所有機器一覧
4.気管挿管訓練モデル
コーケン(Koken) LM-059
〈特 長〉

特製のシリコーンゴムを使用し、生体と同様の外観と感触が実現されています。
気管挿管チューブをはじめラリンゲルマスク、EGTA、コンビチューブ、経鼻エアウェイなどの様々な器具を用いた実習が行えます。
喉頭鏡による喉頭展開、鉗子による気道内異物除去の実習にも適し、気管内吸引も行えます。
聴診器を用いて肺左右の送気音が確認できます。
喉頭鏡によって前歯に過剰な力が加わると警告音が鳴り続けます。
食道内に送気された場合は胃膨満が確認でき、食道に挿管された場合には、食道挿管判定器具(エアウェイチェッカー)が再膨張しないことが再現できます。
気管挿管実習に必要な器具はスキルアップラボラトリー内に準備されているため、すぐに実習が可能です。         


スキルラボトップへ 機器インデックスへ 前の機器へ 次の機器へ