初期研修プログラム
<救急・麻酔重点コース> 募集定員2名

将来救急又は麻酔を専門とする人のためのコースで、1年目は原則、最初の3ヶ月間で救急・麻酔を研修した後、必修科目を研修する。2年目については、研修修了後を見据えて、その研修期間の殆どを救急・麻酔の研修に充てることができるプログラムである。
プログラム責任者:中根正樹

1年目 2年目
救急
麻酔
救急 内科 内科 地域
医療
選択
必修
救急
麻酔
希望科
大学 (大学・協力病院)
3か月 3か月 3か月 3か月 1か月 1か月 8か月 2か月

必修科目

救急・麻酔に特化した重点コースとして、1年目は原則、内科、救急及び麻酔の研修)を行う。(3か月ごとの入れ替え可能)
2年目は原則、地域医療及び選択必修科目(外科、小児科、産婦人科、精神科)から1科目と救急・麻酔を8か月及び希望科2か月(2か月全てを救急・麻酔あるいは関連する科で研修を行うことが可能)の研修を行う。

「共通事項」
(1) 大学病院または協力病院で研修する。研修2年間のうち、8か月以上は大学病院で研修を行う。
(2) 最初の3か月は大学病院において研修を行う。
(3) 必修科目:大学病院で内科の研修を行う場合には、第一内科、第二内科、第三内科を各2か月間(合計で内科6か月)研修を行う。地域医療は、病院、診療所の中から選択する。
(4) 選択必修科目:外科の研修を行う場合には、第一外科、第二外科、脳神経外科の中から選択することができる。
(5) 希望科:地域保健を希望する場合は、保健所、社会福祉施設、介護老人保健施設等の中から選択して1か月間研修を行い、残りの2か月は他の希望科で研修する。
(6) 研修を行う研修科等の順序は、研修医の希望によりセンターが調整する。
(7) 大学病院で行う希望科研修については、スケジュールで定められた予定診療科および変更後の診療科に相談のうえ、当該診療科での研修開始1か月前までの申請により変更が可能である。
なお、到達目標達成度は随時確認し、到達目標に達しない可能性がある場合には、希望科の期間を到達目標達成に必要な科の研修を割りあてることがある。
ページの先頭に戻る