TOP > 研究業績

研究業績

T.原著論文 (総覧)
1 Masanori Fujii, Kazuo Ohwada, Junichi Fujii: Model of 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-trahydropyridine
(MPTP)-induced unilateral Parkinson's disease in monkeys. Bulletin of Yamagata University
(Medical Science),2009;.27(2):119-133
2 M.Hata,T.Ito,K.Ohwada:Kinetic analysis of apolipoproteins in postprandial hypertriglyceridaemia rabbits. Laboratory Animals, 2009,43:174-181
3 Y.Mitsuguchi,T.Ito,K.Ohwada:Pathologic Findings in Rabbit Models of Hereditary Hypertriglyceridemia and Hereditary Postprandial Hypertriglyceridemia. Comp. Med. 2008;58(5):465-480
4 T.Kawai,T.Ito,K.Ohwada,Y.Mera,M.Matsushita,H.Tomoike:Hereditary Postprandial Hypertriglyceridemic Rabbit Exhibits Insulin Resistance and Central Obesity. A Novel Model of Metabolic Syndrome. Arteriorscler.Thromb.Vasc.Biol.2006;26:2752-2757
5 T.Shimoda, A.Ishihata, T.Aita, M.Kaga, T.Ito, K.Ohwada, H.Tomoike, Y.Katano, Progression of severe atherosclerosis and increased arterial pulse pressure in the newly developed heritable mixed hyperlipidemic rabbits. Clin.Exp.Pharm.Physiol.2006; 33: 221-226
6 T.Shimoda, A.Ishihata, T.Ito, K.Ohwada, T.Aita, M.Kaga, Y.Katano: Progression of Atherosclerosis and Femoral Arterial Blood Pressure In Heritable Hypertriglyceridemic Rabbits. Yamagata Med J, 2005;23(1): 23-32
7 伊藤恒賢,大和田一雄,友池仁暢:実験技術,食後高トリグリセリド血症(PHT)家兎の開発経緯と生活習慣病モデルとしての有用性. 日薬理誌 2005;125(5): 301−306
8 K.Katahira, K.Ohwada:Evaliation of Rearing Activity in Cotton rat. J.Exp.Anim.Tech.2004;39:1-6
9 大和田一雄,朱宮正剛:学校飼育動物の現状−山形県におけるアンケート調査の結果から−.実験動物と環境 2004;23:64-67
10 E.Kamimura,T.Nakashima,M.Ogawa,K.Ohwada,N.Nakagata,:Study of Low-Temperature(4℃)Transport of Mouse two-cell embryos enclosed in oviducts. Comp,Med.2003;53:393-396
11 伊藤恒賢,大和田一雄,友池仁暢 : 食後高トリグリセリド血症家兎(PHT)の特徴―ヒト虚血性心疾患の新しいモデル動物― アニテックス,2003;45:20-26
12 遠藤順子, 大和田一雄 : イヌのケージサイズとストレス‐ホルター心電図を用いたストレス評価の試み. 実験動物と環境 2003; 21:57-59
13 神村栄吉,工藤亜紀,伊藤恒賢,大和田一雄:疾患モデルマウスの体外受精成績.実験動物技術 2003;38:1-6
14 Ichiro Hirai, Koichi Suto, Toshiyuki Moriya, Akira Fuse, Junko Endo, Sadaaki Honma, Kazuo Ohwada, Wataru Kimura, Pig liver Transplantation Using Passive Bypass of Portal Vein and Inferior Vena Cava, Yamagata Med. J 2002;20(2):29-39
15 遠藤順子, 大和田一雄 : イヌのケージサイズとコルチコステロン. 実験動物と環境 2001; 17: 50-51
16 伊藤恒賢,神村栄吉, 大和田一雄 : ラットの異動物種に対する保育能 ―マウス乳仔を用いた基礎的検討―. 実験動物と環境 2001; 17: 52-53
17 K.Katahira, H.Waki,T.Shimizu,K.Ohwada : Recording system of rearing activity in the rat. J.Exp.Anim.Tech. 2000; Vol.35(2): 105-112
18 ピーター・シンガー,大和田一雄(翻訳),飯田宣之(監訳) : 動物の解放,倫理,動物実験. アニテックス 1999; 11: 114-118
19 大和田一雄, 伊藤恒賢:ウサギのケージ内行動の観察 ―在来型ケージとNIH規格の比較―. 実験動物と環境 1997; 5(2): 142-144
20 K.katahira, K.Ohwada:A Hematological characteristics in mongrel dogs with natural microfiralia  infection. J.Exp.Anim.Tech. 1995; Vol.30(1): 1-10
21 K.Ohwada:Group housing in rabbit : Is it really acceptable?. The Proceedings of the Sado symposium on harmonaization of guides for care and use of experimental animals 1997: pp1-5
22 K.Katahira, K.Ohwada:An ambulatory activity recording system using pressure sensors and a  tachometer for the rat. J.Exp.Anim.Tech. 1997; 32(1): 7-14
23 K.Katahira, K.Ohwada:Physiological characteristics of rats under pentobarbital anesthesia J.Exp.Anim.Tech. 1995; 30(1): 31-36
24 片平清昭,大和田一雄 : 血液性状と血清生化学値からみた高蛋白質食品による実験用雑犬の栄養改善. 実験動物技術 1994; Vol.29,No.2: 114-120
25 K.Katahira, K.Ohwada : Growth curve of the body weight, body length and tail length in the Cotton rat (Sigmodon hispidus). Scand.J.Lab.Anim.Sci. 1994; Vol.21,No.4: 151-155
26 K.Ohwada, T.Ito, K.Katahira : Reference values for blood chemistry in the Cotton rat (Sigmodon hispidus). Scand.J.Lab.Anim.Sci. 1994; Vol.21,No.1: 29-31
27 K.Ohwada : A new equation for the calculation of body surface area (BSAs) in Golden Syrian hamsters. Anim.Tech. 1993; Vol.44, No.3: 227-232
28 K.Ohwada,K.Katahira : Indirect measurement for body surface area of Cotton rats. Exp.Anim. 1993; Vol.42,No.4: 635-637
29 K.Ohwada,K.Tamura : Usefulness of alpha 1 acid glycoprotein (α 1-AG) values in screening of pound dogs acquired from animal shelters for experimental use. Exp.Anim. 1993; Vol.42,No.4:627-630
