山形大学医学部総合医学教育センター(GENERAL MEDICAL EDUCATION CENTER)
医師不足対策として、新たな視点から取り組む「リフレッシュ医学教育事業」
リフレッシュ医学教育 看護師リフレッシュ研修 スキルアップラボラトリー 活動報告 当センターについて

規程

山形大学医学部総合医学教育センター規程 (平成19年2月20日制定)
(設置)
第1条 山形大学医学部に,山形大学医学部総合医学教育センター(以下「センターという」)を置く。

(設置目的)
第2条 センターは,山形県等の地方自治体及び関係機関との密接な連携により,地域の医師の教育ニーズに呼応した生涯教育支援及び医師等のリフレッシュ(再教育)に対する支援を行うことで,医師の定着を図り,医師の偏在解消も含めた地域の医療環境の充実,医療レベルの向上,地域住民の健康増進を通して地域社会の活性化を目指すものとする。

(職員)
第3条 センターに,次の職員を置く。
 (1) センター長
 (2) 副センター長
 (3) 部門長
 (4) 教員
 (5) その他の職員
2 センター長は,学部長が指名する者をもって充てる。
3 副センター長は,センター長が指名する。
4 部門長は,センター長が指名する。

(職務)
第4条 センター長は,センターの業務を統括する。
2 副センター長は,センター長の業務を補佐する。
3 部門長は,センター長を補佐し,担当部門の業務を処理する。
4 教員及びその他の職員は,上司の命を受け,センターの業務を処理する。

(業務)
第5条 センターは,次に掲げる業務を行う。
 (1) 医師等のリフレッシュ(再教育)推進事業に関すること。
 (2) 生涯教育についてのニーズ調査に関すること。
 (3) 学習ニーズを踏まえた生涯教育カリキュラムの作成に関すること。
 (4) ITネットワークによる医療支援に関すること。
 (5) 地域医療の実態調査に関すること。
 (6) 地域医療の支援のための科学的データ解析に関すること。
 (7) 広報誌,生涯教育セミナー等による生涯教育についての情報提供に関すること。
 (8) 地域病院医師及び医療従事者との情報交換の円滑化に関すること。
 (9) その他地域における医学教育支援に関すること。

(部門)
第6条 センターに,センターの業務を分掌させるため,次の部門を置く。
(1) リフレッシュ事業部門
地域医療に従事する医師等のニーズに呼応した多様な教育研修コースを提供するとともに,相談室やドクターバンクの設置・運営を行い退職医師及び臨床へ復帰する研究者等を支援する等の業務を所掌する。
(2) 生涯教育部門
地域医療機関に勤務する医師の教育ニーズを調査し,ニーズに呼応した生涯教育プログラムを策定するとともに,所属外での研修体制を支援する等の業務を所掌する。
(3) 遠隔医療部門
全国の地域医療機関との間にITネットワークを構築し、遠隔医療による医療援助を行う等の業務を所掌する。
(4) 企画・広報部門
広報誌の発行,インターネットを介した情報提供,生涯教育セミナーの開催等を通しての生涯教育に関する情報を提供し,地域病院医師及び医療従事者等との情報交換の円滑化のための企画を行う等の業務を所掌する。
2 前項の各部門に,部門長を置く。
3 各部門の構成員は,センター長が指名する。

(運営委員会)
第7条 センターに,センターの円滑な運営を図るため,山形大学医学部総合医学教育センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。
2 運営委員会に関する事項は,別に定める。

(事務)
第8条 センターに関する事務は,センター及び総務・学務ユニットにおいて処理する。

(その他)
第9条 この規程に定めるもののほか,センターに関し必要な事項は,学部長が別に定めることができる。

 附 則
 この規程は,平成19年2月20日から施行し,平成19年2月1日から適用する。
ページの先頭に戻る
  当センターについて
当センターのご案内
センター設立の経緯
 └ センター設立の経緯
 └ 現代GP
  └ 事業内容
  └ 広報誌バックナンバー
  └ 講演会バックナンバー
  └ 事業報告
規 程
リフレッシュ医学教育
看護師リフレッシュ研修
スキルアップラボラトリー
講演会・広報誌
  お問合せ・連絡先
山形大学医学部
〒990-9585
山形市飯田西2-2-2
TEL023-633-1122(代)
FAX023-628-5019

総合医学教育センター
TEL/FAX023-628-5958(直)
メール問合せ:
Copyright (c) Yamagata University Faculty of Medicine.
ホーム お問合せ リンク