が含まれます。これらの疾患は高齢の患者さんに多く、抜糸まで入院される場合も多いです。4番目に多い黒色腫に対する皮膚悪性腫瘍切除術では、他の皮膚の悪性腫瘍に比べて切除範囲が大きくなることが多く、術後の安静の期間が長くなる傾向があり、入院期間が比較的長いです。2番目に多い外陰の悪性腫瘍に対する化学療法は、もともとは多い疾患ではありませんが、化学療法のために入院を繰り返している患者さんがいると患者数が多くなります。脱毛症には、病変の範囲が広く、急速に脱毛が進行する円形脱毛症の患者さんに対して行われるステロイドパルス療法が含まれます。3日間の点滴を行います。また、膿皮症には蜂窩織炎などの皮膚細菌感染症が多く含まれています。安静のうえ抗生剤の点滴を行います。平均12日程度の入院が必要です。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020xx99x2xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 39 5.00 6.15 0.00% 60.05
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり - - 21.47 - -
110080xx9903xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり - - 13.43 - -
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2 2あり - - 20.47 - -
130030xx99x2xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 2あり - - 26.51 - -
【説明文】
 放射線治療科では甲状腺癌へのヨード内用療法以外は外来通院でも治療可能です。全身状態が低下している時等の場合は、入院加療が可能です。放射線治療科の入院は、甲状腺癌に対するヨード内用療法、肺の定位放射線治療(SRT)、前立腺癌に対する放射線治療を主に受け入れております。甲状腺癌の術後症例の再発予防・微小転移巣の治療としてヨード内用療法を行っています。この治療は放射性同位元素を内服投与するため、放射線防護のために専用の入院設備に入院します。根治的放射線治療で多いのは、肺のSRTと前立腺癌の強度変調放射線治療(IMRT)・重粒子線治療です。肺SRTは1週間強の治療で、前立腺癌放射線治療はIMRTで2ヶ月程、重粒子線治療で3週程です。
外科(第一外科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 64 3.20 4.15 0.00% 51.34
060020xx02xxxx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 38 19.82 19.04 2.63% 71.58
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 31 15.42 16.19 0.00% 73.10
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 10.17 9.08 3.45% 74.41
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 28 7.32 4.86 0.00% 73.43
【説明文】
 第一外科では、消化器、乳腺、甲状腺、一般外科を専門としており、特に癌治療に力を入れております。乳癌の化学療法の患者さんが最も多く、進行・再発乳癌に対して積極的に治療を行っております。
 さらに、乳癌手術前後の補助化学療法も行っており、根治切除率・生存率の向上に努めております。
 また、同様に食道・胃・大腸などの消化器癌、肝臓癌、胆道癌、膵癌、甲状腺癌など対象疾患は多岐に及んでいます。各種画像検査で詳細な術式の検討をした上で、根治性の確保と患者さんの負担低減とに努めております。鼠径ヘルニアや胆嚢結石症その他の良性疾患や、虫垂炎や腸閉塞などの急性腹症も対象としており、手術を中心に数多くの疾患の治療を担当しております。
心臓血管外科(第二外科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 115 9.18 10.83 0.87% 71.60
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 35 17.89 11.56 14.29% 77.17
050161xx97x1xx 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 21 29.10 29.23 42.86% 72.14
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 19 3.26 2.79 0.00% 2.74
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 18 5.11 9.42 0.00% 71.50
【説明文】
 第二外科では心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科を担当しています。入院する患者さんで最も多いのは、肺の悪性腫瘍(肺癌)に対する治療(手術)を受ける患者さんで、次に大動脈瘤に対するステントグラフト手術、鼠径ヘルニアに対するヘルニア手術を受ける患者さんとなっております。
 手術以外には、肺悪性腫瘍に対する化学療法や放射線療法、解離性大動脈瘤に対する降圧リハビリ治療などの治療が多くなっています。
 心臓血管外科では狭心症や心筋梗塞などに対する冠動脈バイパス手術や左室形成術、大動脈弁や僧帽弁などの弁膜症に対する弁形成術や弁置換術、胸部や腹部大動脈瘤に対する開胸・開腹の手術、ステントグラフト治療、それらを組み合わせたハイブリッド手術、急性大動脈解離や大動脈瘤破裂に対する緊急手術等、様々な手術があります。