30 K.Katahira,K.Ohwada : Hematological standard values in the Cotton Rat (Sigmodon hispidus). Exp.Anim. 1993; Vol.42,No.4: 653-656
31 片平清昭, 大和田一雄 : Sprague-Dawley系ラットにおける肢誘導心電図と電気的心軸. 実験動物技術 1993; Vol.28, No.1: 1-7
32 K.Ohwada,K.Katahira : Reference values for organ weight,hematology and serum chemistry in the female ferret (Mustela putrius furo). Exp.Anim. 1992; Vol.41,No.4: 135-142
33 大和田一雄 : 卓上型自動pH/血液ガス分析装置(M-238)によるイヌ及びネコ末梢静脈血の血液ガス分析値. 獣医畜産新報 1992; Vol.45,No.6: 503-506
34 大和田一雄 : 会津日本白色種(JW-AIZU)ウサギの主要臓器重量及び血液学的・血液生化学的参照値. アニテックス 1992; Vol.4,No.4:49-57
35 大和田一雄, 本間貞明, 長橋武, 金子英弘 : 細菌性の呼吸器感染症が疑われたフェレットの急性斃死例について. 実験動物技術 1992; Vol.27, No.1: 29-32
36 K.Ohwada : Body surface area in the golden syrian hamster. Exp.Anim. 1992; Vol.41,No.2: 221-224
37 滝口和彦, 大和田一雄 : 次亜塩素酸ナトリウムを用いた塩素添加飲用水のddyマウスに及ぼす影響. 日本実験動物技術者協会東北支部会報 1992; No.23:21-24
38 K.Ohwada : Permanent marking of colored mice using dry ice. Exp.Anim. 1991; Vol.40,No.3: 395-399
39 K.Ohwada : X-ray photography quality control of auto-watering nozzles. Exp.Anim. 1991; Vol.40,No.1: 111-115
40 Y.K.Inoue,K.Kato,K.Ohwada,T.Nobunaga : Combined effect of isoxsuprine hydrochroride on Ether and Pentobarbital sodium anesthesia of Mice. Jpn.J.Vet.Anesth.Surg. 1989; Vol.20,No.3: 65-71
41 K.Ohwada,F.Kitame,K.Sugawara,H.Nishimura,K.Nakamura,M.Homma : Distribution of the antibody to influenza C virus in dogs and pigs in Yamagata prefecture,Japan. Microbiol.Immunol. 1987; Vol.31,No.12: 1173-1180
42 A.Endo,N.Sakai,K.Ohwada : Analysis of diurnal difference in teratogen(Ara-C) susceptibility in mouse embryos by a progressive phase-shift method. Teratogen.Carcinogen.Mutagen. 1987. Vol.7,No.5: 475-482
43 会田弥幸,大和田一雄 : 実験用ネコの内部寄生虫汚染調査 ―山形大学医学部に搬入されたネコを対象として―. 実験動物技術 1987; Vol.22,No1: 48-52
44 K.Ohwada : Improvement of cardiac puncture in mice. Exp.Anim. 1986; Vol.35,No.3: 353-355,
45 石山和敏,滝口和彦,大和田一雄 : 実験用犬のサルモネラ保菌状況 ―山形県における検索成績―. 日本実験動物技術者協会東北支部会報 1986; No.18: 22-24
46 K.Ohwada,F.Kitame,M.Homma. : Experimental infection of dogs with type C influenza virus. Microbiol.Immunol. 1986; Vol.30, No.5: 451-460
47 K.Takiguchi, K.Ohwada : Hygienic effect of periodical draining from autowatering piping for laboratory animal breeding. Exp.Anim. 1986; Vol.35, No.2: 199-202
48 H.Inoue,S.Horio,S.Ida,M.Ichinose,T.Takishima,K.Ohwada, M.Homma : Changes in bronchial reactivity to acetylcholine with type C influenza virus in dogs. Am.Rev.Resp.Dis. 1986; Vol.133, No.3; 367-371
49 加藤清, 滝口和彦, 大和田一雄 : 山形県におけるイヌのトキソプラズマ抗体保有状況. 日本実験動物技術者協会東北支部会報 1984; No.17: 25-29
50 F.kitame, K.Sugawara, K.Ohwada, M.Homma : Proteolytic activation of hemolysis and fusion by influenza C virus. Archives of virology 1982; Vol.73: 357-361
51 大和田一雄,滝口和彦 : マウスにおける絶食前後の体重変動及び飼料摂取量・摂水量の変動について. 飼育と管理 1981; Vol.2, No.2: 44-48
52 丹野憲義, 粟野清一,大和田一雄 : マウス尾静脈注射用保定器の考案. 実験動物技術 1980; Vol.15, No.1: 27-29
53 大和田一雄,長橋武 : ヌードマウス(BALB/c nu/nu)の膣垢像の観察について. 日本実験動物技術者協会東北支部会報 1979; No.11: 30-33
54 佐久間是行, 菊地通子, 大和田一雄, 松田幸久, 信永利馬 : 東北6県におけるBrucellacanisによるイヌの汚染状況 ―1977年の調査―. 日本獣医師会雑誌 1979; Vol.32, No.4: 199-202
55 大和田一雄, 長橋武, 本間貞明, 会田弥幸, 信永利馬 : 山形大学医学部動物センターに搬入された犬のBrucella Canis抗体保有状況について(中間報告). 山形実験動物 1978; No.1: 21-22
56 信永利馬, 菊地通子, 大和田一雄, 中村勝美 : WCS系マウス(4日性周期)の膣垢像の経時的変化. 実験動物技術 1978; Vol.13, No.2: 73-79
57 斉藤奨, 大和田一雄 : イヌ糸状虫感染イヌ血清のイヌ糸状虫成虫粗抗原による寒天内二重拡散法の検討 (Immuno-difusion tests on the sera of dogs with the extract of Dirofilaria immitis adult). 寄生虫学雑誌 1977; Vol.26,No.2, (補): 79
58 斉藤奨, 大和田一雄 : 盛岡市のカワニナから検出した短尾セルカリアについて(Amicrocercous cercaria in Semisulcospira sp. in Morioka city, Iwate Prefecture). 寄生虫学雑誌 1977; Vol.26, (増): 48
▲上へ戻る

U.著書 (総覧)
1 鍵山直子,大和田一雄,國田智,久原孝俊,黒澤努:実験動物の管理と使用に関する指針(翻訳:Guide for the Care and Use of Laboratory Animals, Eight Edition),監訳:社団法人日本実験動物学会,東京,アドスリー,2011,5
2 大和田一雄,笠井一弘:アニマルマネージメントU 管理者のための動物福祉実践マニュアル,大和田一雄監修、笠井一弘著,東京,アドスリー,2009,10
3 大和田一雄:NIH建築デザイン政策と指針, 日本実験動物環境研究会編,東京,アドスリー,2009,5
4 大和田一雄 : 実験動物飼育管理学, 笠井憲雪,吉川泰弘,安居院高志編,現代実験動物学,東京, 朝倉書店,2009:50-64(?)
5 大和田一雄:NIH建築デザイン政策と指針(2)(NIH Design Policy and Guidelines, November 2003 Edition 翻訳資料),実験動物と環境,Vol.16(2) 2008(10),145-173.
