初期研修カリキュラム    後期研修プログラム     HPへ>>

1.耳鼻咽喉科のメッセージ

耳鼻咽喉科は、オールマイティーな診療科です。

1)外科系の診療、内科系の診療の両方とも実践できる数少ない診療科です。
2)感冒の様な日常的な診療から、頭頸部領域の癌などの全身管理が必要な診療まで、老若男女を問わず実に幅の広い診療が実践できます。
3)診断から治療まで終始一貫した診療が自らの手で行えます。
4)個々のニーズや適正に応じていろいろな勤務形態(大学、研究者、勤務医、開業医など)を取ることができます。
5)患者が求めるのは結局のところ専門医による専門的な診療です。耳鼻咽喉科では高い専門性を兼ね備えた診療が可能です。
6)研究領域も実に多彩であり、必ずや自分に適した興味ある課題に出会い、取り組むことができます。
7)医師の生活の質(QOL)も高いといえます。


2.研修内容と特徴

<初期臨床研修>
 大学病院では高度先進医療を経験しながら、同時に地域に密着した研修を経験することが可能です。各専門診療科のバックアップ体制の下、各研修医の希望に沿ったオーダーメイド的なローテートが実施されます。身近に各分野のエキスパートが存在し、専門医・認定医を視野に入れた研修が可能です。

 特に耳鼻咽喉科では、最新光学機器を使いこなす非常に専門的で高度な医療を体得できるように指導し、専門医に必要となる技術を研修の段階でクリアします。また一般家庭医として、あるいは全身管理が可能な医師として、診断から治療までを総合的に行えるオールマイティーな医師として独り立ち出来るように、基礎的な医療をともに実践していきます。

 初期研修終了後には、大学病院と研修指定病院による相補的な、より発展的な研修を行い、高度な医療を地域に根ざした形で実践する能力を培います。

<大学院>
 博士課程には、社会人大学院生として入学できます。医療に従事しつつも世界最先端の知識、技術を習得できる 医療現場にいる医師の研究能力、医療人としての広く深い学識の獲得と同時に医療人としての資格取得を目指すことができます。

 生命科学と地域医療の発展に貢献し、国際的な視野と高度の研究能力を備えた人材を育成します。

<女性医師のサポート>
 耳鼻咽喉科では、今後ますます増加する女性医師が、結婚、出産や育児等と医師としての勤務が両立できるように、サポートする体制を設立しています。


3.キャリアパス・取得可能な専門医、認定医





4.問い合わせ先

直通電話  023-628-5380
担当者名 阿部 靖弘
E-mail abeyasr@gmail.com
URL http://www.id.yamagata-u.ac.jp/OLG/index.html