初期研修カリキュラム    後期研修プログラム     HPへ>>

1.麻酔科のメッセージ

山形大学医学部附属病院では年間約5000件の手術が行われていますが、そのうち約3500件の麻酔管理を麻酔科が行っています。麻酔科は主に全身麻酔、脊椎麻酔、硬膜外麻酔を行う症例を担当しています。また、麻酔科は手術麻酔以外にも集中治療、ペインクリニックを行っており、救急、緩和医療にも関わっています。卒後臨床研修では手術麻酔を中心に研修しながら、集中治療の研修も行います。麻酔科で行う手技・手法は患者の全身管理を行う際に有用なものが多く、それらを研修することはどの領域を専門とする場合でも意義があるでしょう。
 麻酔科は学生時代の勉強ではややわかりにくい科だったと思います。しかし実際の臨床現場では“縁の下の力持ち”として重要な役割を果たしています。卒後臨床研修を通して麻酔科への理解が深まれば幸いです。


2.研修内容と特徴

1)麻酔科における研修
 指導医の指導のもと、術前回診から術後回診までの麻酔管理に参加する。術前回診で患者の問題点を把握し、指導医に適切なタイミングおよび方法で症例提示、相談をする。そして指導医とともに麻酔計画を作成、それに基づいて実際の麻酔を担当する。このとき麻酔に関連する各種の診察法、手技等を経験することができる。麻酔管理は周術期における患者の安全管理でもある。針刺し事故の防止など自身の安全を含めた安全管理について研修し、リスクマネージメントに役立てることができる。

2)麻酔科で経験すべき診察法・検査・手技
①基本的身体診察法
 麻酔管理では特定の部位にとらわれない横断的な全身状態の把握が必要である。術前回診で全身にわたる診察を行い、記録する。
②基本的な臨床検査
 バイタルサインの把握のためにモニタリング、検査を行う(主な項目は以下)。
 ・心電図 ・血圧 ・動脈血液ガス分析   
 ・呼気終末炭酸ガス分圧 ・人工呼吸関連
  パラメーター(換気量、呼吸数等)
 ・パルスオキシメーター ・体温 ・尿量
③基本的な手技・治療法
 ・呼吸管理(マスク換気、気管挿管等)    
 ・循環管理(循環の維持、不整脈治療等)
 ・静脈路の確保(中心静脈路確保は除く)
 ・各種薬剤の使用 ・輸液と輸血    

3)麻酔科で経験すべき症状・病態・疾患
 麻酔管理に参加することで、稀な疾患を含めた多くの疾患の周術期管理を経験できる。また、麻酔・外科手術に関連した患者の全身状態の変化とその対処法を経験できる。




3.キャリアパス・取得可能な専門医、認定医


4.問い合わせ先
直通電話  023−628−5400(内線6164)
担当者名 岡田真行
E-mail mokada@med.id.yamagata-u.ac.jp
URL http://www.anesth-yamagata-u.com/ 麻酔科のホームページ