プラン概要
concept

わが国のがん医療の課題解決のため、最新のがん医療に必要な学識・技能や国際レベルの臨床研究を推進する能力を育み、大学、行政、職能団体、がん拠点病院や診療所、患者会や学会が連携しがんゲノム医療・個別化医療、希少がん・難治がん、小児から高齢者のライフステージ毎の多様ながんの医療ニーズに応えるがん専門医療人を養成することであります。その実現のため、連携4大学(東北大学、山形大学、福島県立医科大学、新潟大学)が大学院に新たに55教育コースを設置し、東北メディカル・メガバンク、小児がん拠点病院、個別化医療センター、重粒子線がん治療センター、医療・産業TRセンター、臨床研究推進センター、東北家族性腫瘍研究会など、ゲノム医療、希少がんや小児がん対策に重要かつこの地域がもつ国内外で有数の医療・医学インフラを活用した広域かつ高度先進的教育プログラムにより、先進的がん専門医療人を養成して我が国のがん対策の目標達成や医療イノベーションに寄与します。

実施体制

4大学・4県が参加する東北がん評議会(医学系研究科長、大学病院長、がん拠点病院、職能団体、行政、患者会が委員として参加)が本プランのステアリングコミティとなり、各団体が円滑に連携して本プランを推進します。本プランの意思決定と事業運営は4大学合同の運営委員会(統括コーディネータ、分担コーディネータ、コース責任者が委員として参加)が行い、地域一体となってがん患者やがん医療の多様な新ニーズに対応し、本プログラムの目的であるがん専門医療人を養成します。

山形大学では、教育コースを担当する各講座、がん医療支援システムを推進するために設置した「東北未来がん医療学講座」 及びがんの知識、チーム医療のあり方、緩和医療の実践を支援するための「がん臨床センター」が、コーディネーターを中心に一体となって、がんプロを推進します。

実施体制