初期研修カリキュラム    後期研修プログラム     HPへ>>

1.救急科(救急部)のメッセージ

 当院の救急科は、救急科専門医、集中治療専門医、呼吸療法専門医、循環器専門医、脳神経外科専門医、脳卒中専門医、麻酔科指導医などの専門資格を有する指導医のもと、主に救急車で搬送された救急患者を受け入れ診察し診断および救急初期治療を行っています。初期診断による判断で専門性を有する場合は各診療科の医師に遅滞なく的確にコンサルトし複数の医師が協力し合って治療を進めていきます。緊急手術への対応、集中治療室への緊急入室を含め、各部門間の連携が速やかに行われ一体感のある急性期医療を提供しています。


2.研修内容と特徴

すべての急性期疾患を対象とし救急初期治療と入院後の集中治療の研修を受けることが出来ます。
 初期研修: 1年目3ヶ月間の救急研修期間のうち1ヶ月半の間、重点的に救急部および集中治療部での研修を行います。希望により、2年目においても3縲鰀9ヶ月間の救急科研修を選択することが可能です。県内の救命救急センターで臨床経験を積むこともでき、専門的な研修を受けることが出来ます。
 後期研修: 後期研修医として救急科に所属し、より高度な救急医療を実践し、専門医取得のために必要な診療経験を積み重ねていくことができます。日本救急医学会における総会学術集会や地方会における学会発表を経験し、臨床救急の単純労働者ではなく、自分で考えて、医師同士でディスカッションし、目の前の患者に最良の治療を選択できる、頭脳プレイヤーとしての臨床救急医を育成することを目標としています。


3.キャリアパス・取得可能な専門医、認定医

1・2年目: 初期研修医として救急科の臨床研修を3縲鰀12ヶ月行う。
3・4年目: 後期研修医として高度な救急初期治療を経験し、患者主治医となり、病状説明を含めて、医師として責任を自覚しながら治療を進めていける臨床能力を身につけていく。
5・6年目: 国内の他の救急専門医指定施設において1年程度の臨床研修が可能である。
6年目: 12月までに以下の救急専門医申請資格をすべて満たせば第1次審査に申請。
①継続して3年以上、救急医学会の会員であること
②医師として5年以上の臨床経験を有すること
③専門医指定施設または準じる救急医療施設において、救急部門の専従医として3年以上の臨床修練を行った者であること。または、それと同等の学識、技術を習得した者であること。
7年目: 第1次審査に合格すればこれまでの臨床実績をまとめて6月までに第2次審査に申請
     9月中旬に行われる筆記試験に合格すれば1月から救急科専門医に認定される。
8年目以降: 国内外での臨床研修や臨床研究や基礎研究に従事し学位取得を目指す。
当院は集中治療専門医研修施設であり部署責任者を兼ねているため、サブスペシャリティとして集中治療専門医の取得を目指すことは難しくない。


4.問い合わせ先

直通電話  023-628-5422
担当者名 佐藤(医局秘書)
E-mail qqc@mws.id.yamagata-u.ac.jp
URL 現在製作中