 呼吸器外科では肺癌をはじめとした肺腫瘍、縦隔腫瘍,気胸などに対する幅広い外科治療を行い、小児外科では鼠径ヘルニアから食道閉鎖症や胆道閉鎖症、胃食道逆流症、小児がんなど極めて多岐にわたる疾患に対する治療を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx02x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 40.56 21.17 19.51% 58.56
100260xx9710xx 下垂体機能亢進症 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 19 28.42 17.89 0.00% 61.21
010070xx01x2xx 脳血管障害 脳血管内手術等 手術・処置等2 2あり 18 41.28 19.86 11.11% 71.39
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 10.25 8.18 25.00% 65.50
010030xx01x0xx 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 手術・処置等2 なし 14 34.36 15.33 0.00% 70.36
【説明文】
 脳神経外科では、脳腫瘍の患者さんに対する頭蓋内腫瘍摘出術が最も多くなっております。良性腫瘍、悪性腫瘍とも十分な周術期管理、診療体制のもとで手術を実施しております。とくに下垂体腫瘍については、術中MRIやナビゲーションを用いて安全で効果的な手術と、周術期管理を行っています。
 また、脳神経外科では脳血管内手術(カテーテル治療)を行っております。脳動脈瘤やその他の血管異常、あるいは腫瘍の術前塞栓術など、これまでの開頭術よりもより低侵襲で行うことができるため、症例に応じて治療適応を検討のうえ施行しております。未破裂脳動脈瘤に対しては、開頭でのクリッピング術も行っております。
 外傷性頭蓋内血腫や脳挫傷に対して、手術以外の保存的加療も積極的に行っています。頭蓋内血腫の大きさや症状によって治療やリハビリを行い、脳卒中地域連携パスを運用することによって円滑な脳卒中連携医療を提供しています。交通事故や転落などによる頭部外傷症例は救急搬送例が多く、脳神経外科が診療における大きな割合をしめています。手術を含めた急性期の治療から慢性期の治療やリハビリまで十分な体制のもと経過に応じて行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 50 22.20 21.03 10.00% 65.30
070010xx99xxxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 手術なし 38 3.24 4.97 0.00% 58.39
070010xx010xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 31 5.29 5.39 0.00% 51.19
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 28 25.96 17.59 32.14% 69.50
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 25 21.56 25.09 80.00% 80.24
【説明文】
 整形外科では、股関節や膝関節の人工関節置換術を多く行っています。変形性関節症や関節リウマチなどにより関節が変形し、痛みのために歩行が困難となった患者さんに手術を行っています。下肢の人工関節置換術は術後経過が安定しており、痛みが軽減し、歩行能力が向上することが期待できます。
 当科は集学的な骨軟部悪性腫瘍の治療を行うことができる専門性の高い病院です。また、骨軟部良性腫瘍や脊髄腫瘍に関しましても、当科は高度な医療を提供する病院です。良性腫瘍の場合には、短期入院で診断および治療を行っています。
 各関節の靭帯損傷に対し、関節鏡を使用して小さい傷で行う治療も積極的に行っています。
 その他には、重度多発外傷や、超高齢社会を反映して併存症を多くかかえ、他の病院で治療が困難な外傷患者さんの受け入れも多く行っています。難治性疾患の機能再建も担っています。リハビリテーションなどで入院期間が長くなる場合は、他の病院と連携を取りながら治療を継続しています。
産科婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 134 4.72 4.44 0.00% 64.16
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 107 11.61 11.96 0.00% 61.72
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 78 7.29 6.10 0.00% 43.76
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 69 10.54 9.45 0.00% 34.30
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2 なし 54 3.85 3.11 0.00% 38.19
【説明文】
 産婦人科の入院患者さんで最も多いのは、子宮悪性腫瘍(子宮頸癌、子宮体癌)に対して化学療法を行う方です。外来化学療法を推進していますが、外来では行えない場合に入院で行います。
 2番目に多いのは子宮悪性腫瘍(子宮頸癌、子宮体癌)に対して手術を行うための入院です。子宮頸癌に対しては骨盤リンパ節郭清を含めた広汎子宮全摘術を行い、子宮体癌に対しては術前に画像検査などで適切な術式を検討した上で手術を行っています。
 3番目に多いのは、良性子宮疾患の内視鏡手術のための入院です。腹腔鏡下や子宮鏡下で行うため、開腹手術より体への負担が少ないのが利点です。
 4番目に多いのは、帝王切開術のための入院です。当院ではハイリスク妊娠・分娩が多いため、帝王切開術が多くなっています。
 5番目に多いのは子宮頸部切除術を行う方です。外来の精密検査で診断された子宮頸癌や子宮頸癌の前癌病変(子宮頸部異形成)に対する治療として行います。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 328 3.23 2.76. 0.00% 71.70
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 112 11.29 8.97 0.00% 56.52
