山形大学医学部
英語版(English) お問い合せ サイトマップ ナイト内検索
ホームへ戻る トピックス・各関係者用情報 山大学医学部附属病院 山形大学
医学部長の挨拶
医学科
看護学科
大学院
組織
各種情報
附属施設
入学案内
採用情報
概要(PDF)
規程集
メディカルサイエンス推進研究所
卒後臨床研修センター
総合医学教育センター
高度医療人研修センター
医学部がんセンター
東北がんEBM
東北がんプロフェッショナル養成プラン
倫理委員会
重症児の在宅支援を担う医師等養成推進事業
トピックス information
ホーム > トピックス
 
山形大でスチューデントドクターの認定証授与式を開催
 
 

   
  スチューデントドクターの認定証を授与する山下英俊医学部長
 
     
     
 

 山形大学医学部は、9月30日(月)、第12回スチューデントドクター認定証授与式を開催し、同日から始まる実習に臨む医学科の学生130名にスチューデントドクターの称号を授与しました。

 スチューデントドクター制度とは、全国の医学部共通の知識・技能試験に合格した学生にスチューデントドクターの称号を付与し、指導医の下であれば安全に医行為を行いうる能力を有している学生が病院での実習を行う制度で、平成21年1月に当時の山形大学医学部長(嘉山孝正 現・医学部参与)が全国に先駆けて創設。導入から11年目を迎える本制度は、医学教育のモデルケースとして認められ、平成27年度からは全国80の国公私立医学系大学で構成される全国医学部長病院長会議(会長:山下英俊医学部長)において、全国の医学部共通の制度として採用されています。本制度は、全国医学部長病院長会議と本学が地域の皆様に実習を行っている医学生の能力を証明するものであると同時に、安全な臨床実習を行うための指導体制の整備や教員の指導力向上にも寄与しています。

 授与式では、嘉山孝正医学部参与、山下英俊医学部長、根本建二病院長、斉藤律子看護部長から学生に対し助言や激励の言葉が送られました。代表して認定証を受け取った村祐斗さんは「臨床の現場で経験を積み、患者に寄り添える医師になる」と意気込みを語っていました。

     
   
  あいさつする嘉山孝正医学部参与 授与式後に成績優秀者の表彰が行われた  
       
 掲載内容と閲覧について
new! /新着・更新情報
/pdfファイル
/学内限定

pdfファイルを閲覧するためにはAdobeが無償で配布しているAdobe(R)Reader(TM)が必要です。最新バージョンでの閲覧を推奨しています。
get adobe reader
 お問い合わせ先
山形大学医学部
〒990-9585 山形市飯田西2-2-2
TEL.023-633-1122
e-mail isosyomu@jm.kj.yamagata-u.ac.jp
Copyright (c) 1995- Yamagata University Faculty of Medicine.