Yamagata university faculty of medicine. Medical skill up laboratory.
お問合せ山形大学医学部サイト
ホーム
概要
利用案内
所有機器一覧
管理規程
管理規程
使用細則
学生使用に係る申合せ
使用に際して
施設の位置
レイアウト図
使用申込書
インストラクター紹介
講習会情報
資料
スタッフ紹介
先端の医療研修機器を導入した、国内最大規模の医療技術研修施設
概 要
大勢のトレーニングに均一な学習機会を提供します
 メディカルスキルアップラボラトリーとは,医療用シミュレーターを用いた疑似臨床実習を行う施設で,平成18年度特別教育研究経費「6年一貫教育のclinical clerkship充実のための集学的・総合的教育システム」により整備されたACLS(心肺蘇生)トレーニングシミュレーター,乳幼児医療シミュレーターを始め,超音波診断トレーニングシミュレーター,気管支・消化管内視鏡シミュレーター,触覚機能付き内視鏡外科手術トレーニングシミュレーターなど世界最高水準のシミュレーターを揃えています。個々のシミュレーターは,日本の数ヵ所の国立大学に既に導入されているものもありますが,これだけ高性能のシミュレーター全てを有するのは,山形大学のメディカルスキルアップラボラトリーを置いてほかにはありません。

 これらのシミュレーターには,大学病院の関係する診療科にご協力いただき,それぞれに専門家のインストラクターを配置しています。医学部学生はもちろん専門医をめざす医師まで,それぞれのニーズに対応したトレーニング環境を提供します。シミュレーター教育は,大勢のトレーニングに均一な学習機会を提供し,繰り返し実習することで必要な手技の習熟を可能にします。

 現在の医学教育に於いて臨床実習は極めて重要であり,医療チームの一員として診療に参加し,医療に必要な態度や技能を自ら習得するためにクリニカルクラークシップが積極的に導入されています。「患者が,最高の先生」であるわけです。しかしながら,ベッドサイドでの教育は,患者さんにある程度の犠牲をお願いせざるを得ないのも事実です。昨今の医学教育・臨床実習も含めた医療に対する社会の目は厳しく,患者さんに接する前に,どれだけしっかりとした準備教育がなされているかが問われる時代となっています。

シミュレーター教育は,実際の患者さんに接する前の診療技術を向上させ,クリニカルクラークシップに於ける患者さんの安全の確保と臨床実習への理解・協力を得るためにも有効です。先頃まとめられた文部科学省の「医学教育の改善・充実に関する調査研究者会議の最終報告」でも,臨床参加型実習を進める上で,シミュレーター教育の重要性が強調されています。このメディカルスキルアップラボラトリーは,嘉山孝正前医学部長のご努力により開設されたものですが,このことにより山形大学の医学教育がまた一歩,他をリードしたことになります。
ページの先頭へ戻る
Copyright (c) Yamagata University Faculty of Medicine.