020220xx97xxx0 緑内障 その他の手術あり 片眼 100 6.25 5.79 0.00% 67.50
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 57 7.42 6.49 0.00% 66.60
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 51 6.08 4.95 0.00% 73.98
【説明文】
 眼科に入院される患者さんで最も多い疾患は白内障です。白内障は高齢者に多く、手術が根本的な治療法です。先天性疾患や全身合併症に伴う白内障に対する手術も多く行ってます。網膜剥離は失明に至る疾患のため、治療に力を入れてます。難症例に対する手術も多く行ってます。緑内障は日本での失明原因第1位の疾患であり、加齢とともに有病率が上昇するため、早期発見と治療による進行予防を目指しております。手術対象となる黄斑疾患には主に黄斑円孔、黄斑上膜などが挙げられます。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 103 9.27 7.52 0.00% 46.97
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 48 8.52 6.71 0.00% 55.27
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除(頸部外側区域郭清を伴わないもの)等 手術・処置等1 なし 34 13.32 8.50 0.00% 55.76
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 28 8.18 7.20 0.00% 61.75
03001xxx0100xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 26 14.35 13.68 3.85% 70.69
【説明文】
 耳鼻咽喉科で最も多い疾患は、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎です。山形大学では中耳炎に対する鼓室形成術を内視鏡下に行うことで、安全・低侵襲な治療を行っています。耳鼻科医師向けの内視鏡手術講習会も毎年開催しており、これから益々普及していくことが期待される手術手技です。2番目に多い疾患は、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの鼻科疾患です。これらの患者さんにも内視鏡下で手術加療を行い、安全・低侵襲な治療を心掛けています。耳鼻咽喉科では甲状腺腫瘍や甲状腺機能亢進症に対する手術治療も積極的に行っております。近年では甲状腺腫瘍に対する内視鏡手術も開始しており、術後の痛みの軽減や整容面でいい成績が期待できます。声帯ポリープ・舌腫瘍・顎下腺唾石症・耳下腺腫瘍などの頭頸部疾患の手術加療も数多く施行しています。舌・口腔・咽頭・喉頭などの悪性腫瘍に対しても積極的に手術加療を行っています。形成外科や外科と合同で筋皮弁や空腸などを用いた再建術を行い、患者さんの術後の生活の質の向上に大きく寄与しています。また重症の末梢性顔面神経麻痺に対する入院加療にも対応しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 68 3.40 2.54 0.00% 70.62
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 64 10.70 11.03 1.56% 63.42
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2 なし 54 9.13 7.13 1.85% 72.91
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 50 12.70 11.89 0.00% 67.10
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 42 11.31 13.00 4.76% 68.83
【説明文】
 泌尿器科は、癌の患者さんが多く入院されます。2020年には、PSA検診やMRI検査で前立腺に癌が疑われたため針生検目的に検査入院した患者さんが68人と最も多く、前立腺癌のロボット手術をした患者さんが50人と4番目に多く入院されました。また、腎臓癌など腎腫瘍の手術目的に64人の患者さんが2番目に多く入院されており、病状に応じてロボット手術による腎部分切除術(29名)、腹腔鏡下の腎摘出術、開腹による腎摘出術や腎部分切除術などが行われています。また、膀胱癌の患者さんに体に傷をつけない経尿道的手術も多く行われており、3番目に多い入院でした。癌の手術以外では尿路感染症の患者さんも42人と5番目に多く入院加療を行っていました。他にも腎癌、腎盂尿管癌・膀胱癌の患者さんに対しては免疫チェックポイント阻害剤を用いた癌免疫療法を入院にて積極的に行っていたり、腎移植も行っております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 18 9.11 3.07 0.00% 70.67
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 12 4.92 4.76 0.00% 27.92
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 10 5.00 4.06 0.00% 23.30
070590xx97x0xx 血管腫、リンパ管腫 手術あり 手術・処置等2 なし - - 6.99 - -
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 手術・処置等1 なし - - 5.77 - -
【説明文】