6 大和田一雄:NIH建築デザイン政策と指針(2)(NIH Design Policy and Guidelines, November 2003 Edition 翻訳資料),実験動物と環境,Vol. 16(1) 2008(4),69-95.
7 大和田一雄:NIH建築デザイン政策と指針(2)(NIH Design Policy and Guidelines, November 2003 Edition 翻訳資料),実験動物と環境,Vol. 15(2) 2007(10),137-180.
8 大和田一雄,笠井一弘:アニマルマネージメント 動物管理・実験技術と最新ガイドラインの運用,大和田一雄監修、笠井一弘著,東京,アドスリー,2007,7
9 大和田一雄:実験動物の技術と応用−入門編−,(社)日本実験動物協会(鍵山直子,大和田一雄,八神健一,松本清司)編,東京,アドスリー,2004,5
10 大和田一雄:実験動物の技術と応用−実践編−,(社)日本実験動物協会(鍵山直子,大和田一雄,八神健一,松本清司)編,東京,アドスリー,2004,5
11 大和田一雄 : 労働安全衛生の基本的原則, 黒沢努, 佐藤浩監修, 実験動物の管理と使用に関する労働安全衛生指針, 東京, アドスリー, 2002, 110-128
12 大和田一雄(共著) : 獣医看護学辞典,日本獣医看護学会監修,学窓社,2001年
13 大和田一雄 : ラット・マウスの血液学的・血清(漿)生化学的正常値, 細胞工学別冊, 臓器移植実験マニュアル, 秀潤社, 1999: 212-213
14 大和田一雄 : 実験動物飼育管理学, 前島一淑,笠井憲雪編,最新実験動物学,東京, 朝倉書店,1998:50-64
15 佐藤武雄,高橋茂樹,大和田一雄 : ネコの脈絡膜血管造影法, 日本実験動物技術者協会編,図解・実験動物技術集U, 東京, アドスリー,1998: 174-175
16 佐藤武雄,高橋茂樹,大和田一雄 : ネコの眼底写真および蛍光眼底写真撮影法, 日本実験動物技術者協会編,図解・実験動物技術集U, 東京, アドスリー,1998: 176-177
17 大和田一雄 : 実験動物および動物実験に関する法規・基準等, 平成8年度国立大学動物実験施設等教職員高度技術研修テキスト, 名古屋大学医学部附属動物実験施設編,1996: pp148-158
18 大和田一雄 : マイクロサージェリー, バイオメディカルリサーチマニュアル ―動物実験法― 第X巻, 前島一淑,長澤弘監修,信永利馬編,養賢堂, 1995: pp29-44
19 伊藤勇夫,大和田一雄 : 試料投与,試料採取(共著), バイオメディカルリサーチマニュアル ―動物実験法― 第V巻,前島一淑,長澤弘監修,伊藤勇夫,局博一編,養賢堂,1994: pp1-42
20 齋藤學,大和田一雄,和秀雄 : 疾病の症状と治療,臨床症状と類症鑑別,哺乳類(共著), 小型動物の臨床 ―哺乳類,爬虫類,両生類―,信永利馬,高橋和明,齋藤學,浅倉繁春編,ソフトサイエンス社,1994: pp101-107
21 大和田一雄 : マウス・ラットの手技技術, 図解・実験動物技術集,日本実験動物技術者協会編,アドスリー,1992: pp22-131
22 大和田一雄 : 安楽死と死体の処理, 続医薬品の開発第23巻, 実験動物の飼育と利用, 輿水馨, 前島一 淑編, 広川書店, 1991: pp297-306
23 大和田一雄 : 実験動物の利用, 獣医実験動物学, 光岡知足他編,川島書店, 1990: pp.243-297
24 大和田一雄 : 実験動物学事典(実験手技の項),藤原公策他編, 朝倉書店,1989
25 信永利馬, 大和田一雄 : 実験小動物の麻酔法, 獣医麻酔の基礎と実際, 獣医麻酔外科学会編, 学窓社, 1989: pp.343-361
26 信永利馬, 鈴木継美,大和田一雄, 佐藤洋 : 動物の繁殖力に対するメチル水銀・セレンの作用, 水銀とセレン,鈴木継美他編, 篠原出版, 1977: pp235-245
▲上へ戻る

V.総説・解説・報告書・プロシーディング等
1. 佐加良英治,大和田一雄:動物実験と労働安全衛生.実験動物と環境.2006;14(2):123-124
2. 大和田一雄:スペシャルゼミナール(1)実験動物技術師の仕事と資格−養成課程と認定制度の概要−.アニマル・ナーシング 2006;11(1):68-74
3. 大和田一雄 : 異種移植動物飼育環境の問題点−飼育技術者−,実験動物と環境 2003;21:12−13
4. 大和田一雄 : 実験動物の飼養及び保管等に関する基準の改正を考える―実験動物の健康及び保持―.飼育及び保管の担当者, 実験動物と環境 2002; 20: 146-148
5. 大和田一雄 : 実験動物関係者の労働安全衛生を考える ―労働安全衛生計画の基本的原則―.実験動物と環境 2002; 20: 129-133
6. 大和田一雄,朱宮正剛 : 21世紀の実験動物施設を考える ―省エネと実験動物のwell-beingをもとめて―.実験動物と環境 2001; 18: 96-97
7. 大和田一雄,北林厚生,朱宮正剛 : 21世紀の実験動物環境を展望する ―20世紀産物のリニューアルと21世紀のニューコンセプト―. 実験動物と環境 2001; 17: 1-3
8. 大和田一雄 : 実験動物科学における研究者と技術者の関わり ―実験動物技術フォーラムのめざすもの―. アニテックス 2001; 13: 3-6
9. 大和田一雄 : 英国における動物実験の規制. 日本実験動物技術者協会東北支部会報 2000; No.32: 8-42
10. 大和田一雄 : 「動管法」問題:実技協はどう対応するか. 実験動物と環境 1999; 7: 49-51
11. 大和田一雄 : フェレットの繁殖. 畜産の研究 1998; 52(1): 223-229
12. K.Ohwada : Group housing in rabbit : Is it really acceptable ? The Proceedings of the Sado symposium on harmonaization of guides for care and use of experimental animals 1997: pp1-5
13. K.Ohwada : Unglata; A study on the Cage size for experimental Animals, (1996), Report on The results-1993 Grant in Aid Co-Operative Research (B)(No.05354042), 1994〜1995 Grant in Aid for Co-Operative Research (A)(No.06304055), 1995 International Scientific Program, Ministry of Education: pp44-49
14. 大和田一雄 : 実験動物技術者に必要な発生工学技術 ―トランスジェニック動物の作成から飼育までの支援技術として―. 実技協東北支部報 1994; No.26; 9-18
15. 大和田一雄 : 自動給水装置の問題点(その1). 日動協会報 1991; No.37: pp4-5
16. 大和田一雄 : 英国の見習い技術者から学ぶもの. 日本実験動物技術者協会東北支部会報 1990; No.22: 27-32
17. 大和田一雄 : 自動給水方式における飲水の問題点. アニテックス 1989; Vol.1, No.3: 10-14
18. 本間貞明, 長橋武, 滝口和彦, 大和田一雄 : 山形大学医学部附属動物実験施設に於けるマウスの飼育管理. 日本実験動物技術者協会東北支部会報 1986; No.18: 16-21
19. 信永利馬, 安藤隆一郎, 大和田一雄 : 図解薬物投与法7, イヌ,ネコにおける手技U. ラボラトリーアニマル 1986; Vol.3, No.3: 54-59
20. 信永利馬, 安藤隆一郎, 大和田一雄 : 図解薬物投与法6, イヌ,ネコにおける手技T. ラボラトリーアニマル 1986; Vol.3, No.2: 47-50
21. 信永利馬, 大和田一雄, 安藤隆一郎 : 図解薬物投与法3 (9.静脈内投与,10.リンパ管内投与,11.脳室内投与,12.気管内投与法, 13.吸入投与法, 14.新生仔の投与). ラボラトリーアニマル 1985; Vol.2, No.4: 50-54
22. 信永利馬, 大和田一雄 : 図解薬物投与法2 (7.筋肉内投与法,8.静脈内投与法). ラボラトリーアニマル 1985; Vol.2, No.3: 46-50
23. 長橋武, 会田弥幸,本間貞明,滝口和彦,大和田一雄 : 山形大学医学部附属動物実験施設に於ける実験用犬の飼育管理 ―収集から供給まで―. 日本実験動物技術者協会東北支部会報 1984; No.17: 6-11
24. 本間貞明, 大和田 一雄 : 山形大学医学部動物センターに於ける2,3の環境因子の測定結果について ―特に空中落下菌検査および停電時のNH3ガス濃度・温度・湿度の変動について―. 日本実験動物技術者協会東北支部会報 1979; No.11: 24-29
25. 長橋武, 井上弘, 本間貞明, 会田弥幸, 大和田一雄 : 山形大学医学部動物センターの概要. 日本実験動物技術者協会東北支部会報 1978; No.10: 18-30
