山形大学医学部
英語版(English) お問い合せ サイトマップ ナイト内検索
ホームへ戻る トピックス・各関係者用情報 山大学医学部附属病院 山形大学
医学部長の挨拶
医学科
看護学科
大学院
組織
各種情報
附属施設
入学案内
採用情報
概要(PDF)
規程集
メディカルサイエンス推進研究所
卒後臨床研修センター
総合医学教育センター
高度医療人研修センター
医学部がんセンター
東北がんEBM
東北がんプロフェッショナル養成プラン
倫理委員会
重症児の在宅支援を担う医師等養成推進事業
トピックス information
ホーム > トピックス
  
 
平成30年度山形大学医学部学位記授与式を開催しました
  
  平成31年3月25日(月)ホテルメトロポリタン山形にて、山形大学医学部学位記授与式を挙行し、医学部生192名(医学科卒業者128名、看護学科卒業者64名)に学位記が授与されました。
 当日は、教授陣及び卒業生がアカデミックガウンに身を包み厳粛な雰囲気の中、学位記授与式が執り行われました。
 山下英俊医学部長は告辞で「WHOやOECDのレポートによると、ここ20年以上日本の医療は第1位にランクしているが、患者さんの満足度は低い。それは医師、看護師が専門以外の仕事に時間を取られ、患者さんに寄り添う時間が少ないことにある。時間を上手に使い、日々の業務に明け暮れず、その日の業務上の疑問を解くべく、1時間でも論文や教科書を紐解いてほしい」とエールを送りました。
 嘉山孝正医学部参与からは「自然科学は世界に通じる。あなた方の道具は世界に通じる道具。あなた方にしかできない技術や知識を持っていれば、世界で、そしてAI時代にも生きていける。自分が思い、自分で動かない限り世界は認めない。国際的に誰もが認める医者、医学者、看護師、看護学者になってほしい」と祝辞を述べました。
 卒業生を代表して、伊藤沙貴子さんが「医療者としてあるべき姿とは何なのか、常に自問自答し、目の前の患者さんから決して逃げず、使命感と責任のあるよりよい医療を目指していきたい。初心を忘れず研鑽を積んで参りたい」と力強く答辞を述べました。
 
   
  学部長告辞 山下英俊 医学部長 参与祝辞 嘉山孝正 医学部参与  
     
 
   
  会場の様子 左から木村真由香さん(学位記授与 看護学科代表)、  
    芳賀博凱さん(学位記授与 医学科代表)、
 
    伊藤沙貴子さん(卒業生代表答辞)
 
   
  医学科 看護学科  
     
 
 掲載内容と閲覧について
new! /新着・更新情報
/pdfファイル
/学内限定

pdfファイルを閲覧するためにはAdobeが無償で配布しているAdobe(R)Reader(TM)が必要です。最新バージョンでの閲覧を推奨しています。
get adobe reader
 お問い合わせ先
山形大学医学部
〒990-9585 山形市飯田西2-2-2
TEL.023-633-1122
e-mail isosyomu@jm.kj.yamagata-u.ac.jp
Copyright (c) 1995- Yamagata University Faculty of Medicine.