 形成外科は全ての年齢層の全身が対象となります。対象として多いものとしては、高齢化社会を背景とした眼瞼下垂症をはじめ、体表の腫瘍および、それよりも深い軟部腫瘍、血管やリンパ管など管腔系の腫瘍や形態異常です。腫瘍は単純に切除を行うのみならず、欠損に応じた再建を組み合わせて、機能障害及び整容の改善を行っております。また、管腔系の腫瘍や形態異常は先天性であることも多く、適切な時期に、適切な手術を行い、成長障害や外観の異常、機能障害を改善するよう配慮しております。瘢痕拘縮とは外傷の不適切な初期治療や、術後の合併症で生じるものです。瘢痕拘縮の予防を啓発しつつも、不幸にして生じてしまった瘢痕拘縮については基本手技を応用した手術治療を提供しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 89 12 16 48 23 46 1 8,7
大腸癌 37 14 27 65 10 63 1 8,7
乳癌 18 56 35 - 20 42 1 8,7
肺癌 123 38 156 222 42 100 1 8,7
肝癌 - 13 14 11 17 92 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】
 ①5大癌について集計期間中に退院した患者さんが対象で初発患者はUICCのTNMから示される病期分類による患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数としています。
 ②患者数は延患者数です。
  《例》一連の治療期間に入退院を繰り返すなどを行った場合は、同一患者に入退院を繰り返した回数分をかけた延患者とします。
 ③UICC分類の病期(Stage)について「国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』」 院内がん登録実務者のためのマニュアル 部位別テキストを参考に5大癌のStageIからⅣに集計しています。

【説明文】
  第二内科・第一外科・腫瘍内科では胃癌、大腸癌、乳癌、肝癌を、第一内科(呼吸器グループ)・第二外科(呼吸器グループ)・腫瘍内科では肺癌を主に診療しており、すべての癌腫において早期癌から進行・再発癌まで、幅広く適切な治療を提供できる先進の医療設備とスタッフが整っています。
  胃癌・大腸癌などの消化器早期癌においては内視鏡治療の体制が充実しており、進行癌においても状況に応じて薬物治療を組み合わせた積極的な手術が行われています。肝臓癌でも手術を含め、局所治療や塞栓治療、薬物療法など、肝臓の予備能に応じて最適な治療法が選択されます。
  肺癌においては手術や術後補助化学療法、放射線化学療法によって、積極的に治癒を目指した治療が行われます。また、StageⅣや再発癌に対しても、近年の分子標的治療やがん免疫治療によって長期生存を目指した治療が積極的に行われています。乳癌においても乳房温存術や内分泌療法、術前・術後治療によって患者さんのQOLの維持、治療成績の向上を目指しています。
  ほぼすべての症例において、各診療科の専門医とともに放射線治療、緩和治療、がん薬物治療の専門医によって治療方針の検討が行われ、その患者さんにとって最適で最新の治療が提供されるようになっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 50 15.84 71.86
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
【定義】
 ①集計期間に退院した患者さんを対象にしています。
 ②市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
 ③入院契機傷病名および最も医療資源を投入した傷病名に対するICD10コードがJ13~J18$で始まるものに限定しています。
 ④重症度分類はA-DROPスコアを用い、軽症~超重症の4段階で表記しています。
 重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類し、重症度の計算には年齢・性別因子を考慮しています。
 1.男性70歳以上、女性75歳以上 2.BUN21mg/dL以上または脱水あり 3.SpO2<=90%(PaO260Torr以下)
 4.意識障害あり 5.収縮期血圧90㎜Hg以下
 ※5点が満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点。
 軽症:0点 の場合。 ・ 中等症:1~2点の場合 。 重症:3点の場合。
 超重症:4~5点の場合。ただし、意識障害(ショック)であれば1点でも超重症とする。
 不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。

【説明文】
 成人市中肺炎は、令和2年度は合計で72人が入院しております。軽症が8人、中等症が50人、重症が9人、超重症が5人となっております。平均在院日数は軽症で13.13日、中等症で15.84日、重症で19.33日、超重症で19.20日となっており、軽症以外は約2週間以上の入院期間となっております。入院患者の平均年齢は軽症は54.75歳ですが、中等症は71.82歳、重症、超重症では80歳前後となっており、重症度が高いほど高齢の患者が多くなっております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 86 27.66 74.23 52.17%
その他 - - - -
【定義】
 ①脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
 ②最も医療資源投入傷病のICD10I63$:脳梗塞である症例を集計しています。
 ③発症日から「3日以内」「その他」に分けて集計しています。
 ④転院率は、集計期間中の退院患者さんの転院先が「他の病院・診療所への転院(転院患者数)」 を分子に、「全退院患者数」を分母として求めています。

【説明文】
 当院では脳神経外科と第3内科(神経内科)において脳梗塞の患者さんを診療しております。とくにI63$(脳梗塞)に分類される患者さんの割合が多く、平均年齢は70歳前後であり、発症日から3日以内の患者さんが約9割を占めます。治療介入とともに早期リハビリテーション介入も積極的に行っており、約3週間程度で回復期病院に転院しています。
 患者さんの転院や在宅・施設での介護については、関連する医療機関・介護福祉施設において患者さん一人一人の身体的・社会的状況に応じて脳卒中地域連携パスを運用し、患者さん個人により即した脳卒中の連携医療体制を提供しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器科(第一内科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 242 1.48 2.71 0.00% 63.85
