初期研修カリキュラム    後期研修プログラム     HPへ>>

1.病理診断科(病理部)のメッセージ

【初期研修】
病理診断科(病理部)の研修目標:
(1)生検、病理解剖、術中迅速、細胞診及びテレパソロジーなどの病理診断に至る過程    を正しく理解し、それらの重要性について認識する。
(2)CPCレポートが作成できる。
(3)病理部研修で培った技術と知識を医療や研究に役立てる。
具体的な内容:
(1)組織・臓器の固定から病理診断に至る過程を概説できる。
(2)一般的な組織染色法を説明でき、それを実施できる。
(3)病理解剖手技を概説できる。
(4)免疫染色法と蛍光抗体法の原理とその過程を概説できる。
(5)受け持った病理解剖例についてCPCレポートを作成できる。

【後期研修】
病理診断科(病理部)の研修目標:
 病理専門医および細胞診専門医と成るために必要な知識と技能を修得し、専門医としての態度を育成する。
具体的な内容:
(1)病理業務(法律、制度、リスクマネージメント、資料管理など)と病理診断(標本作製、免疫染色、PCRなど)に必要な知識を習得する。
(2)病理解剖や病理診断・細胞診の手順と標本作製法などを習得する。
(3)CPC、臨床とのカンファランスや学会などにおいて病理所見を的確に説明できる能力を養成する。
(4)患者や遺族に対する配慮、臨床医との適切なコミニュニケーション、コメディカルとの協調性などを会得する。
(5)学会、研修会、セミナーに積極的に参加する。

【特色】
(1)臨床医が的確な診断と治療を実施する上で、病理専門医が行う病理診断は必須であるという認識が、病理医の自負心と生き甲斐となっています。
(2)ほとんど全身の疾患を扱いますので、幅広い知識が会得できます。
(3)病理医不足が全国的に懸念されており、需要が多く、女性医師にも人気があります。
(4)病理専門医育成に責任を持ちます。
(5)研修を行いながら大学院としての研究活動も可能です。



2.キャリアパス・取得可能な専門医、認定医




3.問い合わせ先

直通電話  023-628-5237
担当者名 山川 光徳
E-mail myamakaw@med.id.yamagata-u.ac.jp
URL http://www.id.yamagata-u.ac.jp/MID/exam/exam_c/cli_a.html