山形大学医学部
腎泌尿器外科学講座
〒990-9585
山形市飯田西2-2-2
TEL 023-628-5368
FAX 023-628-5370

2015年 論文

著書

1) 土谷順彦,羽渕友則:Ⅱ膀胱腫瘍 8.筋層浸潤膀胱癌に対して術前または術後の補助化学療法は行うべきか?.後藤百万、小川修、筧善行、出口隆、宮澤克人編,EBM泌尿器疾患の治療2015-2016.東京;中外医学社,2015129-135

2) 加藤智幸,西田隼人,冨田善彦:6.腎臓分野.政田幹夫、佐藤博、佐々木均編,薬剤師が知っておくべき臓器別画像解析の基礎知識 大臓器編.大阪;医療ジャーナル社,2015210-220

3) 加藤智幸:Ⅱ2 2)スニチニブ.冨田善彦、金山博臣、植村天受、篠原信雄編,Year Book of RCC.大阪;メディカルレビュー社,201577-87

4) 西田隼人,土田健司:41.⑤ボタンホール穿刺の功罪.大平 整爾編,バスキュラーアクセスを極める.東京;日本メディカルセンター,2015119-123

5) 加藤智幸:分子標的薬治療における副作用対策―総説.冨田善彦編,すぐ使える医師・看護師・薬剤師・CRCのための分子標的薬トータルマネージメントYURCCパッケージ[2].東京;リッチヒルメディカル,20152-6

総説

1) 長岡明:膀胱膣瘻閉鎖術.臨床泌尿器科.2015692):204-208

2) 加藤智幸,西田隼人,冨田善彦:4.術後腎機能の維持について.泌尿器外科.201528(臨増):673-675

3) 齋藤満,鶴田大,井上高光,成田伸太郎,土谷順彦,羽渕友則:【ロボット支援膀胱全摘除術の導入と手術手技】 ロボット支援膀胱全摘除術と拡大リンパ節郭清.Japanese Journal of Endourology20152868-72

4) 齋藤満,佐藤滋,伊藤由乃,小林浩悦,鶴田大,秋濱晋,井上高光,成田伸太郎,土谷順彦,羽渕友則:【高齢者の腎泌尿器疾患】高齢者の腎移植、透析療法 腎移植.腎と透析.201578932-937

5) 齋藤満,井上高光,成田伸太郎,鶴田大,秋濱晋,土谷順彦,佐藤滋,羽渕友則:ドナー腎採取術の現況と未来 生体ドナー腎採取術におけるReduced Port Surgeryと標準的腹腔鏡手術との比較検討.泌尿器外科.201528753-758

6) 鶴田大,齋藤満,成田伸太郎,井上高光,秋濱晋,土谷順彦,羽渕友則:腹腔鏡下/ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術の現況と問題点 ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術(RALC)における拡大骨盤リンパ節郭清(ePLND)の経験と成績.泌尿器外科.201528763-765

7) 土谷順彦,鶴田大,齋藤満,井上高光,成田伸太郎,羽渕友則:【ロボット時代の泌尿器科手術(2)-新たな術式への挑戦】膀胱癌に対するロボット支援膀胱全摘除術 リンパ節郭清.臨床泌尿器.201569918-923

8) 土谷順彦:遺伝子多型解析から読み解く進行性前立腺癌の予後.泌尿器外科.201528553-555

9) 井上高光,土谷順彦,齋藤満,沼倉一幸,鶴田大,秋濱晋,成田伸太郎,奥山慎,佐藤滋,羽渕友則:【"長期成績"-XII.ドナー腎採取術-】ドナー腎採取術後フォローにおける高尿酸血症.Japanese Journal of Endourology20152826-32

原著

1) Ichiyanagi ONagaoka AIzumi TKawamura YKato TAge-related delay in urinary stone clearance in elderly patients with solitary proximal ureteral calculi treated by extracorporeal shock wave lithotripsyUrolithiasis201543(5)419-426

2) IIchiyanagi OIto HTakai SNaito SKato TNagaoka AYamakawa MA GRIA2 and PAX8-positive renal solitary fibrous tumor with NAB2-STAT6 gene fusionDiagnostic Pathology2015Sep 4.(10:155 DOI 10.1186/s13000-015-0386-x

