山形大学医学部
東日本重粒子センター

East Japan Heavy Ion Center
Faculty of Medicine, Yamagata University

SCROLL DOWN

2020年3月、東北初の重粒子線治療センターが誕生します。

重粒子線とは?

重粒子線治療とは?

重粒子線治療は、炭素イオンを加速器で光速の約70%まで加速し、がん病巣に狙いを絞って照射する最先端の放射線治療法です。

詳細へ

施設の特長
東日本重粒子センターだからこそ
提供できる医療があります。

世界初の総合病院接続型

世界初の総合病院接続型

重粒子治療装置のある治療棟が、総合病院とつながっており、ほかの病気で入院治療が必要な方も、ワンストップで治療を受けることができます。

世界最先端の医療装置

世界最先端の医療装置

腫瘍の形にあわせて"一筆書き"のように細いビーム(重粒子線)をあて治療します。正常部位を避け、がんに対し的確かつ効率的に照射(治療)します。

東北•新潟の主要病院と遠隔カンファレンスが可能

東北•新潟の主要病院と遠隔カンファレンスが可能

東北6県+新潟の60以上の基幹病院と遠隔地でも治療相談ができる連携体制があります。お近くの連携病院で重粒子線治療の相談がいつでも受けられます。

情報誌

  • 情報誌

    創刊号

    • 建設状況について
    • 情報誌発行にあたって
    • 重粒子線がん治療の特徴
    • 広域連携への取組み
    • トピックス
  • 情報誌

    第2号

    • トピックス
    • メッセージ寄稿
    • 重粒子線の有効性
    • 公的保険適用
    • 重粒子装置の製造状況
    • 重粒子建築状況
    • 橋本マナミさんも応援