メッセージ / センター幹部挨拶

学部長 挨拶
山下 英俊

 医師の育成は医学部の大きな社会的使命です。医師を育成するために、医学部では卒業前に基本的な医学についての知識と実習による技量の習得するためのプログラムを作成しています。そして、国家試験を経て医師となり、初期の臨床研修をおこないます。さらに、専門を深めるための専門医研修、生涯にわたる教育・研修が医師としての一生にわたりつづきます。嘉山孝正先生(前医学部長、現学長特別補佐)は、医師の教育は卒前、初期臨床研修、専門医研修と継続する大きな流れのなかで医師の育成を考えることを強く提言されてきました。

 医師の一生は勉強の連続といわれますが、それぞれの時期において次のステップへと登っていくために是非習得するべきことがあります。その時期に前のステップより進化していかなければなりません。医学の勉強は医学部に入学し、医学生として医学の基礎を学び始めるときからはじまり、医学部附属病院における臨床実習をとおして培われた医師としての力を卒後の臨床研修ではさらに進化させる必要があります。卒後臨床研修において習得すべき大きな目標は、「患者さんにとっていま、何が必要なのか、First Aidがわかるようになること、それを疾患の病態生理に基づいて考察することができるようになること」です。このFirst Aidがわかれば、適切な診断、治療の計画、適切に対応できる診療科の医師を呼ぶこと(たとえば救急部において診療を担当している場面で)が可能になります。そして、First Aidにもとづいてまずはなにをすべきか(Primary Care)をきちんと習得することができます。治療については各診療科での専門的な治療が必要になることが多く、治療まですべて習得することは実質的には不可能ですから、臨床研修を終了後、自分の選択した専門領域での専門医研修での勉強へとステップが上がっていくことになります。山形大学医学部附属病院では、このようなコンセプトに基づいて初期臨床研修のプログラムを企画し、activeに診療している指導医による指導を充実させています。初期臨床研修においてこのような研修をより実り多いものにし、さらにその後につづく専門医研修へとつなげていくためには、上記にのべたように、病態生理をしっかりと把握し、自分の頭で考える力を養うことが大切です。医療において、医療安全の観点から、また医療の質を向上させるために各種のマニュアルが大変に整備されてきました。しかし、個々の患者さんで異なっている症状、来院した際にはまだ分からない疾患を正しく診断し、正しい治療へと結びつけるためには、マニュアルを使いこなせる、場合によってはマニュアルを改訂できるだけの実力を養う必要があります。このような医師として大切な修行は、卒前からスタートしていますが、初期臨床研修において本格的にスタートします。

 是非、以上のような心構えで医師として成長していく過程としての臨床研修を有意義なものとすることをこころから期待いたします。

学部長写真
 
ページの先頭に戻る