メッセージ / センター幹部挨拶

卒後臨床研修センター長 挨拶
欠畑 誠治

 国家試験合格直後の2年間は、医師としての生涯の中でもっとも実り多く、もっとも印象深い期間です。なぜなら、責任ある医師として患者さんに向かい、自分の持てるすべての能力を総動員して診断・治療にあたるという初めての経験をすることになるからです。毎日が新しい経験で、わくわく、どきどきしながら懸命に研修を進めることにより、医師としての態度や能力が身についていきます。そして、この2年間で病気の本質を病態から理解する態度、自ら論理的に考える態度、曖昧なことは納得するまで調べる態度などをいかに自分のものにするかが、それ以降のキャリアアップには重要な意味をもちます。表面的な知識や技術ではなく、応用のきく本物の知識を確実に身につけていくためにはどうしたらよいでしょうか。€

 大学病院、地域の中核病院、地域密着型の比較的規模の小さい病院にはそれぞれ特徴があり、このHPを読んでくださっている方もどこで研修しようか悩んでいるのではないかと思います。当院では卒後臨床研修が始まった2004年から試行錯誤を繰り返し、よりよい研修内容にすべく改変を行ってきました。その結果、大学病院と地域の中核病院を組み合わせて、両者の特徴を最大限に生かした研修ができるプログラムになりました。大学病院における最先端の医療から山形の多様な環境を生かした地域医療まで、2年間で習得すべき内容が効率よく盛り込まれています。時には難しい症例にじっくり取り組み、時にはとっさの判断が的確にできるよう訓練することで、2年後には着実な実力がついていることでしょう。さらに、各自の興味関心や将来希望する科に応じて、より細かい要望にも応えられるような自由度の高いプログラムとなっていますので、研修後のキャリアを見据えた選択をすることができます。€

 卒後臨床研修先を選ぶ際には、施設・設備などのハード面はもちろん大事ですが、指導してくれる先生・体制などのソフト面がより大切です。当院では卒後臨床研修に関わるすべての医療スタッフが、皆さんが医師としての確実な一歩を踏み出すためにあらゆるサポートをしようと努力しています。各科の研修指導医を中心とした「教員会」では、毎月開かれるミーティングを通して研修の進捗状況を確認するとともに、各研修医に担当教員を配置して細かな点まで相談にのるようにしています。当院は各診療科間の横の連携が非常に良いのが特徴で、研修医も診療科横断的な患者さん中心の医療を体験することになるでしょう。熱意にあふれた指導教員と最新の設備、切磋琢磨する研修医仲間が揃っている本院の環境を十分に活用して、積極的に研修を進めてください。

 研修中には多くの人との出合いがあるでしょう。いろいろな考え方の人と接することにより、人間的な成長も遂げることができます。人間的な成長なくして、よい医師にはなれません。また、研修期間を通して自分の生涯の師となるメンターを見つけてください。技術的なことだけでなく、人間的にも尊敬できる医師像を身近に感じ目標とすることが、医師としての成長には欠かせないと考えるからです。当院には300名を越す多彩な医師が揃っています。その中であなたのメンターとなる医師をきっと見つけることができるでしょう。 

患者さんは最高の教科書です。患者さんの表すどんな症候や症状も見逃さず、勉強して、考えて、生きた知識を身につけてください。研修は受身ではけっして進みません。自分は何ができて何ができないか、何が分かって何が分からないかを常に明確にして、一歩ずつ前進していってください。分からないこと、困ったことがあれば、自ら発信し、周囲の助けを得てください。我々スタッフは常に皆さんを応援する準備ができています。

 卒後臨床研修中の2年間は一生忘れられない期間になると思います。皆さんの卒後臨床研修が忙しくも充実したものになるよう卒後臨床研修センターのスタッフ一同は切に願っています。€
センター長写真
ページの先頭に戻る