山形大学医学部がんセンター(Cancer center, Yamagata university faculty of medicine)
私たちは、患者さんの気持ちを尊重し、安心と満足が得られる がん医療を目指します。
>ホーム>治療成績>第一外科
ホーム
がんセンターについて
センター長挨拶
機構紹介
運営委員会紹介
規則
がん臨床センター
キャンサートリートメントボード
がん緩和ケアチーム
がん患者登録センター
がん化学療法室
がん診療連携センター
がん患者相談室
治療成績
活動報告
リンク
治療成績(RESULTS OF A TREATMENT)

・ 第一外科(消化器がん)

疾患名 短期成績 長期成績 難易度 その他
肝細胞がん
切除患者
死亡退院 0.0%

〈調査対象〉
1998−2004年
切除35例
平均年齢66.7歳
5年生存率 60.3%

〈調査対象〉
1998−2004年
切除35例
平均年齢66.7歳
低難易度〜高難易度
日本消化器外科学会基準
日本肝癌研究会による全国集計での肝細胞がん切除患者の5年生存率は52.3%と報告されている。
胆管細胞がん
切除患者
死亡退院 0.0%

〈調査対象〉
1989−2004年
切除12例
平均年齢63.7歳
5年生存率 31.2%

〈調査対象〉
1989−2004年
切除12例
平均年齢63.7歳
中〜高難易度
日本消化器外科学会基準
日本肝癌研究会による全国集計での胆管細胞がん切除患者の5年生存率は32.6%と報告されている。
胆のうがん
切除患者
死亡退院 0.0%

〈調査対象〉
1998−2004年
切除21例
平均年齢70.0歳
5年生存率 64.2%
ステージI 100%
ステージII 100%
ステージIII 0%
ステージIV 0%

〈調査対象〉
1998−2004年
切除21例
平均年齢70.0歳
高難易度
日本消化器外科学会基準
 
膵がん(通常型)
切除患者
死亡退院 0.0%

〈調査対象〉
1998−2004年
切除33例
平均年齢65.3歳
1年生存率 71%
2年生存率 48%
3年生存率 41%

〈調査対象〉
1998−2004年
切除33例
平均年齢65.3歳
高難易度
日本消化器外科学会基準
 
膵管内乳頭粘液性腫瘍
切除患者
死亡退院 0.0%

〈調査対象〉
1998−2004年
切除23例
平均年齢65.3歳
5年生存率 87%

〈調査対象〉
1998−2004年
切除23例
平均年齢65.3歳
中難易度〜高難易度
日本消化器外科学会基準
 
胃がん
切除患者
死亡退院 0.58%

〈調査対象〉
1995−2001年
切除342例
平均年齢63.7歳
5年生存率 77.2%

ステージIA 93.0%
ステージIB 87.4%
ステージII 76.5%
ステージIIIA 47.6%
ステージIIIB 23.8%
ステージIV 16.2%

〈調査対象〉
1995−2001年
切除342例
平均年齢63.7歳
中難易度〜高難易度
日本消化器外科学会基準
胃癌治療ガイドラインによる全国集計での胃がん切除患者の5年生存率は73.7%(ステージIA;93.4%、ステージIB;87.0%、ステージII;68.3%、ステージIIIA;50.1%、ステージIIIB;30.8%、ステージIV;16.6%)と報告されている。
大腸がん
切除患者
死亡退院 0.0%

〈調査対象〉
1995−1997年
切除122例
平均年齢64.4歳
5年生存率 72.9%

ステージI 85.3%
ステージII 100%
ステージIIIA 68.9%
ステージIIIB 50.0%
ステージIV 4.0%

〈調査対象〉
1995−1997年
切除122例
平均年齢64.4歳
低難易度〜高難易度
日本消化器外科学会基準
 

ライン

・ 第一外科(乳がん)

疾患名 短期成績 長期成績 難易度 その他
乳がん
切除患者
乳房温存手術率
53.1%
死亡退院 0.0%

〈調査対象〉
2003年
切除32例
5年生存率 98%

ステージ0 100%
ステージI 100%
ステージIIA 96%
ステージIIB 100%
ステージIIIA 100%
ステージIIIB 100%
ステージIV 100%

〈調査対象〉
1995−1997年
切除69例
   

ライン

<  診療科別治療成績メニューへ戻る

ページの先頭へ
山形大学医学部 Copyright © 2006-2010 Yamagata University Faculty of Medicine
お問い合わせ リンク