3) Nomiya TAkamatsu HHarada MOta IHagiwara YIchikawa MMiwa MMizutani MKato TNagaoka ATomita YNemoto KModified simultaneous integrated boost radiotherapy for large retroperitoneal malignant tumorOncology Letters201596):2520-2524

4) Shinohara NObara WTatsugami KNaito SKamba TTakahashi MMurai SAbe TOba KNaito SPrognosis of Japanese patients with previously untreated metastatic renal cell carcinoma in the era of molecular-targeted therapyCancer science20155106):618-626

5) Golovine KMakhov PNaito SRaiyani HTomaszewski JMehrazin RTulin AKutikov AUzzo G. RKolenko M. VPiperlongumine and its Analogs Down-Regulate Expression of c-Met in Renal Cell CarcinomaCancer Biology & Therapy2015165): 743-749

6) Shire ALomberk GLai JPZou HTsuchiya NAderca IMoser CDGulaid KHOseini AHu CWarsame OJenkins RBRoberts LRRestoration of Epigenetically Silenced Sulfatase 1 Expression by 5-Aza-2-Deoxycytidine Sensitizes Hepatocellular Carcinoma Cells to Chemotherapy- Induced ApoptosisMedical Epigenetics201531-18

7) Numakura KTsuchiya NTakahashi MTsuruta H, Akihama SSaito MInoue TNarita SHuang MSatoh SHabuchi TClinical benefits of tubeless umbilical cutaneous ureterostomyCanadian Urological Association journal20159E379-383

8) Numakura KKagaya HYamamoto RKomine NSaito MHiroshi TAkihama SInoue TNarita STsuchiya NHabuchi TNiioka TMiura MSatoh SCharacterization of clinical and genetic risk factors associated with dyslipidemia after kidney transplantationDisease markers20152015179434

9) Narita SMitsuzuka KTsuchiya NKoie TKawamura SOhyama CTochigi TYamaguchi TArai YHabuchi TReassessment of the risk factors for biochemical recurrence in D'Amico intermediate-risk prostate cancer treated using radical prostatectomyInternational Journal of Urology2015221029-1035

10) Mitsuzuka KNarita SKoie TKaiho YTsuchiya NYoneyama TKakoi NKawamura STochigi TOhyama CHabuchi TArai YLymphovascular invasion is significantly associated with biochemical relapse after radical prostatectomy even in patients with pT2N0 negative resection marginProstate cancer and prostatic diseases20151825-30

11) Kojima TKawai KTsuchiya KAbe TShinohara NTanaka TMasumori NYamada SArai YNarita STsuchiya NHabuchi TNishiyama HIdentification of a subgroup with worse prognosis among patients with poor-risk testicular germ cell tumorInternational Journal of Urology201522923-927

12) Koie TMitsuzuka KYoneyama TNarita SKawamura SKaiho YTsuchiya NTochigi THabuchi TArai YOhyama CTobisawa YProstate-specific antigen density predicts extracapsular extension and increased risk of biochemical recurrence in patients with high-risk prostate cancer who underwent radical prostatectomyInternational journal of clinical oncology201520176-181

13) Koie TMitsuzuka KYoneyama TNarita SKawamura SKaiho YTsuchiya NTochigi THabuchi TArai YOhyama CTobisawa YNeoadjuvant luteinizing-hormone-releasing hormone agonist plus low-dose estramustine phosphate improves prostate-specific antigen-free survival in high-risk prostate cancer patients: a propensity score-matched analysisInternational journal of clinical oncology2015201018-1025

14) Koie TMitsuzuka KNarita SYoneyama TKawamura STsuchiya NTochigi THabuchi TArai YOhyama CEfficiency of pretreatment risk stratification systems for prostate cancer in a Japanese population treated with radical prostatectomyInternational Journal of Urology20152270-73

15) Koie TMitsuzuka KNarita SYoneyama TKawamura SKaiho YTsuchiya NTochigi THabuchi TArai YOhyama CA solitary positive prostate cancer biopsy does not predict a unilateral lesion in radical prostatectomy specimensScandinavian journal of urology201549103-107

