山形医学交流会館(Communication Center of Yamagata University Facluty of Medicine.) 山形大学医学部サイト 問い合せ(Eメール)
ホーム
使用規則等
使用料等
施設概要
使用申込書
予約状況
お問い合せ
 山形大学医学部 企画管理課
 〒990-9585 山形市飯田西2-2-2
 TEL:023-628-5033・5037
 E-mail
 ikashisetu@jm.kj.yamagata-u.ac.jp
医療従事者の交流と生涯教育、地域医療の発展をめざして。
使用規則等
会館管理規程   会館使用規則   会館使用基準
会館管理規程
(設 置)
第1条 山形大学医学部(以下「本学部」という。)に,山形大学医学部創立30周年記念に当たり山形医学交流会館(以下「交流会館」という。)を置く。
(目 的)
第2条 交流会館は,本学部の教育,研究及び診療の推進に資することにより,先端医療情報の共有及び地域医療の発展に寄与することを目的とする。
(職 員)
第3条 交流会館に,次に掲げる職員を置く。
 (1) 交流会館長(以下「館長」という。)
 (2) 管理運営責任者(以下「運営責任者」という。)
 (3) その他の職員
(館 長)
第4条 館長は,学部長をもって充てる。
2 館長は,交流会館の業務を総理する。
(運営責任者等)
第5条 運営責任者は,医学部事務部企画管理課長をもって充てる。
2 運営責任者は,館長の命を受け,交流会館の事務を処理する。
3 その他の職員は,運営責任者の命を受け交流会館の事務に従事する。
(運営委員会)
第6条 交流会館の円滑な運営を図るため,山形医学交流会館運営委員会(以下「運営委員会」という)を置く。
2 運営委員会に関する事項は,別に定める。
(事 務)
第7条 交流会館に関する事務は,企画管理課において処理する。
(その他)
第8条 この規程に定めるもののほか,交流会館について必要な事項は,別に定める。
附 則
この規程は,平成18年9月19日から施行する。
会館使用規則
(趣旨)
第1条 この規則は,山形医学交流会館(以下「交流会館」という。)管理規程第8条の規定に基づき,交流会館の使用について,必要な事項を定めるものとする。
(施設)
第2条 交流会館に,次に掲げる施設を置く。
 (1) ホール(142人収容)
 (2) 大会議室(50人収容)
 (3) 小会議室(20人収容)
(使用の範囲)
第3条 交流会館の施設を使用できる範囲は,次に掲げるとおりとする。
 (1) 山形大学医学部,医学部附属病院及び大学院医学系研究科生命環境医科学専攻(以下「医学部等」という。)が主催する催事,講演会,研修会等
 (2) 山形大学又は山形大学の各学部等が主催する催事,講演会,研修会等で,館長が特に認めたとき。
 (3) その他館長が必要と認めたとき。 
(休館日)
第4条 交流会館の休館日は,次に掲げるとおりとする。ただし,館長が必要と認め た場合は,この限りではない。
 (1) 土曜日,日曜日
 (2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日
 (3) 12月28日から1月4日までの年末年始の期間
2 館長は,前項の規定のほか,臨時に休館日を定めることができる。この場合において,運営責任者は,臨時休館する旨を原則として2週間前までに掲示及びホームページ等により周知するものとする。
(開館時間)
第5条 交流会館の開館時間は,8時30分から17時15分までとする。ただし, 館長が必要と認めた場合は,この限りではない。
(使用許可)
第6条 交流会館の使用を希望する者は,原則として使用予定日の7日前(休館日を除く。)までに山形医学交流会館施設使用許可申請書(別紙様式)により,館長に申請し,許可を受けなければならない。
会館使用許可申請書(PDF)
2 館長は,前項による申請が適当と認められるときは,使用を許可する。
(使用の変更等)
