山形大学医学部
英語版(English) お問い合せ サイトマップ ナイト内検索
ホームへ戻る トピックス・各関係者用情報 山大学医学部附属病院 山形大学
医学部長の挨拶
医学科
看護学科
大学院
組織
各種情報
附属施設
入学案内
採用情報
概要(PDF)
規程集
メディカルサイエンス推進研究所
卒後臨床研修センター
総合医学教育センター
高度医療人研修センター
医学部がんセンター
東北がんEBM
東北がんプロフェッショナル養成プラン
倫理委員会
重症児の在宅支援を担う医師等養成推進事業
トピックス information
ホーム > トピックス
 
平成28年度 退任教授最終講義を開催しました
  
  平成29年2月20日(月)、山形大学医学部大講義室において平成28年度退任教授最終講義を開催しました。
 このたび最終講義を行った退任教授の先生方は、以下のとおりです。


  分子病態学講座 一瀬 白帝 教授
 最終講義「小なりと雖も事を成す:凝固難病との戦いを振り返る」
 先生は、平成4年6月に教授に就任し、長年、出血病の研究に尽力されました。平成28年7月には「自己免疫性出血病13」の国際診断基準を発表しました。専門分野は分子生物学、血液内科学、病態医化学です。


一瀬教授  
  内科学第三講座 加藤 丈夫 教授
 最終講義「医学・医療の上流に向って」
 先生は平成9年8月に教授に就任し、長年、舟形町での疫学研究、パーキンソン病の研究に尽力し、平成28年11月には特発性正常圧水頭症のリスク遺伝子を世界で初めて発見しました。専門分野は神経内科学です。


加藤教授  
  地域看護学講座 大谷 和子 教授
 最終講義「看護職44年来た道・行く道」
 先生は、平成24年4月に教授に就任し、在宅看護教育研修プログラムの実施に尽力しました。教授就任前は、山形大学医学部附属病院看護部長を務めております。


大谷教授  
 
 当日は、3名の先生方の最終講義を拝聴しようとする教職員、学生、学外の関係者で会場は埋め尽くされました。
 最終講義の後は、山下英俊医学部長から感謝の言葉が述べられた後、3名の先生方に記念品及び花束の贈呈が行われました。
 永年にわたり山形大学医学部の発展のため献身的に尽力され、医学部の教育研究診療活動の振興に多大な貢献をされました3名の先生方には深く感謝の意を表します。


 
     
  最終講義終了後の記念撮影の様子
 
 
     
 
 掲載内容と閲覧について
new! /新着・更新情報
/pdfファイル
/学内限定

pdfファイルを閲覧するためにはAdobeが無償で配布しているAdobe(R)Reader(TM)が必要です。最新バージョンでの閲覧を推奨しています。
get adobe reader
 お問い合わせ先
山形大学医学部
〒990-9585 山形市飯田西2-2-2
TEL.023-633-1122
e-mail isosyomu@jm.kj.yamagata-u.ac.jp
Copyright (c) 1995- Yamagata University Faculty of Medicine.