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 113 1.50 4.66 0.88% 74.37
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 89 3.43 3.44 1.12% 72.71
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 等 64 2.34 5.22 3.13% 57.78
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの 等 46 7.37 7.61 15.22% 66.74
【説明文】
 循環器内科(第一内科)における手術件数は、心房細動などの頻脈性不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術が最も多く、本手術により薬物療法で困難だった不整脈の改善・治癒を期待できます。続いて多く行われているのが、四肢の血管拡張術です。心臓疾患だけでなく上肢下肢などの末梢動脈疾患に対する手術も積極的に対応しております。さらに狭心症や心筋梗塞に対する経皮的冠動脈ステント留置術を多く行っております。狭心症や心筋梗塞は死に至る重篤な疾患ですが、救急受診から手術まで迅速に対応できる体制を整えております。
 他にも経カテーテル的大動脈弁植込み術やペースメーカー・植込み型除細動器などのデバイス治療も行っております。いずれも心臓外科や医療スタッフとハートチームを結成し、緊密な連携を取りながら取り組んでおります。
消化器科(第二内科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術 等 78 3.04 6.74 1.28% 72.65
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 等 45 3.62 15.40 2.22% 71.47
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 43 3.37 7.58 0.00% 69.98
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 39 3.03 15.46 10.26% 67.85
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 等 38 3.92 4.39 0.00% 63.95
【説明文】
 消化器内科(第二内科)では、内視鏡を用いて早期胃癌、大腸癌を根治させる粘膜下層剥離術(ESD)や大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除が多く行われています。抗血栓薬を内服されている出血リスクの高い患者さんに対する内視鏡治療も多くみられますが、平均術後日数は1週間程度であり、安全な治療が行われていることが分かります。また、急性胆管炎など救急医療を要する患者さんには緊急で内視鏡手術を行うこともあります。膵臓や胆管の悪性腫瘍によって黄疸を来した患者さんに対しては、胆管にステントという人工的な管を留置して胆汁の流れを良くする内視鏡治療を行っています。ステント留置後は、近隣病院に療養やリハビリなどを目的として転院される症例も多くみられます。
 腫瘍内科では、抗悪性腫瘍剤を投与するための埋め込み型カテーテル造設を施行しており、外来通院される悪性腫瘍の患者さんに対して安全な化学療法を提供しています。
内科(第三内科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 16 10.94 1.38 0.00% 52.19
K154-3 定位脳腫瘍生検術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3㎝未満) 等 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
【説明文】
 内科(第三内科)では、①造血幹細胞採取;白血病や悪性リンパ腫の治療で造血幹細胞移植に必要なドナーさん及び患者さんご自身の造血幹細胞の採取を行います。②定位脳腫瘍生検術;CT、MRI、脳血流シンチなどの侵襲が少ない検査では原因不明の脳病変の組織診断のため脳神経外科に依頼して定位脳生検術を行います。③気管切開術;ギラン・バレー症候群、急性脳炎など急激に呼吸状態が悪化する疾患の一時的な呼吸管理目的や多系統萎縮症や筋萎縮性側索硬化症などの呼吸障害をきたす疾患で在宅療養のために、耳鼻咽喉科に依頼して気管切開術を行います。④リンパ節摘出術;悪性リンパ腫のリンパ節を手術で摘出して病理学的診断を行い治療に役立てます。⑤胃瘻造設術;筋萎縮性側索硬化症やパーキンソン病で「飲み込みにくい、むせる」など嚥下障害を生じると肺炎や栄養状態悪化を来します。胃から流動食を直接摂取する方法を選択する場合は、消化器内科に依頼して経皮的内視鏡下胃瘻造設術を行います。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 等 105 0.75 6.23 0.95% 77.37
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4c 等 - - - - -
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上 - - - - -
K013-22 全層植皮術(25c㎡以上100c㎡未満) 等 - - - - -
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) 等 - - - - -
【説明文】
