山形大学医学部研究支援課
〒990-9585山形市飯田西2-2-2
023-628-5047
ikekenkyu@jm.kj.yamagata-u.ac.jp
地域がん医療に貢献するがん専門医療人に重点を置くコース
コース詳細
粒子線治療エキスパート医師育成コース
研究科・専攻等 大学院医学系研究医学専攻がんプロフェッショナル養成専修
養成する専門分野 放射線治療
修業年限 4年
履修対象者 医師
養成する人材像 急速に普及しつつある一方で使いこなせる人員が大幅に不足している、重粒子線、陽子線治療など粒子線治療のエキスパートを養成し、東北地方への粒子線治療の普及を推進する。
教育内容の特色 通常のX線を用いた高精度放射線治療を習得するコースは多くあったが、本コースのように、炭素線、陽子線すべてを網羅したコースは初めての試みであり、東北地方での粒子線治療の実施体制が大幅に改善されることが期待される。
修了要件・履修方法 所定の授業科目及び実習の単位を含め、合計30単位以上履修すること。
また、学位論文を提出し、審査に合格すること。
<主な履修科目>
・臨床腫瘍学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
・放射線腫瘍学トレーニングⅠ・Ⅱ・Ⅲ
・陽子線治療トレーニング
・重粒子線治療トレーニング
募集人数 3名
連絡先 山形大学医学部放射線腫瘍学講座
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/Radiology/rttop.htm
TEL:023-628-5386
分子標的治療エキスパート医師育成コース
研究科・専攻等 大学院医学系研究医学専攻がんプロフェッショナル養成専修
養成する専門分野 腫瘍内科
修業年限 4年
履修対象者 医師
養成する人材像 分子標的治療の専門的知識と治療経験を積み、がん治療の拠点病院で多職種医療チームを率いて分子標的治療を中心としたがん薬物療法の施行とマネージングを指導的立場で行う腫瘍内科医を養成する。
教育内容の特色 がん薬物療法専門医資格の取得に必要な教育とともに、薬物療法特に分子標的治療施行中の患者マネージメントや緩和医療に関する内容も網羅したコースであることが特徴である。
修了要件・履修方法 所定の授業科目及び実習の単位を含め、合計30単位以上履修すること。
また、学位論文を提出し、審査に合格すること。
<主な履修科目>
・臨床腫瘍学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
・臨床腫瘍学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
・緩和ケア実習
・チーム医療実習
募集人数 3名
連絡先 山形大学医学部放射線腫瘍学講座(吉岡まで)
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/Med_Oncology/Med_Oncology.html
TEL:023-628-5224
E-Mail:ytakashi@med.id.yamagata-u.ac.jp
山形大学医学部附属病院外来化学療法室にて
山形大学医学部附属病院外来化学療法室にて
がん口腔ケア歯科衛生士養成コース
研究科・専攻等 大学院医学系研究科生命環境医科学専攻(博士前期課程)
養成する専門分野 口腔ケア
修業年限 2年
履修対象者 歯科衛生士
養成する人材像 がん化学療法、放射線療法そして手術療法などに関する基盤的知識を講義するとともに、口腔ケアに関する理論と実践を教育することにより、がん患者に対して効果的な口腔ケアが実践できる歯科衛生士を養成する。
教育内容の特色 山形大学医学部付属病院での手術室、病棟、外来実習を経験することにより、がん治療の実際の経験を通して口腔ケアの重要性を認識する。チームの一員として地域に根ざしたがん口腔ケアの教育を地域を挙げて行う革新的な教育コースである。
修了要件・履修方法 所定の授業科目及び実習の単位を含め、合計30単位以上履修すること。
また、学位論文を提出し、審査に合格すること。
<主な履修科目>
・臨床腫瘍学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
・病棟実習トレーニング
・手術室研修
・歯科口腔外科外来実習トレーニング
・口腔ケアトレーニング
募集人数 3名
連絡先 山形大学医学部歯科口腔・形成外科学講座
http://www.yamagata-u.net/
TEL:023-628-5413
E-Mail:sika@mws.id.yamagata-u.ac.jp