26. 信永利馬, 菊地通子, 佐久間是行, 大和田一雄 : 小実験動物の飼育管理. 山形実験動物 1978; Vol.1: 1-9
27. 大和田一雄, 信永利馬, 石田名香雄 : 医学研究用サル類の供給と使用に関するWHOの報告と勧告について. 実験動物技術 1977; Vol.12, No.1: 44-58
28. 信永利馬, 大和田一雄 : 肝炎研究のためのチンパンジー飼育に関する検討. B型肝炎ワクチンの開発に関する特別研究(科学技術庁研究調整局) 1976: pp122-128
▲上へ戻る

W.口頭発表
学会報告
1 福田直樹,伊藤恒賢,大和田一雄 : 食後高トリグリセリド血症家兎における脂質代謝関連遺伝子発現の特徴 . 第 57 回 日本実験動物学会総会,京都市 ; 2010 年 5 月
2 尾ア順子,江口啓意,伊藤恒賢,大和田一雄 : ラットの盲腸蟯虫駆除の試み −イベルメクチン単回塗布 法による効果− . 平成 22 年度日本実験動物技術者協会奥羽・東北合同支部会,仙台市, 2010 年 12 月
3 伊藤恒賢,伊丹英昭,大和田一雄 : マウス性周期同定における膣インピーダンス法の問題点 . 平成 22 年度日本実験動物技術者協会奥羽・東北合同支部会,仙台市, 19-19 , 2010 年 12 月
4 伊藤恒賢,野田純也,青沼宇倫,大和田一雄,分娩遅延胚移植仮親マウスに対するオキシトシン製剤の応用−自然交配妊娠マウスへの基礎的検討−,平成21年度日本実験動物技術者協会奥羽・東北合同支部会、秋田市,2009,11
5 佐々木悠圭,伊藤恒賢,関敬之,内田弥生,大和田一雄,マウスの排卵数に及ぼすケージ内飼育密度の影響,第43回日本実験動物技術者協会総会,新潟市,2009,10
6 伊藤恒賢,関敬之,佐々木悠圭,内田弥生,大和田一雄,雌マウスにおけるPMSG投与後の排卵時期に関する研究−BMY法を中心とした排卵時期と交尾刺激の影響−,第43回日本実験動物技術者協会総会,新潟市,2009,10
7 関敬之,伊藤恒賢,佐々木悠圭,内田弥生,大和田一雄,BMY法を用いた偽妊娠雌マウスの繁殖能に関する基礎的検討,第43回日本実験動物技術者協会総会,新潟市,2009,10
8 伊藤恒賢,関 敬之,佐々木悠圭,秦 正充,大和田一雄,マウスの排卵率は交尾刺激によって向上する−マウスの新規繁殖法(BMY法)と発情前期雌を用いた従来法の排卵成績から−,第56回日本実験動物学会総会,大宮市,2009,5
9 福田直樹,伊藤恒賢,大和田一雄,食後高トリグリセリド血症家兎におけるレニン-アンジオテンシン系の検討,第56回日本実験動物学会総会,大宮市,2009,5
10 福田直樹、伊藤恒賢、大和田一雄,食後高トリグリセリド血症家兎(PHT)におけるアンジオテンシンTおよびアンジオテンシンUの動態,平成20年度日本実験動物技術者協会奥羽・東北合同支部会,山形市,2008,10
11 伊藤恒賢、秦 正充、大竹貴久、関 敬之、佐々木悠圭、大和田一雄,交尾刺激は雌マウスの排卵に影響する−BMY法と従来法における排卵率の比較から−,平成20年度日本実験動物技術者協会奥羽・東北合同支部会,山形市,2008,10
12 尾ア順子,鈴木菜絵子,伊藤恒賢,大和田一雄.ラットの盲腸蟯虫に対するイベルメクチン皮下短回投与の効果,日本実験動物科学技術2008,仙台市,2008,5
13 伊藤恒賢,秦正充,大竹貴久,大木絵里,白井優子,武田千穂,大和田一雄.PMSGを短回投与した雌マウスは良好な発情j誘起と繁殖能を示す.日本実験動物科学技術2008,仙台市,2008,5
14 遺伝性食後高トリグリセリド血症家兎(PHT)の血圧に関する研究 1.テレメトリー法を用いたPHTにおける循環器系パラメーターの日内変動観察,日本実験動物科学技術2008,仙台市,2008,5
15 片平清昭,遊佐寿恵,勝田新一郎,福田直樹,伊藤恒賢,大和田一雄:ラット用テレメトリー送信器を用いたウサギの血圧測定,日本実験動物科学技術2008,仙台市,2008,5
16 福田直樹,伊藤恒賢,遊佐寿恵,片平清昭,大和田一雄,遺伝性食後高トリグリセリド血症家兎(PHT)の血圧に関する研究 1.テレメトリー法を用いたPHTにおける循環器系パラメータの日内変動観察,日本実験動物科学技術2008,仙台市,2008,5
17 尾崎順子,鈴木菜絵子,伊藤恒賢,大和田一雄:ラットの盲腸蟯虫駆除の試み −イベルメクチン皮下投与の効果−,平成19年度日本実験動物技術者協会奥羽・東北合同支部会,仙台市,2007,
18 伊藤恒賢,安達優真,秦 正充,大和田一雄:山形大学における疾患モデルウサギ精子の凍結保存に関する基礎的検討−精子の採取、凍結保存及び人工授精の方法について−,平成19年度日本実験動物技術者協会奥羽・東北合同支部会,仙台市,2007,
19 河合 孝,伊藤恒賢,大和田一雄,米良泰子,松下睦佳,友池仁暢:新規メタボリックシンドロームモデルとしての食後高TG(PHT)ウサギのインスリン抵抗性と中心性肥満,第21回日本糖尿病動物研究会年次学術集会,2007,
20 前田律子,斯波真理子,伊藤恒賢,大和田一雄,安部映里,大平望都,神野桂子,桑原大幹,南野直人,友池仁暢:高中性脂肪血症モデルウサギの内蔵脂肪組織および血清のプロテオーム解析,(2006),第38回日本動脈硬化学会学術総会プログラム・抄録集,東京,251-251,平成18年7月13-14日
21 河合 孝,伊藤恒賢,大和田一雄,米良泰子,松下睦佳,友池仁暢:新規メタボリックシンドロームモデルとしての食後高TG(PHT)ウサギのインスリン抵抗性と中心性肥満,フォーラム(第2回)「医療に貢献する実験用ウサギの新しい展開」,2006,弘前市
22 福田直樹,伊藤恒賢,片平清昭,大和田一雄:食後高TG血症(PHT)家兎のテレメトリーによる心拍数解析と血圧,第24回日本疾患モデル学会総会,つくば市,2007,8
23 伊藤恒賢,尾ア順子,本間貞明,長橋 武,秦 正充,三ツ口陽子,鈴木浩美,神村栄吉,大和田一雄:帝王切開術を用いたMouse hepatitis virusとMycoplasma pulmonis 混合感染マウスの移送時清浄化の試み,平成17年度奥羽・東北合同支部会,福島市,2005,12
24 三ツ口陽子,伊藤恒賢,大和田一雄,斯波真理子,友池仁暢:食後高トリグリセリド血症家兎(PHT)の基本的病理組織像の特性検索,第39回日本実験動物技術者協会総会,金沢市,2005,6
25 秦 正充,伊藤恒賢,大和田一雄,斯波真理子,友池仁暢:食後高トリグリセリド血症家兎(PHT)の食後におけるアポ蛋白プロファイル,第39回日本実験動物技術者協会総会,金沢市,2005,6
26 伊藤恒賢,秦 正充,三ツ口陽子,大和田一雄,斯波真理子,友池仁暢:食後高トリグリセリド血症家兎(PHT)の平時における血中脂質とインスリン動態,第39回日本実験動物技術者協会総会,金沢市,2005,6
27 三ツ口陽子,伊藤恒賢,大和田一雄:当施設で開発した遺伝性高TG血症家兎(TGH)の病理組織学的基本特性の検索,第52回日本実験動物学会総会,東京,2005,5
28 秦 正充,伊藤恒賢,大和田一雄:ジャンガリアンハムスターにおける体外受精条件に関する基礎的検討,第52回日本実験動物学会総会,東京,2005,5
29 伊藤恒賢,秦 正充,三ツ口陽子,大和田一雄,友池仁暢:食後高トリグリセリド血症(PHT)家兎におけるTG産生と分解に関する基礎的検討,第52回日本実験動物学会総会,東京,2005,5
30 下田智子,會田智美,利 美賀子,友池仁暢,伊藤恒賢,大和田一雄,石幡 明,片野由美:遺伝性高中性脂肪血症家兎における循環動態および加齢変化 (Effects of aging and elevated level of plasma triglyceride on blood),第78回日本薬理学会年会,横浜,2005,3
31 秦 正充,伊藤恒賢,大和田一雄:パルプ加工材(紙つぶ型人工酸化触媒)によるケージ内アンモニア濃度抑制効果および気体成分の定性分析,日本実験動物技術者協会平成16年度奥羽・東北合同支部会,仙台,2004,11
32 伊藤恒賢,秦 正充,三ツ口陽子,大和田一雄,友池仁暢:食後高トリグリセリド血症家兎(PHT)の平時TG値,日本実験動物技術者協会平成16年度奥羽・東北合同支部会講,仙台,2004,11
33 前田律子,斯波真理子,伊藤恒賢,大和田一雄,大平望都,安部映里,神野桂子,桑原大幹,南野直人,友池仁暢:高中性脂肪血症モデルウサギのプロテオーム解析,(2004),第36回日本動脈硬化学会学術総会プログラム・抄録集,福岡市,202-202,平成16年7月23日
34 秦正充,伊藤恒賢,大和田一雄:パルプ加工材(紙つぶ型人工酸化触媒)によるケージ内アンモニア濃度抑制効果, 日本実験動物科学・技術ながさき2004(第51回日本実験動物学会),長崎市,2004,5月 
35 伊藤恒賢,大和田一雄,遠藤順子,神村栄吉,友池仁暢:脂質代謝異常の新しいモデル動物としての食後高トリグリセリド血症家兎,フォーラム「医療に貢献する実験用ウサギの新しい展開」,2003,佐賀市
36 伊藤恒賢,大和田一雄:食後高トリグリセリド血症家兎(PHT)のインシュリン抵抗性,日本実験動物科学・技術ながさき2004(第38回日本実験動物技術者協会総会),長崎市,2004,5月 
