センターの特色・目的
がん臨床センター長からの挨拶

 石澤賢一
 山形大学医学部附属病院がん臨床センター長

 平成17年、山形大学医学部にがんセンターが設立されました。ソフト面では、診療科横断的に治療方針を決定するキャンサートリートメントボードを中心として専門家の知識を集約し、ハード面では、最新の治療、診断機器を整備し、質の高い医療を提供しています。これらにより、新規薬剤、治療法の導入、がんに対する患者さんの理解の深化により、今後ますます複雑化、多様化するがん診療の充分な研修が可能です。


 >>医学部がん臨床センターHPへ
ページの先頭に戻る