山形大学医学部

しらゆき会小史

  しらゆき会規約      しらゆき会小史    入会者数・献体者数


 またたく間にすぎた年月 一山形の献体運動24年                         
                                                外崎 昭 山形大学しらゆき会理事


 出羽六十万石は、今日の山形県全域にほぼ重なる。これを統一した最上義光(もがみよしあき〉は、最上川、須川、馬見崎川に囲まれる平地に城を築いた。遺構は霞城(かじょう)と呼ばれ、内堀と石垣に戦国の覇者の誇りが偲ばれる。その一角に、近年市街から移築された重文、旧済生館三層楼がある。明治11年に建てられたこの病院兼医学校は、いわゆる開化洋風建築の傑作である。おりしも江戸から、単身、下僕を従えて、馬上、新潟に至り、宇津峠を越えて、出羽路に入ったイギリスの女性探険家lsabella Birdは、Unbeaten Track of Japanの中で、当時の山形の超モダン振りを書き残し、この病院に触れている。

 明治20年、国が医学校の整備を行った時、この済生館医学校が東北の医学の中心的地位を占めるべきであったが、旧上杉藩米沢選出の県会議員の猛反対によって、医学校は廃校の憂き目に遭い、数名の在校生を宮城県医学校(現在の東北大学医学部〉に送って歴史を閉じた。この済生館医学校廃校のいきさつは、心ある山形県人にお家再興を願う執念の火をともし、戦後の医科大学誘致運動の火種となるのである。

 昭和47年、山形大学に医学部設置準備費が予算化されるや、柳原吉次氏(旧山形高等学校教授、数学)、井関チトセ氏(旧女子高等師範出身、音楽教飾、白菊会会員〉等が、献体を申し出て、県当局を驚かせる。48年医学部設置とともに、中村隆医学部長、佐藤啓市事務長(会員・顧問)のもとに、山形大学しらゆき会の結成が準備され、49年6月、藤井俊雄理事長(元県総務部長、YTS専務)のもとに、13名の会員を得て発足することになった。その直後、倉屋利一、郡司庸雄の両先達が、遠路山形に至り、県庁と大学関係者の啓蒙に当たられた。

 平成2年、藤井氏が献体を果たされた後、川崎良作氏、石川佐伎子氏と優れた理事長のもとで、6月19日現在、登録会員1,171名、献体実行者409名(収集遺体の48%)に達し、医学部は、本年1月1日を以て、会員登録者以外の遺体受け入れを停止するに至った。

 この短い歴史は、山形県、山形大学医学部、楽山会関係者の資金及び精神的援助、とくに歴代医学部長の配慮の賜物である。教授陣からは、筆者の他に、一柳邦男氏(名誉教授、県立日本海病院長、麻酔学)、山形理氏(名誉教授、地学、俳人)、加藤宏司氏(教授、生理学)が会員に加わり、力強い声援を頂いている。

 平成4年春、第99回日本解剖学会総会(会頭、白井敏雄教授)が開かれるに当たり、わが会が篤志解剖全国連合会第24回総会を掴当し、全国の献体運動の仲間を春浅い山形に迎えることが出来た。

 解剖学実習察の北側「医学の森」(約500平米)がある。昭和51年、その西端に慰霊碑が設立された。この場所は、山形県知事の墓地指定を受けたものであり、約15年以上経過した献体者の遺骨が合葬されている。碑の前には"三世代の群像"(染谷英五名誉教授製作)があり、黙々と星霜を重ねて、若い医学生たちの成長を見守っている。


                     日本財団図書館(電子図書館)日本の献体四十年 より。




 ごあいさつ
                                     山形大学しらゆき会理事長 加藤宏司 (平成12年)


 このたび、私は平成12年9月29日のしらゆき会総会において、大西正夫理事長の後任としてしらゆき会の理事長につくことになりました。私は医学部の創設10年目に赴任してしらゆき会に入りましたので、会員番号は953番で比較的新しい会員です。役目に相応しい先輩が多い中で私が指名されたのは、山形大学しらゆき会の創設から一貫してこの仕事に携わり系統解剖学を担当されている第一解剖学の外崎昭教授が、平成14年をもって退官されることから、しらゆき会の仕事が滞らないようにと、学内にいる私が指名されたものと思います。まことに微力ですが、会員の皆さん、理事や顧問の方々、それに医学部の事務の方々のお力添えを得て、淡々と任務をこなして行きたいと思います。よろしくお願いいたします。

 この役についてから、医学部図書館にある「季刊しらゆき」の合冊本を借り、読みました。山形大学しらゆき会は昭和49年(1974年)6月に会員13名で組織されました。創刊号は翌年の昭和50年3月5日の発行で、初代理事長の藤井俊雄理事長が巻頭言を書いておられます。「しらゆき」の題字は板垣清一郎元山形県知事が書かれています。第5号は第1回慰霊祭記念号で、医学部第1期生の解剖学実習感想文となっています。その後、理事長は川崎良作氏が平成2年から、石川佐伎子氏が平成4年から、さらに大西正夫氏が平成8年から担当されてきています。この間に、しらゆき会の会員数は昭和50年には38名、そして約四半世紀たった平成12年の3月末現在、総計で1466名になっています。そのうち「成願」された方は538名になっています。

 しらゆき会は天寿を全うし、亡くなったのち医学部に遺体を提供し、医学の発展に寄与するという志をもった方々の篤志団体です。人間愛の精神にたって自ら献体することで医学教育に参加しようとするものです。東大に昭和30年9月に「白菊会」が結成されたとき、(1)解剖学を通じて医学の教育と研究に貢献する、(2)報酬を求めない、(3)売名を避ける、の三点が「白菊会のこころ」として掲げられました。その根底にある精神は、特に誰という特定の人に対してではなく、お世話になった社会に対してお役に立ててもらおうとする、無条件・無報酬でお返しを求めない、人生最後に出来る愛のボランティアの行為にあります。この考えは山形大学しらゆき会でも受け継がれ、運動は静かに広がって来ています。ひとえに篤志献体を志した方々、そのご家族の理解、この組織をつくり、支えてこられた先輩諸氏の賜物です。昭和54年3月から平成12年3月までの医学部医学科卒業生総数2305人の他に、看護学科の学生、医学・医療にかかわる若者の「師」となっています。まさに、医学部の北端の「医学の森」にある「三世代の群像」の背壁に刻されているように、「死が生の手助け」をしています。

 私事で恐縮ですが、私には医学部で学生に教えるという仕事もあります。東北大学の初代病理学教授の木村男也先生は、「教不厳師怠也」と教師と学生に諭しています。「無条件・無報酬でお返しを求めない」献体の精神とは相入れないように思われるのですが、後者は学生を諭す時の私の最大の支えとなっています。

 この原稿が出る頃には、20世紀が終わり既に新しい21世紀が始まっていると思います。物質文明、情報化社会、国際化社会、物理・生命科学を中心とする高度科学技術などで彩られてきた20世紀が21世紀にどうなるにせよ、「篤志献体の心」のような考え方が、若者を支え、励まし、成長させるものと思います。

 成願された方々やしらゆき会の会員、そしてその家族の方々と、恩恵を受ける若い学生とが一堂に会する慰霊祭が毎年秋に行われます。会員の皆様には、どうぞわが身をお労わり下さい。七夕のように一年に一度ですが、お会いしてお互いの元気を確かめ、将来を担う学徒の成長をみてまいりましょう。



                             (平成12年、季刊 しらゆき より)



新着情報

  平成29年1月30日

活動報告(慰霊祭・総会)
季刊「しらゆき」を更新しました。


アクセスカウンター