山形大学医学部がんセンター(Cancer center, Yamagata university faculty of medicine)
私たちは、患者さんの気持ちを尊重し、安心と満足が得られる がん医療を目指します。
>ホーム>がん臨床センター>がん緩和ケアチーム
ホーム
がんセンターについて
センター長挨拶
機構紹介
運営委員会紹介
規則
がん臨床センター
キャンサートリートメントボード
がん緩和ケアチーム
がん患者登録センター
がん化学療法室
がん診療連携センター
がん患者相談室
治療成績
活動報告
リンク
がん緩和ケアチーム(PALLIATIVE CARE TEAM)

・ 1 緩和ケアとは

「がん」と診断された時から、多くの患者さんは、痛み・吐き気・倦怠感などの身体のつらい症状、気分が落ち込む・不安・眠れないなどの精神・心理的な苦しい症状におそわれます。また、治療費や入院費・仕事のことなど、さまざまな経済的・社会的な問題にも悩まされます。がんに対する治療(手術や化学療法、放射線治療など)が始まれば、苦痛や悩みはさらに増すでしょう。患者さんと一緒に過ごすご家族の苦しみや悩みも尽きません。そんな"患者さんとご家族"を支える医療が「緩和医療」であり「緩和ケア」です。

つまり「緩和ケア」は、がんの治療や療養にともなう苦しさや辛さを和らげて、生活の質を向上させる方策のことです。がんそのものに対する治療がなくなってから、あるいは亡くなる前の終末期に行うのが緩和ケアである、という誤解が広がっていますが、それは間違いです。がんの病期に関係なく、がんに対する治療の時も、そうした治療ができなくなった場合でも、そして終末期であっても、患者さんとご家族をともに支えるのが緩和ケアなのです。

ライン

・ 2 緩和ケアチームとは

当院には緩和ケアの専門部門である「緩和ケア病棟」はありません。そうした特別な病棟ではなく"一般の病棟で緩和ケアを提供"するのが、「緩和ケアチーム」です。がんが引き起こすさまざまな症状や療養全般の問題に対応する専門のスタッフ、 "その道のプロ" が構成する頼もしいチームです。「緩和ケアチーム」は、がんのどんな時期(病期=ステージ)であっても、患者さんとそのご家族を"緩和ケア"で支えます。

また、がん以外でも痛みや呼吸困難、不安や不眠などの辛い症状に悩まされる疾患があります。そのようながん以外の疾患も対象としてチームで支えています。主な構成メンバーは以下の通りです。

・ 身体症状の緩和を担当する医師
・ 精神症状の緩和を担当する医師
・ 緩和ケアの経験を有する看護師
・ 緩和ケアの経験を有する薬剤師

ライン

・ 3 緩和ケアチームを知ってもらうために

当院入院時に「入院のしおり」と伴に緩和ケアチームのパンフレットをお渡ししています。
各病棟には、緩和ケアチームのポスターを掲示しております。パンフレットを揃え、患者さんやご家族に差し上げています。

写真 写真

ライン

・ 4 がんと診断された時からの緩和ケアのために

外来や病棟では生活のしやすさに関する質問票を用いて、身体的苦痛や精神心理的苦痛、社会的苦痛等のスクリーニングを行っています。外来からはコンシェルジュが、病棟からは緩和ケアリンクナースが、スクリーニングされたさまざまの苦痛に対して迅速かつ適切に緩和できるよう、緩和ケアチームと密に連絡を取り合っております。

ライン

・ 5 活動内容

5.1 緩和ケアチーム回診

緩和ケアチーム介入依頼が提出された患者さんやご家族のご希望と必要性に合わせた頻度で、毎日、隔日、時々などチームのメンバーが回診いたします。ゆっくりお話を伺ったうえで主治医や担当看護師と共同のもと、患者さんやご家族のQOL(生活の質)が向上するよう、専門的な知識と経験をもとにより良い方策を提案しています。


5.2 医療用麻薬服薬の自己管理

医療用麻薬を内服している患者さんについて、痛みを自己管理できるよう服薬指導に力を入れています。よりよい痛みのコントロールのために患者さん自身でタイミングよく内服できるよう、「医療用麻薬の自己管理」を勧めています。自己管理マニュアルに沿って、自己管理を希望する患者さんが自己管理チェックシートで可能であると判断されれば、内服の時刻と量を記録していただくことによって、どなたでも手元に必要な分の薬を置いて痛みに合わせて内服することができるようになります。


5.3 緩和ケアチームミーティング

毎週1回(金曜日15:00〜)緩和ケアチーム、病棟リンクナース、関連部署のメンバーが集まって、介入患者さんに関する情報共有・ディスカッションのためのミーティングをしています。


5.4 院内研修会

院内のすべての職員を対象に年3回研修会を開催しています。

表

グラフ

5.5 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会

地域がん診療連携拠点病院として、2009年から毎年1回(8月第1土曜・日曜日)緩和ケア研修会を開催しています。緩和ケアチームはこの研修会の企画・運営を行って、緩和ケアの教育・普及に努めています。
当院の研修会修了医師一覧

写真 写真

5.6 その他

緩和ケアチームは第4回「JPAP®オレンジサークルアワード2011」において優秀賞を受賞しました。

正しい痛みの知識の普及と理解の浸透を目指して医療従事者が設立した非営利の任意団体JPAP®(Japan Partners Against Pain)の取り組みの1つに「オレンジサークル」があります。これは、"がんの痛みを取り除くことで、患者さんが、がんそのものと取り組む気力や体力を得る"という考え方を実践する医療チームの活動をサポートするものです。「オレンジサークルアワード」は緩和ケア活動の院内・院外での認知度をさらに高め、よりよい治療の普及と発展に寄与するべく優秀な活動を行っているチームを表彰し、その活動内容を発表する場で、2008年から毎年1回開催されています。
山形大学医学部附属病院緩和ケアチームは、2011年7月28日に開催された第4回「JPAP®オレンジサークルアワード2011」において、全国から参加した22の医療チームの中から第2位にあたる「優秀賞」に選ばれました。

写真 写真

ライン


ページの先頭へ
山形大学医学部 Copyright © 2006-2010 Yamagata University Faculty of Medicine
お問い合わせ リンク