所有機器一覧
15.Laerdal 新生児気道管理トレーナー
Laerdal モデル KR−8
〈特 徴〉
エアウェイマネジメントの基本から応用まで幅広く対応しています。新生児の解剖学的構造、それによる気道管理の困難性が再現されたモデルです。

頭部後屈、下顎拳上の有無により、気道の開放・閉塞が再現されます。
アンビューバッグによる換気で肺の膨張のほか、気管内チューブの片肺挿管、過剰な空気圧による胃膨満が再現されます。
新生児への輪状軟骨圧迫(セリック法)がリアルにトレーニングできます。
MSLで準備されている気道管理用物品(アンビューバッグ・喉頭鏡・気管内チューブ)での練習が可能です。





スキルラボトップへ 機器インデックスへ 前の機器へ 次の機器へ