37 大和田一雄,朱宮正剛:学校飼育動物の現状−山形県におけるアンケート調査結果から−,第29回日本実験動物環境研究会(平成15年度総会),東京都文京区,2003,11月
38 遠藤順子,本間貞明,伊藤恒賢,神村栄吉,大和田一雄 : イヌのケージサイズとストレス‐4.コルチコステロン・コルチゾールの経時的推移,第37回日本実験動物技術者協会総会,さいたま市,2003,5月
39 伊藤恒賢,大和田一雄,遠藤順子,神村栄吉,友池仁暢 : 食後高トリグリセリド血症家兎の脂質代謝能,第37回日本実験動物技術者協会総会,さいたま市,2003,5月
40 神村栄吉,本間貞明,大和田一雄 : 自動走行洗浄飼育装置の音に関する調査研究‐(1)音の発生源と音量の基礎調査‐,第37回日本実験動物技術者協会総会,さいたま市,2003,5月
41 工藤亜紀,神村栄吉,伊藤恒賢,遠藤順子,大和田一雄 : 山形大学(医)附属動物実験施設におけるミュータントマウスの体外受精成績,第37回日本実験動物技術者協会総会,さいたま市,2003,5月
42 大和田一雄 : ケージサイズその後‐特にイヌの大型ケージとケンネルにおけるストレス評価の試み‐,実験動物研究会(テーマ:実験動物と動物実験‐飼育並びに実験環境の国際比較‐),新潟,2003,3月
43 大和田一雄:山形大学における実験動物教育システムの現況,実験動物教育システムに関する研究会,新潟,2002,10月
44 遠藤順子,若佐谷敦,本間貞明,大和田一雄 : イヌのケージサイズとストレス,平成14年度日本実験動物技術者協会東北・奥羽合同支部会,盛岡,2002,10月
45 伊藤恒賢,金 晶恵,大和田一雄,友池仁暢 : 食後高脂血症家兎の脂肪負荷試験の試み−脂肪負荷量の検討−,平成14年度日本実験動物技術者協会東北・奥羽合同支部会,盛岡,2002,10月
46 工藤亜紀,神村栄吉,伊藤恒賢,大和田一雄 : 当施設における疾患モデルマウスの体外受精成績,平成14年度日本実験動物技術者協会東北・奥羽合同支部会,盛岡,2002,10月
47 遠藤順子,大和田一雄 : イヌのケージサイズとストレス−ホルター心電図を用いたストレス評価の試み−,第27回日本実験動物環境研究会総会,東京,2002年,11月
48 伊藤恒賢, 大和田一雄, 友池仁暢 : 食後高脂血症家兎における耐糖能と食後TG-月齢差と性差について-, 第36回日本実験動物技術者協会総会, 札幌, 2002年, 6月
49 遠藤順子, 長谷見徹, 橋本匡司, 丸山みゆき, 大和田一雄, 大島誠之助 : 機種及び飼育ケージの違いによるビーグルの血液生化学値の比較, 第36回日本実験動物技術者協会総会, 札幌, 2002年, 6月
50 長谷見徹, 遠藤順子, 原田延行, 大和田一雄, 大島誠之助 : ストレスからみたBeagle用ケージサイズの検討, 第36回日本実験動物技術者協会総会, 札幌, 2002年, 6月
51 神村栄吉, 遠藤順子, 伊藤恒賢, 大和田一雄 : Phosopus sungorusのリンパ球培養細胞における細胞世代時間の検討, 第49回日本実験動物総会, 名古屋, 2002年, 5月
52 伊藤恒賢, 大和田一雄, 友池仁暢 : 食後高トリグリセリド血症家兎の耐糖能, 第49回日本実験動物総会, 名古屋, 2002年, 5月
53 大和田一雄, 伊藤恒賢 : 動物実験施設の臭気レベル, 第49回日本実験動物総会, 名古屋, 2002年, 5月
54 小川真美,神村栄吉,中島竜之,山村綾子,柳田佳代,井出幸恵,高田理恵,金子武人,大和田一雄,中潟直己 : 胚の低温保存に関する研究,第49回日本実験動物総会, 名古屋, 2002年, 5月
55 伊藤恒賢,澤田雄,大和田一雄,友池仁暢 : 食後高トリグリセリド血症家兎の耐糖能, 平成13年度日本実験動物技術者協会東北・奥羽合同支部会, 山形, 2001年, 12月
56 遠藤順子,伊藤恒賢,本間貞明,神村栄吉,大和田一雄 : シマリスの室内繁殖コロニーの確立をめざして−シマリス繁殖経過報告−, 平成13年度日本実験動物技術者協会東北・奥羽合同支部会, 山形, 2001年, 12月
57 神村栄吉,佐々木祐子,大和田一雄 : ジャンガリアンハムスターリンパ球培養細胞における細胞世代時間の検討, 平成13年度日本実験動物技術者協会東北・奥羽合同支部会, 山形, 2001年, 12月
58 伊藤恒賢, 高崎聡, 大和田一雄, 友池仁暢 : 食後高トリグリセリド血症家兎のリポタンパクコレステロール及びトリグリセリド分画, 日本実験動物科学技術大会2001, 横浜 ; 2001年, 5月
59 大和田一雄,神村栄吉 : 動物実験の法規制に関する医学生の意識調査, 日本実験動物科学技術大会2001, 横浜 ; 2001年, 5月
60 神村栄吉, 伊藤恒賢, 遠藤順子, 大和田一雄 : 炭酸ガスインキュベーター外での微小滴培地のpH変化, 日本実験動物科学技術大会2001, 横浜 ; 2001年, 5月
61 遠藤順子, 大和田一雄 : 高脂食長期投与によるシマリスの血清脂質およびリポ蛋白の変動, 日本実験動物科学技術大会2001, 横浜 ; 2001年, 5月
62 遠藤順子,伊藤恒賢,神村栄吉,大和田一雄 : シマリスの脂質代謝特性 ―特性検索の経緯と室内長期飼育経験,第16回北陸実験動物研究会, 富山 ; 2001年,4月
63 遠藤順子, 大和田一雄 : インターフェロン製剤を用いたイヌパルボウイルス感染症の治療例(症例報告), 日本実験動物技術者協会平成12年度東北・奥羽支部合同勉強会, 仙台 ; 2000年, 11月(11日)
64 伊藤恒賢, 本間貞明, 大和田一雄 : 雄マウスのFighting行動と創傷部位の経過観察, 日本実験動物技術者協会平成12年度東北・奥羽支部合同勉強会, 仙台 ; 2000年, 11月(11日)
65 遠藤順子, 大和田一雄 : 犬のケージサイズとコルチコステロン, 第22回実験動物環境研究会総会, 山形 ; 2000年, 10月(21日)
66 伊藤恒賢, 木村和美, 遠藤順子, 神村栄吉, 大和田一雄 : ラットにおける異種動物種哺育の可能性, 第22回実験動物環境研究会総会, 山形 ; 2000年, 10月(21日)
67 伊藤恒賢, 遠藤順子, 長橋武, 鈴木浩美, 本間貞明, 佐藤貞義, 大和田一雄 : 山形大学医学部附属動物実験施設におけるコンピュータ西暦2000年問題の対策について, 第34回日本実験動物技術者協会総会, 横浜 ; 2000年, 6月(6月30〜7月1日)
68 遠藤順子, 大和田一雄 : ジャンガリアンハムスターの注射麻酔法, 第34回日本実験動物技術者協会総会, 横浜 ; 2000年, 6月(6月30日〜7月1日)
69 片平清昭, 勝田新一郎, 和気秀文, 大和田一雄 : 自然発症高血圧ラットの血圧と心拍数の明暗リズム, 第47回日本実験動物学会総会, 徳島 ; 2000年, 5月(21〜23日)
70 大和田一雄,伊藤恒賢,遠藤順子,片平清昭 : パッド型床敷とマウスの行動 ―Environmental Enrichment としての評価―,第46回日本実験動物学会総会,市川 ; 1999年,5月
71 大和田一雄, 遠藤順子, 伊藤恒賢 : シマリスのCETP(コレステロールエステルトランスファープロティン)活性, 第46回日本実験動物学会総会, 市川 ; 1999年, 5月
72 伊藤恒賢, 高崎聡, 張川, 土田英二, 大和田一雄, 友池仁暢 : 継代中に新たに発見した食後高トリグリセリド血症家兎について, 第46回日本実験動物学会総会, 市川 ; 1999年, 5月
73 片平清昭, 勝田新一郎, 大和田一雄 : 自然発症高血圧ラットの立ち上がり行動, 第46回日本実験動物学会総会, 市川 ; 1999年, 5月
74 遠藤順子, 長橋武, 庄司浩美, 本間貞明, 伊藤恒賢, 大和田一雄 : 室内繁殖コロニーの確立をめざしたシマリスの集団飼育ケージの試作, 日本実験動物技術者協会東北支部会, 山形 ; 1999年, 1月
75 伊藤恒賢, 長橋武, 庄司浩美, 本間貞明, 遠藤順子, 大和田一雄 : 遺伝性トリグリセリド血症家兎の脂質変動について, 日本実験動物技術者協会東北支部会, 山形 ; 1999年, 1月
76 庄司浩美, 長橋武, 本間貞明, 遠藤順子, 伊藤恒賢, 大和田一雄 : 微生物モニタリングにおける簡易同定キットの限界と今後の対応, 日本実験動物技術者協会東北支部会, 山形 ; 1999年, 1月
77 大和田一雄 : 「動管法」問題:実技協はどう対応するか, 第16回実験動物環境研究会シンポジウム, 大阪 ; 1998年, 11月
78 大和田一雄 : 注射によるシマリスの鎮静法の比較検討, 平成10年度日本小動物学会(東北), 秋田 ; 1998年, 10月
79 庄司浩美, 大和田一雄, 北目文郎 : 簡易同定キットによるPasteurella pneumotropicaの同定とその問題点, 第32回日本実験動物技術者協会総会シンポジウム, 仙台 ; 1998年, 6月
80 遠藤順子, 伊藤恒賢, 大和田一雄 : 自動給水装置の定時排水効果, 第32回日本実験動物技術者協会総会シンポジウム, 仙台 ; 1998年, 6月
81 長橋武, 伊藤恒賢, 大和田一雄 : 当施設におけるウサギ・イヌ用大型ケージ/自動飼育装置の使用経験, 第32回日本実験動物技術者協会総会, 仙台 ; 1998年, 6月