 皮膚科で最も多いのは皮膚悪性腫瘍切除術の患者さんで、具体的には基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫、乳房外パジェット病などの皮膚悪性腫瘍が多く含まれます。悪性腫瘍の場合は出来るだけ入院での治療をお勧めしています。これらの疾患は高齢の患者さんに多く、比較的広範囲の切除となり、抜糸まで入院される場合が多くなり、平均年齢が高く、在院日数も長い傾向にあります。2番目、3番目は皮膚、皮下腫瘍摘出術の患者さんで、外来では切除困難な部位や、範囲の大きい皮膚の良性の腫瘍が含まれます。抜糸前に退院できる場合も多く、平均術後日数は比較的短い傾向にあります。4番目、5番目の全層植皮術は、腫瘍切除を行ったあとの皮膚欠損部が縫縮できない場合などに行う植皮術が含まれます。範囲が大きいほど術後の安静期間も長くなる傾向があり、入院期間が長くなります。
外科(第一外科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 37 2.14 4.03 0.00% 62.03
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 30 4.60 10.40 0.00% 73.87
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍) 等 26 3.35 14.58 0.00% 70.73
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 等 25 2.56 3.84 0.00% 73.60
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴 等 19 1.74 4.68 0.00% 64.05
【説明文】
 第一外科では、消化器、乳腺、甲状腺、一般外科を専門としており、特に癌の手術に力を入れております。肝胆膵臓領域においては肝胆膵外科高度技能施設Aを取得しており、多数の高難度手術を行うだけでなく術前化学療法を含めた集学的治療にて難治性の膵癌、胆道・肝臓癌の克服を目指しております。食道癌においては、食道外科専門医のもと最先端の胸腔鏡・腹腔鏡手術と術前術後化学療法による集学的治療を行っています。大腸癌や胃癌においては腹腔鏡手術を積極的に行っているほか、2020年度よりロボット支援下手術を導入しました。癌の根治性を維持しつつ、より一層の患者さんの負担軽減に努めております。乳癌では乳房部分切除術も多く行っており、術前および術後の化学療法を十分に行うことにより、治癒率と乳房温存率の向上、再発リスクの低下を図っています。
 また、高度医療を提供する大学病院としてのニーズのほかにも、胆嚢結石症や鼠径ヘルニアなど良性疾患についても数多くの手術を行い、地域患者さんの幅広いニーズにあわせた治療に努めています。
心臓血管外科(第二外科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える 等 43 3.60 5.21 0.00% 73.21
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 等 37 3.24 4.68 0.00% 70.86
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 等 27 5.37 12.26 18.52% 77.41
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 等 24 1.21 1.00 0.00% 3.33
K5612イ ステントグラフト内挿術 1以外の場合 胸部大動脈 等 20 5.40 12.95 30.00% 72.25
【説明文】
 第二外科では心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科を担当しているため手術は多岐にわたっています。最も多く行っているのは肺癌に対する胸腔鏡下手術で、これらは従来の開胸を必要としないため、体への負担が軽く術後4日前後での退院が可能です。
 心臓血管外科では、腹部と胸部の大動脈瘤に対するステントグラフト治療が多く、他に弁膜症に対する手術、虚血性心疾患に対する手術、腹部以下の末梢血管に対する手術を含めて270件前後の手術を行っています。
 呼吸器外科では、肺癌に対する手術が120件前後あり、胸腔鏡手術や早期肺癌に対する縮小手術である区域切除術の割合が増えております。また、その他の腫瘍に対する手術とあわせて250件前後の手術を行っています。
 小児外科では、開腹手術と症例に応じて腹腔鏡手術も多く行い、新生児期の手術、乳児期の手術を含め140件前後の手術を行っています。
 第二外科全体では年間合計600件以上の手術を行っております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 等 65 9.09 42.77 21.54% 58.91
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) 22 10.82 16.18 0.00% 62.09
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 14 11.86 22.21 7.14% 73.86
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 13 10.23 25.38 15.38% 67.77
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 13 1.00 14.38 7.69% 69.31
【説明文】
 脳神経外科では、脳腫瘍の患者さんに対する頭蓋内腫瘍摘出術が最も多くなっております。良性腫瘍、悪性腫瘍とも十分な周術期管理、診療体制のもとで手術を実施しております。下垂体腫瘍に対しては、術中MRIやナビゲーションを用いて低侵襲・安全で効果的な手術を行っております。
 脳梗塞の一部では、頚部内頚動脈の狭窄や閉塞による病態があり、治療として動脈血栓内膜摘出術を行っています。また、未破裂脳動脈瘤も近年脳ドックの普及や検査機会の増加によって指摘される症例が増えてきており、破裂予防のための開頭クリッピング術も行っております。どちらも高度な手術技術が必要であり、さまざまな電気生理学的モニタリングや術中蛍光造影などを用いて安全に行っています。
