プログラム

「第20回 日本高精度放射線外部照射研究会」プログラムをダウンロード(PDF)

口演会場  2階 桜

8:55-9:00 開会の辞 当番世話人 根本建二

9:00-10:35 シンポジウム1 : Volume Delineationの標準化を目指して

座長:西村恭昌(近畿大学)、石倉聡(国立がんセンターがん対策情報センター)

S1-1
下咽頭癌放射線治療におけるTarget Volume Determinationと Delineation
塩山善之(九州大学)
S1-2
ターゲットを知る 喉頭癌
古平毅(愛知県がんセンター)
S1-3
食道癌の3次元放射線治療計画 -臨床試験における照射野標準化の試み
馬屋原博(国立がんセンター中央)
S1-4
ターゲットの標準化を目指して -肺癌-
木村智樹(広島大学)
S1-5
子宮頸癌におけるターゲットの標準化を目指して:CTV コンツーリングのコンセンサスマニュアル作成
戸板孝文(琉球大学)

10:40-11:20 口演1 : IGRT

座長:成田雄一郎(青森県立中央)

O1-1
膀胱癌の治療計画におけるCBCTの利用
牛島弘毅(群馬県立がんセンター)
O1-2
Deformable Image Registration を用いた四次元線量分布評価システムの開発
松木清倫(京都大学)
O1-3
三菱重工製IGRTシステム”MHI-TM2000”を用いた前立腺癌に対する放射線治療
高山賢二(京都大学)
O1-4
体内基準マーカーを使用しない腫瘍追跡システムの開発
照沼利之(筑波大学)
O1-5
患者体内中における原子核破砕反応を利用した画像誘導陽子線治療法
西尾禎治(国立がんセンター東)

11:20-12:00 教育講演1

座長:唐澤久美子(順天堂大学)

超小型陽子線治療装置の現状と将来

後藤紳一 (株式会社千代田テクノル)

12:10-13:00 ランチョンセミナー

座長: 唐澤克之(都立駒込)

<共催:株式会社バリアン メディカル システムズ>

Clinical Application of RapidArc™: Experience at The University of Alabama at Birmingham

Dr. Richard Popple (University of Alabama)

13:05-13:45 特別講演

座長:城倉英史(古川星陵)

<共催:エレクタ株式会社>

Investigations and Developments in Support of Fractionated Radiation Therapy on the Perfexion Radiation Treatment Unit.

Dr. David Jaffrey (Ontario Cancer Institute/ Princess Margaret Hospital)

13:45-14:45 シンポジウム2 : 標的体積の標準化に向けて‐病理・画像対比を中心に‐

座長:高井良尋(東北大学)、森谷卓也(川崎医科大学)

S2-1
乳房温存手術の断端診断からみた放射線照射の役割
堀井理絵(癌研有明病理部)
S2-2
肺癌の病理と画像診断
 
三浦弘之(東京医科大学八王子医療センター胸部外科)
S2-3
前立腺画像と病理
鷹橋浩幸(慈恵医科大学病理学)

14:50-15:30 口演2 : IMRT、サイバーナイフ

座長:溝脇尚志(京都大学)

O2-1ト
モセラピーによる頭頸部扁平上皮癌に対する強度変調放射線治療後の再発形式についての検討
古谷和久(愛知県がんセンター中央)
O2-2
局所進行前立腺癌に対するSIB法を用いた前立腺局所と骨盤リンパ節領域へのIMRTの初期治療成績
則久佳毅(京都大学)
O2-3
C期前立腺癌に対する強度変調放射線治療による高線量局所照射の中期成績
溝脇尚志(京都大学)
O2-4
頚髄、頚椎病変に対するサイバーナイフ治療
佐藤健吾(横浜サイバーナイフセンター)
O2-5
CyberKnife Spine trackingにおける脊椎の変形に対する認識精度評価法の開発
井上光広(横浜サイバーナイフセンター)

15:30-16:00 教育講演2

座長:三津谷正俊(東北大学)

順天堂大学でIMRTを実施するにあたり特に配慮した点

小澤修一(順天堂大学)

16:00-17:50 シンポジウム3 : 4次元放射線治療計画の現状と将来展望

座長:穴井重男(九州大学別府先進医療センター)、石川正純(北海道大学)

S3-1
呼吸同期CTを用いた肺の体幹部定位放射線治療の現状
清野守央(弘前大学)
S3-2
動体追跡照射の現状と呼吸同期CTの利用に向けて
堀田賢治(北海道大学)
S3-3
京都大学における四次元放射線治療の現状と将来展望
中村光宏(京都大学)
S3-4
CMS Focal4Dと現状と今後
香坂浩之(CMSジャパン)
S3-5
4D治療計画装置の開発コンセプト及び基礎技術(第1報)
諭 栄(日立メディコ)
S3-6
Varian Medical Systemsの提供するEclipseにおけるソリューション
金子勝太郎(バリアンメディカルシステムズ)

