山形大学医学部
英語版(English) お問い合せ サイトマップ ナイト内検索
ホームへ戻る トピックス・各関係者用情報 山大学医学部附属病院 山形大学
医学部長の挨拶
医学科
看護学科
大学院
組織
各種情報
附属施設
入学案内
採用情報
概要(PDF)
規程集
メディカルサイエンス推進研究所
卒後臨床研修センター
総合医学教育センター
高度医療人研修センター
医学部がんセンター
東北がんEBM
東北がんプロフェッショナル養成プラン
倫理委員会
重症児の在宅支援を担う医師等養成推進事業
トピックス information
ホーム > トピックス
 
石坂公成博士足跡記録展示場を開設しました
  
  山形大学医学部は、この度、がん研究センター内に「石坂公成博士足跡記録展示場」を開設しました。
 日本学士院会員で同大特別招聘教授、ラホイヤアレルギー免疫研究所名誉所長の石坂公成氏は、1966年に照子夫人との共同研究により発見したアレルギーの原因となる免疫グロブリン(IgE)を発表し、米国を拠点に、長年世界をリードしてきた、免疫学研究の第一人者。同大医学部は、2013年10月に石坂氏から、勲一等瑞宝章、文化勲章をはじめとする国内外で同氏が受賞された賞、学術論文、著書など97点の貴重な資料の寄贈を受けました。この度開設した展示場では、同氏の永年に亘る研究の足跡や医学の世界における功績等をまとめた19枚のパネルを展示しております。
 4月28日に開催したお披露目の会には、学生約100名が出席。展示パネルの除幕の後、嘉山孝正同大医学部参与から、寄贈品及びパネルについて、「先人達のこれまでの足跡を知ることは非常に重要であり、学生たちが歴史的で偉大なものを見ることによって得るものは計り知れない。医学教育・研究にとって宝である。」と紹介し、石坂氏への謝意が述べられました。
 続いて、石坂氏から、戦争中に学生生活を送った経験や米国での研究への取組みなどこれまでの自身の研究生活を振り返り、学生たちには、「自身のやりたいことに前向きに取り組んでほしい」との熱いメッセージが送られました。



 
   
  山下医学部長による挨拶
来賓・学生代表による除幕
 
     
 
   
  来賓・学生代表による除幕 嘉山医学部参与による概要説明  
     
 
   
  石坂氏からのメッセージ 石坂氏への感謝状及びメダル授与  
     
 
     
  来賓一同(手前左から、嘉山医学部参与、石坂氏、本間氏(竃{間利雄設計事務所代表取締役)、
2列目左から、久保田病院長、山下医学部長、北中がん研究センター長)
 掲載内容と閲覧について
new! /新着・更新情報
/pdfファイル
/学内限定

pdfファイルを閲覧するためにはAdobeが無償で配布しているAdobe(R)Reader(TM)が必要です。最新バージョンでの閲覧を推奨しています。
get adobe reader
 お問い合わせ先
山形大学医学部
〒990-9585 山形市飯田西2-2-2
TEL.023-633-1122
e-mail isosyomu@jm.kj.yamagata-u.ac.jp
Copyright (c) 1995- Yamagata University Faculty of Medicine.