 慢性硬膜下血腫は高齢化の影響もあり、増えている疾患です。再発に留意が必要な疾患であり、手術では再発予防のための工夫を行い、周術期管理や外来経過観察にも注意して診療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 等 92 4.22 21.45 11.96% 68.11
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 28 2.89 17.96 57.14% 74.64
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方 等 24 8.83 26.83 58.33% 58.17
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 23 1.39 3.17 0.00% 52.74
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単なもの) 等 18 1.83 23.44 27.78% 68.67
【説明文】
 整形外科では、変形性股関節症や関節リウマチによる股関節障害に対する人工関節置換術の手術が最も多くなっています。
 高齢であったり、重度の併存症を抱えた患者さんに生じた下肢の骨折で、集学的な治療が必要な患者さんも積極的に受け入れています。
 側弯症や脊椎外傷に対しても積極的に手術を行っており、長期のリハビリテーションが必要な場合は、他の病院と連携を取りながら治療を継続しています。
また、四肢 (手足)や躯幹 (胸腹部や背部)に発生した腫瘍性病変の治療も多く、悪性腫瘍に対して高度な医療を提供する施設となっています。良性腫瘍であれば短期入院での治療が可能です。
肩を挙上させる腱の断裂に対しては、関節鏡を使用し、小さな傷で手術を行っています。
産科婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 82 3.27 8.59 0.00% 60.93
K8981 帝王切開術(緊急切開) 等 62 3.44 7.52 0.00% 33.39
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 59 2.32 4.53 0.00% 48.56
K867 子宮頸部(腟部)切除術 54 1.74 1.11 0.00% 38.19
K8982 帝王切開術(選択切開) 等 52 4.15 7.33 0.00% 34.81
【説明文】
 産婦人科で最も多い手術は、 子宮悪性腫瘍手術です。子宮悪性腫瘍には子宮頸癌と子宮体癌があり、近年子宮体癌の患者さんが増加しています。術前に画像検査などで適切な術式を検討した上で手術を行います。
 2番目に多いのは、緊急帝王切開術です。母体・胎児の状態により経腟分娩が難しい場合に、緊急で帝王切開を行います。当院ではハイリスク妊娠・分娩を扱っているため、緊急帝王切開が多くなっています。
 3番目に多いのは、子宮筋腫や子宮腺筋症に対して内視鏡で子宮全摘を行う手術です。腹腔鏡手術は、開腹手術より体への負担が少ないのが利点です。
 4番目に多いのは、子宮頸部切除術等です。外来の精密検査(コルポスコープ検査)で診断された子宮頸癌や子宮頸癌の前癌病変(子宮頸部異形成)に対して行われます。
 5番目に多いのは、予定の帝王切開術です。子宮筋腫核出術後の妊娠や帝王切開術後の妊娠では、計画的に帝王切開術を行います。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 等 381 1.04 1.64 0.26% 71.94
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 等 221 1.20 7.13 0.00% 63.53
K2682 緑内障手術 流出路再建術 等 77 1.01 3.27 0.00% 66.22
K281 増殖性硝子体網膜症手術 64 1.56 6.03 1.56% 51.73
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 等 36 0.86 6.42 0.00% 70.03
【説明文】
 眼科で最も多い手術は水晶体再建術で、白内障に対する治療です。高齢の方が多い疾患ですが、先天白内障や全身合併症のある患者さんに対する手術も多く行っています。
 2番目と5番目に多い硝子体茎顕微鏡下離断術は、網膜剥離、黄斑円孔、網膜上膜、硝子体出血などに対して行う手術です。同時に白内障手術を行うこともあります。
 3番目に多い緑内障手術(流出路再建術等)は眼圧を下げる目的の手術であり、点眼薬では十分な治療効果が得られない場合に適応となります。
 4番目に多い増殖性硝子体網膜症手術は、増殖膜を認める進行した網膜剥離や増殖糖尿病網膜症など難治性の網膜硝子体疾患に対して行っています。山形大学では術中光干渉断層計などを用いて精度の高い治療を行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3192 鼓室形成手術(耳小骨再建術) 等 67 2.06 6.52 0.00% 50.15
K3191 鼓室形成手術(耳小骨温存術) 等 51 2.20 6.02 0.00% 40.63
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術) 36 2.28 5.94 2.78% 56.89
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 等 17 2.18 7.00 0.00% 17.82
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔 15 2.13 5.73 0.00% 61.53
【説明文】