17:50-17:55  閉会の辞 当番世話人 根本建二

17:55-18:00  第21回当番世話人挨拶 大屋夏生

展示会場  3 階 白橿

10:40-11:22 展示1 : ターゲット

座長:永田 靖(広島大学)

P1-1
頭蓋内定位放射線治療計画におけるMRI造影剤(Gadoteridol)単量投与と倍量投与の比較検討
山野貴史(埼玉医科大学)
P1-2
GBMに対するTarget delineation: Gd造影領域およびT2高信号域とメチオニンPET異常域の比較
松尾政之(木沢記念)
P1-3
頭頸部癌に対するPET-CTシミュレーションを用いた放射線治療
立花和泉(近畿大学)
P1-4
前立腺PTVマージンにおけるCTVの3次元角度変位の影響
鈴木淳司(北腎会 脳神経・放射線科クリニック)
P1-5
局所進行子宮頸癌の骨盤内リンパ節転移分布:治療前CT/MRIによる検討
粕谷吾朗(沖縄南部徳洲会)
P1-6
子宮頸癌の骨盤リンパ節領域CTV contouring(案)
戸板孝文(琉球大学)
P1-7
ERGO++を用いたVMAT治療計画における線量分布の改善手法
堤真一(大阪市立大学)

11:22-11:58 展示2 : 定位

座長:濱本 泰(四国がんセンター)

P2-1
肺定位放射線治療を施行した原発性肺癌の治療成績
高橋昌太郎(山口大学)
P2-2
Early graphical appearance of radiation pneumonitis correlates with the severity of radiation pneumonitis after SBRT in patients with lung tumors
Atsuya Takeda(Ofuna Chuo)
P2-3
定位照射を行った原発性肺癌における照射前FDG集積程度と再発形式
濱本泰(四国がんセンター)
P2-4
肝細胞癌に対する定位放射線治療の経験
前畠良康(山梨大学)
P2-5
HCCに対する体幹部定位放射線治療(SBRT)後MRI像にて再発が疑われた1例
小池直義(大船中央)
P2-6
限局型尿管癌に対する定位放射線治療の経験
輿石強太(山梨大学)

13:50-14:20 展示3 : 位置照合

座長:舘岡邦彦(札幌医科大学)

P3-1
肺定位放射線治療に対する位置照合評価
藤本隆広(京都大学)
P3-2
前立腺癌外部照射における膀胱に対する前処置方法に関する検討
加藤貴弘(南東北がん陽子線治療センター)
P3-3
前立腺IMRTにおける位置照合用CTの被爆低減に向けての試み
左近聡(石切生喜)
P3-4
前処置として膀胱、腸管内容量調整を行った前立腺IMRT症例における治療間前立腺移動量の検討
河合信太朗(広島大学)
P3-5
2軸回転補正治療寝台の開発
舘岡邦彦(札幌医科大学)

14:20-14:56 展示4 : 物理

座長:峯村俊行(国立がんセンターがん対策情報センター)

P4-1
放射線治療用直線加速器の辺縁線量解析-焦点外X線量の導入-
穴井重男(九州大学別府先進医療センター)
P4-2
3次元水ファントム データ収集におけるケーブル効果の検証
黒河千恵(順天堂大学)
P4-3
肺定位放射線治療計画における不均質補正法の影響に関する評価M
楢林正流(京都大学)
P4-4
コンペンセータ使用IMRTの検証作業におけるModulation QA toolの有用性の検討
小林浩之(東京医科大学)
P4-5
VMAT照射中の線量率変化がビーム特性に与える影響について
中田良成(大阪市立大学)
P4-6
電子線治療における高磁場を利用した患者体内中線量分布制御法
西尾禎治(国立がんセンター東)

14:56-15:26 展示5 : 呼吸同期

座長:佐野尚樹(山梨大学)

P5-1
視覚コーチングを用いた呼気息止め下における膵癌の位置再現性の評価
中村光宏(京都大学)
P5-2
視覚的フィードバックを用いた呼吸停止下照射法の息止め再現性の検証
吉武忠正(九州大学)
P5-3
異なる4DCTシステムで撮像した場合の各位相画像におけるTarget位置の比較
大谷侑輝(埼玉医科大学)
P5-4
腹壁マーカを用いた呼吸同期照射時の標的変位量が最少となる位相範囲の検出について
樋口雅則(群馬県立がんセンター)
P5-5
新型呼吸モニタリング装置Abchesによる息止め精度に関する視覚法と聴覚法の比較検討
佐野尚樹(山梨大学)

懇親会

18:30-19:50  懇親会

仙台エクセルホテル東急 3階ボールルーム



「第20回 日本高精度放射線外部照射研究会」プログラムをダウンロード(PDF)

▲ページの先頭へ