センターの特色・目的
東北がんプロフェショナル・山形大学の取り組み

 吉岡 孝志
 東北がんプロフエッショナル養成推進プラン 山形大学コース責任者

 がんは、わが国の死因第一位の疾患であり、国民の生命・健康に重大な問題である現状から、「がん対策基本法」が制定され平成19年施行されました。この中で、がん医療に携わる専門医療人、特に放射線治療・がん薬物療法の専門家不足が指摘されています。 
 山形大学医学部では、文部科学省補助事業「がんプロフェショナル養成プラン」(平成19年~23年)「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」(平成24年~)の支援を受け、放射線治療・がん薬物療法の専門家の育成に努めてきました。
 山形大学医学部は、がん専門医を目指すあなたに他の大学・施設に見ない充実した研修プランを用意しています。


 >>東北がんプロフェッショナル養成推進プランHPへ
ページの先頭に戻る