第7条 使用を許可された者(以下「使用者」という。)は,その使用施設,使用日時を変更し,又は使用を中止しようとするときは,使用日の3日前(休館日を除く。)までに館長に申し出てその承認を受けなければならない。ただし,やむを得ない事情があると認められるときは,使用日の前日(休館日を除く。)までに申し出ることができるものとする。
(使用許可の取消し等)
第8条 館長は,次の各号のいずれかに該当するときは,使用許可を取消し,又は使用を中止させることができる。
 (1) 使用者がこの規則及び許可条件に違反したとき。
 (2) 交流会館の運営上支障があるとき。
(使用料等)
第9条 使用料及び付帯料(以下「使用料等」という。)は,次のとおりとする。

施設名 面積 使用料(1時間あたり) 付帯料(1回につき)
ホール 146.78m2 10,000円 10,000円
大会議室 74.44m2 8,000円 8,000円
小会議室 28.22m2 5,000円 5,000円

2 使用者は,前項に定める使用料等を使用日の2日前(休館日を除く。)までに医学部事務部企画管理課に納入しなければならない。
3 第1項の使用料等は,本学が指定する銀行口座に振り込みすることができるものとする。
4 既納の使用料等は,返納しない。ただし,第7条の規定に基づき使用の変更等が許可されたときは,この限りではない。
(規則等の遵守)
第10条 使用者は,この規則及び別に定める山形医学交流会館使用基準を遵守し,施設設備の良好な状態を保持するよう努めなければならない。
2 使用者は,故意又は重大な過失により,施設設備を破損し,又は亡失したときは,その損害に相当する費用を賠償しなければならない。
(その他)
第11条 この規則に定めるもののほか,交流会館の使用に関し必要な事項は,館長が別に定める。
附 則
この規則は,平成18年9月19日から施行する。
会館使用基準
山形医学交流会館(以下「交流会館」という。)の使用に当たって,使用者は,この使用基準を十分に理解するとともに,厳守すべき事項を次のとおり定める。
(使用許可)
1 交流会館を使用する場合は,使用日の7日前(休館日を除く。)までに医学部事務部企画管理課(以下「企画管理課」という。)施設担当(023-628-5033)に,山形医学交流会館施設使用許可申請書を提出し,許可を受けること。
(使用料の納付)
2 交流会館の使用料及び付帯料(以下「使用料等」という。)は,使用日の2日前(休館日を除く。)までに企画管理課総務担当に納入すること。納入方法は,現金を持参,現金書留若しくは本学が指定する銀行口座へ振り込むものとする。なお,使用の取り消しをした場合,既納の使用料等は返納できません。
(使用者の義務)
3 使用者は,次の事項を厳守すること。
 (1) 使用目的以外の用途には使用しないこと。
 (2) 施設の改変及び備品等の移動は,無断で行わないこと。
 (3) 使用許可された施設を第三者に転貸しないこと。
 (4) 火気の使用に当たっては,職員の指示を受けること。
 (5) 使用後は,現状に復し,併せて次の事項の確認を行うこと。
  1) 火気の確認
  2) 照明消灯の確認
  3) 窓の開閉の確認
  4) 室内の整理整頓
  5) 使用備品等の整理整頓
  6) 空調・換気停止の確認
  7) トイレ等の水回りの確認
  8) 床の汚れ,ごみの確認
(損害賠償)
4 使用者の故意又は重大な過失により施設設備を破損し,又は紛失した場合は,その損害に相当する費用を賠償するものとする。
(鍵の貸出及び返却)
5 開館時間内(8時30分から17時15分まで)に使用する場合は,企画管理課施設担当より鍵を借り受け,使用後は前記3の事項を確認し,鍵を返却すること。
 また,閉館時間帯に使用する場合は,警備員室(附属病院1階)より鍵を借り受け,使用後は前記3の事項を確認し,鍵を返却すること。
(緊急時対応)
6 交流会館の緊急時連絡先は,次のとおりとする。
  山形大学医学部附属病院防災センター
  (電話:023-635-5110,内線5110)
このページのトップへ
Copyright (c) 2010 Yamagata University Faculty of Medicine.