 耳鼻咽喉科で最も多い手術は、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術です。一般的には、鼓室形成術は耳の後に切開を入れ、骨を削って手術を行いますが、山形大学では耳内から内視鏡を用いて、より安全で、より低侵襲な手術を行っています。耳の内視鏡手術を希望される県外からの紹介患者さんも多いです。鼓膜穿孔を閉鎖する鼓膜形成術も同様に内視鏡を用いて行っています。内視鏡下鼻副鼻腔手術は、慢性副鼻腔炎に対する手術治療です。山形大学ではナビゲーションシステムを用いているため精度の高い、より安全な手術加療を行っています。Ⅳ型は最も重症な副鼻腔炎に対する手術ですが、その他のⅠ型からⅢ型までの軽症な副鼻腔炎の手術件数もあわせると、年間100人以上の症例の手術を行っています。口蓋扁桃摘出術は習慣性扁桃炎や扁桃病巣感染症、睡眠時無呼吸症候群に対する治療法の一つです。数年前から睡眠時無呼吸症候群の専門外来を立ち上げ、口蓋扁桃摘出術に加え、軟口蓋形成術という手術も開始しており、睡眠時無呼吸症候群の治療法の幅が広がっております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 等 66 3.05 6.92 1.52% 72.65
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を 等 50 3.02 8.68 0.00% 67.10
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 36 3.75 7.28 2.78% 70.64
K773-5 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用い 等 29 2.93 6.38 0.00% 61.31
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 17 2.88 8.59 0.00% 64.18
【説明文】
 泌尿器科では、悪性腫瘍に対する手術が大半を占めます。当院では、腹腔鏡手術支援ロボットであるダヴィンチを導入しており、2020年にはロボット支援下前立腺全摘術が50件(2番目)、腎臓癌に対するロボット支援下腎部分切除術が29件(4番目)行われ、患者さんにより低侵襲な手術を提供しております。腎臓癌の手術は、他にも腹腔鏡下腎摘除術、開放手術での腎部分切除術や腎全摘除術も行っており、手術侵襲の少ない腹腔鏡下の手術が3番目で36件、開放手術が17件で5番目となっておりますが、腎盂尿管癌に対する腎尿管全摘除術の件数も含まれております。2020年に最も手術件数の多かった経尿道的膀胱腫瘍切除術は、傷をつけることなく尿道からカメラを挿入して腫瘍を切除する手術です。局所で進行した膀胱癌に対しては従来の開放手術に加えて2021年7月からは保険診療でロボット支援下での膀胱全摘除術も開始しております。腎移植術も年間10例前後行っております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 等 16 1.56 6.75 0.00% 69.81
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 11 7.27 43.91 9.09% 73.64
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 等 - - - - -
K0053 皮膚腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上) 等 - - - - -
K288 副耳(介)切除術 - - - - -
【説明文】
 形成外科は全ての年齢層の全身が対象となります。手術件数として多いものは、主に加齢に伴って出現する腱膜性眼瞼下垂の眼瞼挙筋前転術や、体表の皮膚腫瘍ないし皮下腫瘍、副耳など先天性の組織遺残です。顔面や前腕など露出部においては、できるだけ小さい切開で、目立つ瘢痕にならないよう知識と技術を駆使して治療にあたります。術後も瘢痕のアフターケアをつづけ、より目立たない瘢痕となる様な配慮も行っています。閉塞性動脈疾患による下肢の壊疽は長寿社会で現在増加中であり、第一内科に依頼し血管拡張術を行っていただいています。血流改善後にデブリードマンや足趾切断治療を行い、患者さんの早期社会復帰を目指しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 11 0.10%
180010 敗血症 同一 14 0.12%
異なる 11 0.10%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 48 0.43%
異なる - -
【定義】
 ①DPCには、14桁あるDPCコードのうち6桁で集計しています。
 ②医療資源を最も投入した傷病名が播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について入院契機傷病名の同一性の有無を区別し症例数をカウントしています。同一性の有無とは、上記の4つの各医療資源投入傷病の症例について、入院契機傷病名ICD10コードが医療資源投入傷病名ICD 10コードに対応している場合は「同一」とし、同一性の有無を区別した各症例数の全退院患者数に対する発症率を示しています。

【説明文】
 播種性血管内凝固症候群(以下、DIC)を発症した患者は、悪性腫瘍や不明熱などにより予定外入院し、その時点でDICを発症していた患者もいますが、集学的治療にもかかわらず状態が悪化してDICを発症した患者もいます。集学的治療の必要な病態を多く担当する施設ほど、入院契機が異なる症例が増加する傾向にあり、当院でもその傾向がみられます。
敗血症についても同様であり、市中感染症による敗血症状態で入院する患者もいますが、悪性腫瘍や外傷などで予定外入院し集学的治療にもかかわらず状態が悪化し敗血症に至る患者もいます。
その他の真菌感染症は、高齢者や悪性腫瘍に伴う免疫不全患者に多く発生する傾向があり、また入院の時点で真菌感染症という状態の患者は一般的にさほど多くありません。むしろ、原疾患の集学的治療にもかかわらず状態が悪化し真菌感染症を発症する患者が多くなっています。
手術・処置等の合併症に関しては、大多数が入院契機と同一であり、過去に受けた手術の合併症による入院と考えられます。その発生率(0.43%)は昨年(0.34%)より上昇していますが、一昨年(0.47%)と同等です。また、入院契機と異なるものが少数ながら存在し、これは今回入院中に受けた手術・処置等に対する合併症が発生した症例ですが、年間手術件数(約5,000件)の約0.1%と低率にとどまり、かつここ数年大きな変動はありません。
更新履歴
2021/9/27
2020/9/28
2019/9/25
2018/10/9
2018/9/28
2017/9/29
2016/9/30