地域がん医療に貢献する
がん専門医療人に重点を置くコース

次世代粒子線治療エキスパート医師養成コース

研究科・専攻・専修名 山形大学大学院医学系研究科 医学専攻 がんプロフェッショナル養成専修
養成する専門分野 放射線治療
修業年限 4年
履修対象者 博士課程入学者(医師)
担当教員 放射線医学講座(放射線腫瘍学分野)教授 根本 建二
養成する人材像 急速に普及しつつある一方で、使いこなせる人員が大幅に不足している、重粒子線・陽子線・中性子捕捉などの粒子線治療を使いこなしつつ小児から高齢者までの全ライフステージに対応できるがん医療の中核を担うがん医療、放射線治療のリーダーを養成する。
教育内容の特色等 次世代放射線治療である粒子線を習得しつつ、小児がん、希少がん、高齢者のがん治療にも対応出来る今までに無かった放射線治療の専門家を育成する。
希少がんや小児がんなどの習得が難しいものは、東北がんネットワークの持つ他施設TVカンファレンスシステムを活用する。
修了要件・履修科目等

【修了要件】
所定の授業科目及び実習の単位を含め、合計30単位以上履修すること。
また、学位論文を提出し審査に合格すること。

【主な履修科目】

  • 臨床腫瘍学特論Ⅰ
  • 臨床腫瘍学特論Ⅱ
  • 臨床腫瘍学特論Ⅲ
    (※インターネット講義ITSU)
  • 放射線腫瘍学トレーニングⅠ
  • 放射線腫瘍学トレーニングⅡ
  • 放射線腫瘍学トレーニングⅢ
  • 粒子線治療トレーニング

研究内容・指導内容

【研究内容】

  • 粒子線治療装置を含む先端医療装置の広域利用
  • 粒子線(炭素線)の相対適応,絶対適応
  • 化学療法と粒子線の併用療法
  • X線と粒子線の併用療法
  • 定位放射線治療と粒子線治療の成績比較
  • 放射線治療のオーダーメード化
  • スループット向上に向けたセットアップルームの設計
  • 手術と高精度放射線治療の併用

【指導内容】

  • 炭素線治療の適応決定,治療計画,治療中の診察,治療後のfollow-up
  • スキャンニング,呼吸同期・追尾など先駆的照射方法
  • 陽子線治療の適応決定,治療計画,治療中の診察,治療後のfollow-up
  • 高精度放射線治療の計画,実施
  • 小線源治療の計画,実施,手技
  • 内部照射の計画,実施,手技
  • 各種がんの画像診断法
  • がん患者の病棟管理
  • 化学放射線療法の実施
  • 緩和医療

募集人数 2名
連絡先 山形大学大学院医学系研究科 放射線医学講座
放射線腫瘍学分野
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/Radiology/rttop.htm
TEL:023-628-5386 / FAX:023-628-5389

臨床腫瘍次世代専門医養成コース

研究科・専攻・専修名 山形大学大学院医学系研究科 医学専攻 がんプロフェッショナル養成専修
養成する専門分野 腫瘍内科
修業年限 4年
履修対象者 医学系研究科医学専攻 一般入学者
担当教員 内科学第二講座(臨床腫瘍学)教授 吉岡 孝志
養成する人材像 ・がん治療の拠点病院で多職種医療チームを率いてがん薬物療法の施行とマネージングを指導的立場で行える、稀少がん、個別化医療、遺伝性腫瘍の診断・治療を臓器横断的にでき、ライフステージごとの多様なニーズにも対応できる臨床腫瘍医。
・がんゲノム医療やトランスレーショナルリサーチについて理解し、遂行できる研究マインドを有する臨床腫瘍医を養成する。
教育内容の特色等 ・次世代のがん医療従事者を養成する講義や実習を含んでおり、病棟・外来並び外来化学療法室で症例経験を積み症例実習の中で、希少がん・難治がんの症例の経験・ゲノム医療に関する経験を積むことが可能である
・ゲノム医療、稀少がん、難治がん、小児がん、ライフステージに関する講義やカンファランスが入る。
修了要件・履修科目等

【修了要件】
所定の授業科目及び実習の単位を含め、合計30単位以上履修すること。
また、学位論文を提出し審査に合格すること。

【主な履修科目】

  • 臨床腫瘍学特論Ⅰ
  • 臨床腫瘍学特論Ⅱ
  • 臨床腫瘍学特論Ⅲ
  • 臨床腫瘍学実習Ⅰ
  • 臨床腫瘍学実習Ⅱ

研究内容・指導内容

【研究内容】

  • 分子標的治療薬の作用機序・副作用発現メカニズムの解明
  • 新規分子標的治療の標的分子に関する研究
  • ゲノムがん医療の展開に関する研究
  • 稀少がんに対する新規治療法の開発に関する研究
  • 分子標的薬と抗がん剤併用療法の開発
  • 新しい集学的治療法(抗がん剤・分子標的治療薬・放射線及び粒子線治療との併用)の開発に関する研究
  • 分子標的薬の適応に対する分子マーカーに関する研究
  • 分子標的治療の新しい効果評価方法の開発

【指導内容】

  • 炭素線治療の適応決定,治療計画,治療中の診察,治療後のfollow-up
  • スキャンニング,呼吸同期・追尾など先駆的照射方法
  • 陽子線治療の適応決定,治療計画,治療中の診察,治療後のfollow-up
  • 高精度放射線治療の計画,実施
  • 小線源治療の計画,実施,手技
  • 内部照射の計画,実施,手技
  • 各種がんの画像診断法
  • がん患者の病棟管理
  • 化学放射線療法の実施
  • 緩和医療

募集人数 4名
連絡先 山形大学大学院医学系研究科 内科学第二講座 臨床腫瘍学分野
http://www.id.yamagatau.ac.jp/
Med_Oncology/
Med_Oncology.html

E-Mail:
ytakashi@med.id.yamagata-u.ac.jp
TEL:023-628-5386 / FAX:023-628-5389