最先端の技術・知識を学び、未来の医療を見つめる。

山形大学大学院医学系研究科先進的医科学専攻 重粒子線医学講座

  • 023-628-5401

ご挨拶

ご挨拶

主任教授ご挨拶

根本健二

現在世界最高の放射線治療法は炭素の原子核をシンクロトロンで加速してがんを治療する重粒子線治療ですが、山形大学では、全学をあげて、世界最高性能の重粒子線治療装置の導入を進めております。現在世界でも10カ所、日本でも5カ所しか稼働しておらず、山形大学医学部東日本重粒子センターが完成の曉には、山形地域が日本や世界のがん医療の一大拠点となることが期待されております。その装置をフルに活用するのは専門のスタッフです。重粒子線医学講座では現在、放射線医学総合研究所など、重粒子線治療の先進施設と共同で人材育成に努めており、完成の曉には施設の中核メンバーとして活躍する予定です。
放射線治療はチーム医療です。放射線腫瘍医、診療放射線技師、医学物理士、看護師がチームで医療を行います。これら、専門のコメディカルメディカルスタッフの養成も私どもの責務で、地域で教育・指導ができる人材の養成にも努めております。

主任教授 根本建二(病院長兼務)

教授ご挨拶

岩井岳夫

重粒子線治療はこれまで一般的には「高額な特殊な先端治療」という位置づけでしたが、その効果が認められたことにより2018年4月から前立腺がんが保険適用になるなど、「普通の治療」へと変わる変遷期にあると言えます。この治療がより一般的に広がれば、治療に必要な人材へのニーズは今後拡大していくことになります。重粒子線医学講座では、重粒子線治療や陽子線治療などの最先端医療現場において戦力となるような放射線治療医・医学物理士等のスタッフ育成を目指しています。
重粒子線治療はその照射手法についても日進月歩であり、より高精度の治療を実現するには理学部や工学部で培った物理学的なセンスは欠かせません。本講座では、治療精度の向上を目指した医学物理的な研究を実施しています。また、放射線治療医を目指す方に対しては、放射線腫瘍学講座と連携して教育・研究を行い、粒子線治療のエキスパートとして活躍する素養を身に着けることができます。この山形の地で、世界最先端のがん治療を学んでみませんか。

教授 岩井岳夫