82 伊藤恒賢, 大和田一雄, 友池仁暢 : TGH-Hetero家兎の絶食に伴う血漿脂質増加について, 第32回日本実験動物技術者協会総会, 仙台 ; 1998年, 6月
83 大和田一雄, 伊藤恒賢, 片平清昭 : マウスに対するEnvironmental Enrichmentの一例とその評価, 第45回日本実験動物学会, 松本 ; 1998年, 5月
84 片平清昭, 勝田新一郎, 大和田一雄 : ラットの立ち上がり行動の評価について, 第45回日本実験動物学会, 松本 ; 1998年, 5月
85 K.Ohwada : Results from a survey of incidents in animal facilities, Joint PALAS-JAEAT International Scientific Conference1(Symposium), Manila;1998年,4月
86 宇野廣, 秋山太一郎, 常井和男, 松岡章夫, 林良博, 岩城隆昌, 大和田一雄, 松田幸久, 倉林譲, 黒澤努, 丸尾幸嗣, 左向敏紀, 二宮博義, 竹内啓, 前島一淑 : イヌシミュ レーターを用いた臨床獣医技術訓練の教育効果の評価, 第11回日本代替法学会, 東京(中野); 1997年, 11月
87 伊藤恒賢, 大和田一雄, 友池仁暢 : WHHL家兎雌の繁殖成績に及ぼす諸要因について ―特に月齢・射精回数・トリグリセライド値の影響―, 第31回日本実験動物技術者協会総会, 松江 ; 1997年, 6月
88 遠藤順子, 大和田一雄 : シマリスのレシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)活性, 第31回日本実験動物技術者協会総会, 松江 ; 1997年, 6月
89 大和田一雄, 伊藤恒賢, 片平清昭 : ウサギのケージ内行動の観察 ―在来型ケージとNIH規格の比較, 第44回日本実験動物学会, 大宮; 1997年, 5月
90 片平清昭, 大和田一雄 : ペントバルビタール麻酔後のラットの自発運動量 ―特にWKY系の場合について, 第44回日本実験動物学会, 大宮 ; 1997年, 5月
91 佐藤武雄,山口克宏,山本崇,高橋義徳,高橋茂樹,大和田一雄 : Royal College of Surgeons (RCS)ラット眼底の加齢変化, 第44回日本実験動物学会, 大宮 ; 1997年, 5月
92 伊藤恒賢, 大和田一雄, 山口裕之, 岡崎光代, 友池仁暢 : WHHLより選抜した遺伝性トリグリセライド血症家兎における血漿脂質の特徴について, 第44回日本実験動物学会, 大宮 ; 1997年, 5月
93 大和田一雄 : シマリスのレシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)活性, 第123回日本獣医学会(実験動物医学会), 藤沢 ; 1997年, 4月
94 大和田一雄 : HDL高値を示すシマリス血清の比較解析, 日本小動物獣医学会(東北), 盛岡 ; 1996年, 10月
95 片平清昭, 大和田一雄 : SD系ラットの成長に伴う血圧変動, 第43回日本実験動物学会, 新潟 ; 1996年, 6月
96 大和田一雄, 遠藤順子, 伊藤恒賢, 片平清昭 : HDL高値を示したシマリスの血清を中心とした各種動物の脂質分画像の比較, 新潟 ; 1996年, 6月
97 佐藤武雄, 山口克宏, 山本崇, 高橋義徳, 高橋茂樹, 大和田一雄 : Royal College of Surgeons(RCS)ラットの眼底所見, 第43回日本実験動物学会, 新潟 ; 1996年, 6月
98 K.Ohwada : Group housing in rabbits : Is it really acceptable?, Sado Symposium on Harmonization of Guide for Care and use of Experimental Animals, Niigata ; 1996年, 6月
99 大和田一雄 : ケージサイズ―ブタ・ヒツジ, 第43回日本実験動物学会シンポジウム, 新潟 ; 1996年, 6月
100 大和田一雄 : 実験動物科学における研究者と技術者の関わり,第42回日本実験動物学会シンポジウム,横浜,1995年,5月
101 片平清昭, 大和田一雄, 伊藤恒賢 : 圧力センサーと心拍数計を用いたラットの自発運動記録装置, 第42回日本実験動物学会, 横浜 ; 1995年
102 佐藤武雄, 大和田一雄, 高橋義徳, 村田正敏, 高橋茂樹 : ネコの脈絡膜血管造影 ―インドシアニングリーン蛍光眼底造影―, 第42回日本実験動物学会, 横浜 ; 1995年
103 大和田一雄, 伊藤恒賢, 片平清昭 : スンクスの体表面積, 第42回日本実験動物学会, 横浜 ; 1995年
104 井上吉浩, 長橋武, 伊藤恒賢, 大和田一雄 : 犬糸状虫検査におけるアセトン集中法とELISA法の比較検討, 第28回日本実験動物技術者協会総会, 秋田 ; 1994年
105 伊藤恒賢, 井上吉浩, 長橋武, 本間貞明, 大和田一雄 : マウス・ラットの同腹兄妹1:1連続同居における初回分娩日齢と分娩間隔の系統別比較, 第28回日本実験動物技術者協会総会, 秋田 ; 1994年
106 片平清昭, 大和田一雄, 伊藤恒賢 : コットンラットの成長に伴う体重・体長・尾長・尾長/体長比の推移及び成熟動物の血液生化学値, 第41回日本実験動物学会総会, つくば ; 1994年
107 大和田一雄, 伊藤恒賢, 片平清昭 : シマリスの血液学的・血液生化学的性状, 特に高値を示した脂質成分値について, 第41回日本実験動物学会総会, つくば ; 1994年
108 高橋義徳, 村田正敏, 佐藤武雄, 高橋茂樹, 大和田一雄 : 走査レーザー検眼鏡による実験的脈絡膜新生血管の観察, 第41回日本実験動物学会総会, つくば ; 1994年
109 佐藤武雄, 大和田一雄, 村田正敏, 高橋義徳, 高橋茂樹 : 各種実験動物の眼底撮影方法と眼底所見について, 第41回日本実験動物学会総会, つくば ; 1994年
110 伊藤恒賢, 大和田一雄, 友池仁暢 : WHHLウサギの絶食に伴う血清脂質成分値について, 第41回日本実験動物学会総会, つくば ; 1994年
111 大和田一雄 : 自動飼育装置の普及と実験動物技術者, 日本実験動物技術者協会九州支部研究発表会特別講演 ; 1993年
112 大和田一雄 : 自動給水装置における飲水管理法の一例, 日本実験動物技術者協会関西・東海支部合同京滋地方大会シンポジウム ; 1993年
113 大和田一雄 : ゴールデンハムスターの体表面積計算法 ―新数式とその有用性について―, 第9回日本獣医畜産大学学術交流会 ; 1993年
114 伊藤恒賢, 大和田一雄, 友池仁暢 : 自然発症高脂血ウサギ(WHHL Rabbit)の繁殖成績及び血漿脂質成分値の加齢に伴う変化, 第9回日本獣医畜産大学学術交流会 ; 1993年
115 大和田一雄, 伊藤恒賢, 本間貞明 : チョウセンシマリス(Tamias sibiricu asiaticus)の血液学的・血液生化学的参照値(予報), 第13回日本比較臨床血液学会大会 ; 1993年
116 大和田一雄, 伊藤恒賢, 本間貞明, 片平清昭 : コットンラット(Sigmodon hispidus)の血液生化学的参照値, 第13回日本比較臨床血液学会大会 ; 1993年
117 大和田一雄, 片平清昭 : コットンラットの体表面積, 第40回日本実験動物学会総会 ; 1993年
118 片平清昭, 大和田一雄 : コットンラットの肢誘導心電図について, 第40回日本実験動物学会総会 ; 1993年
119 大和田一雄 : イヌ血清中のα1-Acid glicoprotein (α1-AG)含量と臨床化学値との関連, 平成4年度東北三獣医学会(小動物学会); 1992年
120 大和田一雄 : 大学における実験動物技術者と実験動物技術及びその開発改良 ―研究支援と技術者の関わりを考える―, 第26回日本実験動物技術者協会総会シンポジウム ; 1992年
121 本間貞明, 長橋武, 金子英弘, 大和田一雄 : 食欲不振を初発症状とするフェレットの急性斃死例について, 第26回日本実験動物技術者協会総会 ; 1992年
122 片平清昭, 大和田一雄 : ラットの肢誘導心電図と電気的心軸について, 第26回日本実験動物技術者協会総会 ; 1992年
123 大和田一雄, 片平清昭 : 成熟雌フェレットの主要臓器重量及び血液学的・血液生化学的参照値, 第39回日本実験動物学会総会 ; 1992年
124 片平清昭, 大和田一雄 : SD系ラットにおけるペントバルビタール麻酔時の心拍数,呼吸数および体温について, 第39回日本実験動物学会総会 ; 1992年
125 本間貞明, 長橋武, 大和田一雄 : イオン選択電極式Na/K計による2,3の実験動物の血清Na/K値, 第25回日本実験動物技術者協会総会 ; 1991年
126 長橋武, 本間貞明, 大和田一雄 : 実験用動物としての雑犬の質的評価 2)基本特性及び2,3の血液検査成績, 第25回日本実験動物技術者協会総会 ; 1991年
127 片平清昭, 鈴木宏, 井上幸一, 大和田一雄 : ミクロフィラリア寄生によって実験用雑犬の質はどの程度低下するか?, 第25回日本実験動物技術者協会総会 ; 1991年
