山形大学医学部
英語版(English) お問い合せ サイトマップ ナイト内検索
ホームへ戻る トピックス・各関係者用情報 山大学医学部附属病院 山形大学
医学部長の挨拶
医学科
看護学科
大学院
組織
各種情報
附属施設
入学案内
採用情報
概要(PDF)
規程集
メディカルサイエンス推進研究所
卒後臨床研修センター
総合医学教育センター
高度医療人研修センター
医学部がんセンター
東北がんEBM
東北がんプロフェッショナル養成プラン
倫理委員会
重症児の在宅支援を担う医師等養成推進事業
トピックス information
ホーム > トピックス
 
山形大医学部 韓国・延世大学医学部と特別交流事業が実現
 

   
  記者会見の様子
 
     
 

 山形大学医学部は昨年(平成30年)10月30日に延世大学医学部と、包括的な国際交流協定を締結しました。これは、延世大学医学部で山形大学医学部モデルの重粒子線がん治療装置を導入することが決まり、重粒子線治療に関しての情報交換を進めたいとの要望が嘉山孝正重粒子線治療装置研究開発室長に寄せられたことを契機に、重粒子線がん治療だけでなく、両大学医学部間で、医学生、大学院生、研究者等の教育、研究における交流を行うこととなり、両大学医学部間での国際交流協定締結に至ったものです。

 この協定に基づいて、去る8月23日〜29日、医学生の特別交流プログラムを実施しました。延世大学医学部3年生2名、4年生2名が山形大学医学部を訪問し、附属病院での臨床実習体験をはじめ、PET・CT,手術部,薬剤部,コンシェルジュステーション等の病院施設や東日本重粒子センターの見学を実施しました。日韓双方の学生間での取組として、英語による交流発表会を行い、それぞれの大学の紹介と各々の国が抱える医学・医療の今日的課題について意見交換を行いました。また、山形県知事、山形市長に表敬訪問しました。

 来年度から両大学医学部の医学生が相互に訪問して臨床実習を受ける制度を整備しており、来春には、山形大学医学部の学生代表が延世大学医学部を訪問することが予定されています。

   
 
   
  東日本重粒子センターを見学 薬剤部を見学  
       
   
  日韓の学生による記念撮影    
       
 掲載内容と閲覧について
new! /新着・更新情報
/pdfファイル
/学内限定

pdfファイルを閲覧するためにはAdobeが無償で配布しているAdobe(R)Reader(TM)が必要です。最新バージョンでの閲覧を推奨しています。
get adobe reader
 お問い合わせ先
山形大学医学部
〒990-9585 山形市飯田西2-2-2
TEL.023-633-1122
e-mail isosyomu@jm.kj.yamagata-u.ac.jp
Copyright (c) 1995- Yamagata University Faculty of Medicine.