概要 / 後期研修概要
後期研修概要 研修期間 処遇 取得可能な専門医等資格  [資格一覧]
 
後期研修概要

独自の専門医養成プログラム
 大学病院は,教育病院であると共に最先端医療技術の発信基地でもあります。卒後臨床研修修了後の専門医取得に必要な高度先進医療の研修は,大学病院が最も得意とするところです。山形大学では各診療科が専門医に要求される研修内容に対応して緻密に組まれた独自の専門医養成プログラムを有しています。もちろん,専門分野の教育においても大学病院での教育とともに,市中病院での経験が重要なのは言うまでもありません。
 山形大学には県内外の主要な教育病院及び山形県と合同で組織する「蔵王協議会」という組織があり,この組織により大学附属病院と関連病院が有機的に結びついた研修が可能で,我が国の医学部で最初に導入した大学院社会人選抜枠を最大限に利用することにより,市中病院に勤務しながら大学院生として専門医取得のための研修や博士号取得のための研究が行える数少ない大学です。
研修期間

研診療科ごとに異なります。詳しくは、後期研修プログラムをご覧ください。
処遇

原則として、山形大学医学部附属病院の医員として採用します。

1. 勤務体制と勤務時間:原則7時間45分,週5日
2. 給与:月額276,000円(ほか、各種手当あり)
3. 宿舎:空きがある場合,入居可能
4. 健康診断:年1回
5. 保険関係
  (1) 全国健康保険協会管掌健康保険,厚生年金,雇用保険を適用する。
  (2) 労働者災害補償保険を適用する。
  (3) 医師賠償責任保険:病院での加入のほか任意保険への加入を積極的に勧める。
取得可能な専門医等資格

山形大学医学部附属病院後期研修プログラムにおいて、取得可能な専門医等資格については、資格取得先の団体名と資格名を記載した一覧ページをご覧ください。
*取得可能な専門医等資格一覧
ページの先頭に戻る