128 大和田一雄, 井上吉浩 : ゴールデンハムスターの体表面積算定におけるk値について, 第38回日本実験動物学会総会 ; 1991年
129 片平清昭, 大和田一雄 : 実験用雑犬における血液性状の変動, 第38回日本実験動物学会総会 ; 1991年
130 大和田一雄, 片平清昭 : 実験用雑犬におけるミクロフィラリア寄生と血液学的所見,第38回日本実験動物学会総会 ; 1991年
131 大和田一雄, 長橋武 : ドライアイスを用いた有色マウスの永久標識法, 第38回日本実験動物学会総会 ; 1991年
132 長橋武, 本間貞明, 大和田一雄 : 実験用動物としての雑犬の質的評価 1)現状把握,第24日本実験動物技術者協会総会 ; 1990年
133 大和田一雄 : X線撮影による自動給水ノズルの品質検査,第37回日本実験動物学会総会 ; 1990年
134 大和田一雄 : 実験動物の飲用水に関する諸問題, 第23回日本実験動物技術者協会総会シンポジウム ; 1989年
135 井上吉浩, 加藤清, 大和田一雄, 信永利馬 : ラットにおける簡便なエーテル麻酔の 条件及びエーテルと塩酸イソクスプリンの併用効果の検討, 第23回日本実験動物技術者協会総会 ; 1989年
136 井上吉浩, 加藤清, 大和田一雄, 信永利馬 : マウスのペントバルビタールナトリウム麻酔に及ぼす塩酸イソクスプリンの併用効果, 第37回日本実験動物学会総会 ; 1989年
137 井上吉浩, 大和田一雄, 信永利馬 : イヌのペントバルビタールナトリウム麻酔における塩酸イソクスプリンの併用効果, 第40回獣医麻酔外科学会 ; 1989年
138 井上吉浩, 加藤清, 大和田一雄, 信永利馬 : マウスの簡易吸入麻酔における塩酸イソクスプリンとエーテルの併用効果, 第38回獣医麻酔研究会 ; 1988年
139 井上吉浩, 加藤清, 大和田一雄, 信永利馬 : マウスの簡易吸入麻酔における塩酸イソクスプリンとエーテルの併用効果, 第22回日本実験動物技術者協会総会 ; 1988年
140 遠藤晃, 酒井伸嘉, 大和田一雄 : 昼夜逆転環境におけるAra-Cの催奇形作用, 第27回日本先天異常学会 ; 1987年
141 滝口和彦, 大和田一雄, 加藤清 : マウスの腹腔内注射における誤注射の頻度, 第34回実験動物学会 ; 1987年
142 大和田一雄, 北目文郎, 菅原勘悦, 西村秀一, 中村喜代人, 本間守男 : 山形県のイヌとブタにおけるC型インフルエンザウイルスに対する抗体保有状況, 第34回日本 ウイルス学会総会 ; 1986年
143 大和田一雄, 北目文郎, 菅原勘悦, 西村秀一, 中村喜代人 : 山形県のイヌとブタにおけるC型インフルエンザウイルスに対する抗体保有状況, 第40回日本細菌学会 東北支部総会 ; 1986年
144 加藤清, 滝口和彦, 大和田一雄 : マウスの繁殖育成に及ぼす湿度の影響 1.適温・ 高湿環境の影響, 第20回日本実験動物技術者協会総会 ; 1986年
145 本間貞明, 加藤清, 滝口和彦, 大和田一雄 : マウスにおけるエーテル及びペントバルビタール麻酔とヘモグロビン値の挙動, 第20 回日本実験動物技術者協会総会 ; 1986年
146 滝口和彦, 大和田一雄, 加藤清 : 実験小動物に汎用される簡便なエーテル麻酔の条件と麻酔時間, 第33回日本実験動物学会 ; 1986年
147 大和田一雄, 滝口和彦, 加藤清 : マウス心臓採血法の改良, 第33回日本実験動物学会 ; 1986年
148 大和田一雄, 菅原勘悦, 北目文郎, 中村喜代人, 本間守男 : C型インフルエンザウイルスに対するイヌ血清の赤血球凝集阻止活性について, 第39回日本細菌学会 東北支部総会 ; 1985年
149 滝口和彦, 長橋武, 本間貞明, 大和田一雄 : 山形大学医学部附属動物実験施設における実験用イヌのBrucella canis 抗体保有状況 ―続報―, 第18回日本実験動物技術者協会総会 ; 1984年
150 加藤清, 滝口和彦, 大和田一雄 : 山形県におけるイヌのトキソプラズマ抗体保有状況, 第18回日本実験動物技術者協会総会 ; 1984年
151 K.Ohwada, F.Kitame, M.Homma : Experimental infection of dogs with type C influenza virus, Wth International Congress of Virology ; 1984年
152 大和田一雄, 北目文郎, 本間守男 : C型インフルエンザウイルスのイヌ感染実験, 第31回日本ウイルス学会総会 ; 1983年
153 大和田一雄, 北目文郎, 本間守男 : C型インフルエンザウイルスのイヌ感染実験, 第37回日本細菌学会東北支部総会 ; 1983年
154 滝口和彦, 大和田一雄 : 自動給水配管内飲用水の排水間隔と一般細菌数の推移, 第18回日本実験動物学会; 1983年
155 滝口和彦, 大和田一雄 : ラット自動給水配管内飲用水における一般細菌数の経時的推移 ―特に定時排水機構の効果について―, 第30回日本実験動物談話会 ; 1983年
156 信永利馬, 大和田一雄, 滝口和彦 : 1人で採血及び静脈注射を安全に行うことを目的としたイヌ用保定器の考案, 第30回日本実験動物談話会 ; 1983年
157 北目文郎, 菅原勘悦, 大和田一雄, 本間守男 : C型インフルエンザウイルスの溶血及び細胞融合活性, 第29回日本ウイルス学会総会 ; 1981年
158 大和田一雄, 長橋武 : ヌードマウス(BALB/c nu/nu)の膣垢像の観察, 第13回日本実験動物技術者協会総会 ; 1979年
159 丹野憲義, 粟野清一, 本間貞明, 長橋武, 大和田一雄 : プラスチックケージの簡易修繕法, 第13回日本実験動物技術者協会総会 ; 1979年
160 佐久間是行, 菊地通子, 大和田一雄, 松田幸久, 信永利馬, 伊佐山康郎 : 東北6県のイヌブルセラ病汚染調査成績, 第13回日本実験動物学会 ; 1978年
161 斉藤奨, 山下隆夫, 大和田一雄 : 盛岡市のカワニナから検出した短尾セルカリアについて, 第46回日本寄生虫学会 ; 1976年
162 斉藤奨, 大和田一雄, 山下隆夫 :イヌ糸状虫感染イヌ血清の犬糸状虫成虫粗抗原による寒天内二重拡散法の検討, 第46回日本寄生虫学会北日本支部大会 ; 1976年
163 大和田一雄, 信永利馬 : DDI系マウスの繁殖力低下に関する研究 2.着床に関する検討, 第17回哺乳動物卵子談話会 ; 1976年
164 大和田一雄, 長橋武, 信永利馬 : DDI系マウスの繁殖力低下に関する研究 1.3産終了及び不妊廃棄マウスの卵及び子宮の所見, 第23回日本実験動物談話会 ; 1976年
165 石垣貞夫, 伊藤昭雄, 大和田一雄, 長橋武 : DDI系マウス生産所における種親の増産成績, 第23回日本実験動物談話会 ; 1976年
166 信永利馬, 大和田一雄 : DDI,C3H/Heの性周期に関する検討, 第10回日本実験動物研究会 ; 1975年
▲上へ戻る

X.シンポジウム・特別講演等
1. 大和田一雄 : 実験動物技術者資格における公的な資格認定制度化への実現を目指して ( 社 ) 日本実験動物協会における実験動物技術者認定制度の現状,第 44 回日本実験動物技術者協会総会,旭川市, 2010 年 9 月
2. 大和田一雄:(社)日本実験動物技術者協会の実験動物技術者認定制度の現状と展望,つくば実験動物研究会,つくば市,2008年,12月
3. 大和田一雄:(社)日本実験動物協会および米国実験動物学会(AALAS)の技術者教育認定システム,実験動物技術者協会関西支部出雲大会,出雲,2008年,10月
4. 大和田一雄:平成20年度から実験動物技術者認定制度が一部かわります,実験動物技術者協会関西支部総会,京都,2008年,2月
5. 大和田一雄:日動協の技術師認定制度,日本実験動物科学・技術ながさき2004シンポジウム「技能と技術と研究と」,長崎,2004年,5月 
6. 大和田一雄:動物愛護管理法改正論議と実験動物技術者,第30回日本実験動物技術協会東海支部総会特別講演,名古屋,2004年,4月
7. 大和田一雄 : 実技協の目ざしてきたもの‐「実験動物技術の過去・現在・未来」の命題にかえて,第37回日本実験動物技術者協会総会特別講演,さいたま市,2003年,5月
8. 伊藤恒賢,大和田一雄,遠藤順子,神村栄吉,友池仁暢 : 脂質代謝異常の新しいモデル動物としての食後高トリグリセリド血症家兎,フォーラム「医療に貢献する実験用ウサギの新しい展開」,佐賀市,2003年,3月
9. 大和田一雄 : 関東支部30周年に寄せて−日々新たな試練と闘いつつ−,日本実験動物技術者協会関東支部設立30周年記念大会特別講演,東京,2002年,11月
10. 大和田一雄 : 北陸支部25周年に寄せて−実技協・この10年−これからの10年−,日本実験動物技術者協会北陸支部設立25周年記念大会特別講演,金沢,2002年,11月
11. 大和田一雄 : 関西支部35周年に寄せて−実技協の過去・現在を思い、これからの未来に向けて−,日本実験動物技術者協会関西支部設立35周年記念大会特別講演,倉敷,2002年,10月
