初期研修カリキュラム    後期研修プログラム     HPへ>>

1.第一外科(消化器・乳腺甲状腺・一般外科)のメッセージ

消化器癌・乳腺甲状腺の癌を中心にさまざまな疾患を診療しています。
1)食道・胃・小腸・大腸・肝・胆・膵・乳腺・甲状腺が含まれ、5大がんのうち4つの癌が含まれています。また、食道癌、膵癌といった難治性のものも扱っています。
2)腹腔鏡による手術を積極的に行っており、技術の習得ができます。
食道癌、胃癌、大腸癌、胆石、虫垂炎、肝臓、膵臓などの手術で腹腔鏡に治療を行っています。
3)腹部外傷を含めた腹部救急疾患に対して、手術適応を決める役割を担います。
4)地域医療のみでなく、高度先進医療やさまざまな研究も行い、国際学会でも発表できる医師をめざします。


2.研修内容と特徴

さまざまな難度の手術があり、経験年数、実力に応じて執刀、助手を行えます。大学と関連病院の両方で研修することにより実力がアップしてゆきます。

1)初期研修(2年間)
外科を専攻し、周術期管理や臨床栄養、手術の基本などとともに、外科に関連する分野(麻酔科、内科など)を勉強することをお勧めします。鼡径ヘルニアや急性虫垂炎の手術の執刀、中心静脈栄養カテーテルの挿入なども行えます。

2)3年次、4年次
  本格的に手術の執刀や助手を行うようになります。
胃切除術、結腸切除術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、乳腺切除術、甲状腺切除術など
地方会発表、全国学会発表、症例報告論文作成なども指導を受けながら、
行っていきます。

実力がついてくると、だんだん高度な手術の助手や少し難しい手術の執刀が
行えます。
食道癌手術、高難度肝胆膵手術の周術期管理および助手の経験 胃全摘術、低位前方切除術、腹膜炎手術等の術者など

3)5年次、6年次
診療チーム内の中心的存在となり、中心的存在となり症例全般の管理を行います。
外来診療、インフォームドコンセントの習得、化学療法のコーディネート等総合力をつけ、難度の高い手術、非定形的な手術の術者を経験します。腹腔鏡による手術の執刀も本格的になってきます。
乳腺甲状腺の診断能力、手術後治療なども学びます。
6年次より日本外科学会外科専門医の取得試験を受けます。

4)その後
食道癌手術、肝切除、膵頭十二指腸手術などの高難度手術の執刀、外科学会専門医取得後に消化器外科専門医、乳腺専門医など一段上の専門医の習得を目指します。
大学院に入学し学位取得に向けた研究も行います。

3.キャリアパス・取得可能な専門医、認定医

【取得できる専門医】
日本外科学会専門医、日本消化器病学会専門医、がん治療認定医機構がん治療認定医、日本消化器外科学会専門医、消化器がん外科治療認定医、乳腺専門医など多数あります。

【最後に】
「日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会」パンフレットより



山形の外科医になることは世界に誇れる外科医になることです。
「きみが外科医になる日」を待っています。


4.問い合わせ先

直通電話  5336(内線)
担当者名 第一外科医局 医局長  高須 直樹
E-mail takasu-jaem@umin.ac.jp