12. 大和田一雄 : 異種移植動物飼育環境の問題点−5.飼育技術者−,第27回日本実験動物環境研究会シンポジウム,東京,2002年,11月
13. 大和田一雄 : 実験動物技術者からの展望−21世紀の生命科学を支える技術者へ−, 5.組織(実技協)の今後, 第36回日本実験動物技術者協会総会シンポジウム, 札幌, 2002年, 6月
14. 大和田一雄 : 実験動物の飼養及び保管等に関する基準の改正を考える−実験動物の健康及び保持−2.飼育及び保管の担当者, 第26回日本実験動物環境研究会シンポジウム, 札幌, 2002年, 6月
15. 大和田一雄 : 労働安全衛生の基本原則, 日本実験動物環境研究会シンポジウム, 名古屋, 2002年,  5月 
16. 遠藤順子,伊藤恒賢,神村栄吉,大和田一雄 : シマリスの脂質代謝特性 ―特性検索の経緯と室内長期飼育経験,第16回北陸実験動物研究会特別講演, 富山 ; 2001年,4月
17. 大和田一雄 : 「動管法」問題:実技協はどう対応するか, 第16回実験動物環境研究会シンポジウム, 大阪 ; 1998年, 11月
18. 庄司浩美, 大和田一雄, 北目文郎 : 簡易同定キットによるPasteurella pneumotropicaの同定とその問題点, 第32回日本実験動物技術者協会総会シンポジウム, 仙台 ; 1998年, 6月
19. 遠藤順子, 伊藤恒賢, 大和田一雄 : 自動給水装置の定時排水効果, 第32回日本実験動物技術者協会総会シンポジウム, 仙台 ; 1998年, 6月
20. K.Ohwada : Results from a survey of incidents in animal facilities, Joint PALAS-JAEAT International Scientific Conference1(Symposium), Manila;1998,4
21. K.Ohwada : Group housing in rabbits : Is it really acceptable?, Sado Symposium on Harmonization of Guide for Care and use of Experimental Animals, Niigata ; 1996, 6
22. 大和田一雄 : ケージサイズ―ブタ・ヒツジ, 第43回日本実験動物学会シンポジウム, 新潟 ; 1996年, 6月
23. 大和田一雄 : 実験動物科学における研究者と技術者の関わり,第42回日本実験動物学会シンポジウム,横浜,1995年,5月
24. 大和田一雄 : 自動飼育装置の普及と実験動物技術者, 日本実験動物技術者協会九州支部研究発表会特別講演 ; 1993年
25. 大和田一雄 : 自動給水装置における飲水管理法の一例, 日本実験動物技術者協会関西・東海支部合同京滋地方大会シンポジウム ; 1993年
26. 大和田一雄 : 大学における実験動物技術者と実験動物技術及びその開発改良 ―研究支援と技術者の関わりを考える―, 第26回日本実験動物技術者協会総会シンポジウム ; 1992年
27. 大和田一雄 : 実験動物の飲用水に関する諸問題, 第23回日本実験動物技術者協会総会シンポジウム ; 1989年
▲上へ戻る

Y.国際学会
1. Patricia V. Turner, William White, Judy McArthur Clark, Kathryn Bayne, Tsutomu Miki Kurosawa, Philippe Baneux, Jin Soo Han, Takuya Ikeda, Hee-Kyung Jin, Kazuo Ohwada , Ghislaine Poirier, Seung- Hyeok Seok: The International Association of Colleges of Laboratory Animal Medicine: A Global Demographic Survey of Diplomate Practices and Trends Across Colleges, A joint FELASA/Scand-LAS Symposium, Marina Comgress Center, Helsinki, Finland, June 14-17, 2010
2. Judy McArthur Clark, Patricia V. Turner, William White, Kathryn Bayne, Tsutomu Miki Kurosawa, Philippe Baneux, Jin Soo Han, Takuya Ikeda, Hee-Kyung Jin, Kazuo Ohwada , Ghislaine Poirier, Seung- Hyeok Seok: An IACLAM survey of trends and practices of diplomates across the worldwide cokkeges of laboratory animal medicine: 11 th ESLAV/ECLAM Joint Scientific Meeting, TOULOUSE , France , Sept. 26-28, 2010
3. Tsutomu Miki Kurosawa, Patricia V. Turner, William White, Judy McArthur Clark, Kathryn Bayne, Philippe Baneux, Jin Soo Han, Takuya Ikeda, Hee-Kyung Jin, Kazuo Ohwada , Ghislaine Poirier, Seung- Hyeok Seok: The International Association of Colleges of Laboratory Animal Medicine: A Global Demographic Survey of Diplomate Practices and Trends Across Colleges, The 4 th AFLAS Congress Meeting, 5 th AMMRAM and 11 th CSLAS Annual meeting. Nov. 9-11, 2010, Taipei International Convention Center , Taipei
4. T.Ito, K.Ohwada, H.Tomoike: A hereditary postprandial hypertriglyceridemic (PHT) rabbit model. The 1st International Conference on Transgenic Rabbits, Tsukuba, Japan;2005年,6月
5. K.Ohwada : Results from a survey of incidents in animal facilities, Joint PALAS-JAEAT International Scientific Conference1(Symposium), Manila;1998年,4月
6. K.Ohwada : Group housing in rabbits : Is it really acceptable?, Sado Symposium on Harmonization of Guide for Care and use of Experimental Animals, Niigata ; 1996年, 6月
7. K.Ohwada, F.Kitame, M.Homma : Experimental infection of dogs with type C influenza virus, Wth International Congress of Virology ; Sendai ; 1984年
▲上へ戻る

Z.特許
1. 友池仁暢,大和田一雄,伊藤恒賢:遺伝性食後高トリグリセリド血症家兎,特許第3345643号,平成14年9月16日
2. Hitonobu Tomoike, Kazuo Ohwada, Tsunekata Ito:Hereditary postprandial hypertriglyceridemic rabbit model, Patent No. US 6,515,196 B2, Date of Patent Feb.4,2003
▲上へ戻る

[.表彰
1 伊藤恒賢,秦正充,大竹貴久,大木絵里,白井優子,武田千穂,大和田一雄,日本実験動物協同組合賞:第43回日本実験動物技術者協会総会,PMSGを単回投与した雌マウスは良好な発情誘起と繁殖能を示す,2009,10
2 遠藤順子,大和田一雄,日本実験動物協同組合賞:第31回日本実験動物技術者協会総会,シマリスのレシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)活性,1998,6
▲上へ戻る

山形大学大学院 医学系研究科 生命環境医科学専攻(独立専攻)分子疫学部門 動物実験医科学講座 〒990-9585 山形県山形市飯田西2-2-2 TEL:023-628-5487 FAX:023-628-5489
 E -mail : kohwada@med.id.yamagata-u.ac.jp プライバシーポリシー サイトマップ