16) Kanda STsuchiya NNarita SInoue THuang MChiba SAkihama SSaito MNumakura KTsuruta HSatoh SSaito SOhyama CArai YOgawa OHabuchi TEffects of functional genetic polymorphisms in the CYP19A1 gene on prostate cancer risk and survivalInternational Journal of Cancer201513674-82

17) Inoue TTsuchiya NNarita STsuruta HAkihama SSaito MSatoh SHabuchi TSuccessful introduction of laparoendoscopic single-site donor nephrectomy after experience with laparoscopic single-site plus-one trocar donor nephrectomyJournal of endourology201529435-442

18) 西田隼人,山岸敦史,谷内田優季,髙井諭,牛島正毅,八木真由,黒田悠太,櫻井俊彦,柴崎智宏, 川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田 善彦:Primary arteriovenous fistulaにおける早期閉塞症例の検討.腎と透析.201579(別冊):77-78

19) 櫻井俊彦,牛島正毅,内藤整,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:分子標的治療-最新の潮流 がん克服は見えてきたか- 分子標的薬時代の転移性腎細胞がん治療 山形大学における分子標的薬を中心とした集学的治療.癌の臨床.2015611):13-21

20) 神田壮平,齋藤満,福田歴視,山本竜平,小泉淳,五十嵐龍馬,千葉修,沼倉一幸,秋濱晋,井上高光,成田伸太郎,土谷順彦,佐藤滋,羽渕友則:後天性血友病XIIIを伴う末期腎不全患者に対し透析療法を導入した経験.日本透析医学会雑誌.20154857-60

21) 小泉淳,井上高光,高山孝一朗,高橋誠,沼倉一幸,鶴田大,秋濱晋,齋藤満,成田伸太郎,土谷順彦,佐藤滋,羽渕友則:後腹膜脂肪肉腫再発3例に対するパゾパニブの使用経験.泌尿器科紀要.201561153-158

22) 嘉島相輝,齋藤満,土谷順彦,齊藤元,南條博,沼倉一幸,鶴田大,秋濱晋,井上高光,成田伸太郎,南谷佳弘,佐藤滋,羽渕友則:神経線維腫症1型に合併した縦隔原発胚細胞腫の1例.日本泌尿器科学会雑誌.2015106178-184

23) 井上高光,土谷順彦,成田伸太郎,沼倉一幸,鶴田大,秋濱晋,齋藤満,佐藤滋,羽渕友則:進行性腎癌治療におけるサイトカインの役割 分子標的薬時代における転移性腎癌に対する1st-lineインターフェロン単独療法適応の検討.泌尿器外科.201528735-738

2015年 学会報告

国際学会

一般演題

1) Tsuchiya NIgarashi RSuzuki-Honma NFujiyama NNarita SInoue TSaito MAkihama STsuruta HMiura MHabuchi TAssociation of pharmacokinetics of axitinib with treatment outcome and adverse events in advanced renal cell carcinoma patients (poster presentation)The 2015 ASCO Genitourinary Cancers SymposiumOrlandFebruary 2015

2) Kato TIwamura MFujita TImai TSaito SOhshiro Y,Kawata NTomita Y  Interleukin-2, interferon-alpha, and tegafur uracil therapy prolonged overall survival in treatment-naïve Japanese renal cell carcinoma (RCC) patients with pulmonary metastasis onlyThe 2015 ASCO Genitourinary Cancers SymposiumOrlandoFebruary 2015

国内の学会

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1) 加藤智幸,渡邉哲,冨田善彦:泌尿器がん治療において知っておきたい支持療法の勘所 チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)使用時の高血圧に対する降圧薬の効果的な使用法.第103回日本泌尿器科学会総会,金沢;20154

2) 西田隼人,山岸敦史,櫻井俊彦,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明:高齢献腎移植レシピエントの問題点と安全な腎移植を行うには?.第60回日本透析医学会学術集会・総会,横浜;20156

3) 土谷順彦:筋層浸潤および転移性膀胱癌の診断と治療:根治的膀胱摘除術と尿路変向術.第80回日本泌尿器科学会東部総会,東京;20159

4) 加藤智幸:腎細胞癌に対する免疫療法の再考-新規免疫治療薬導入に向けてこれまでのサイトカイン治療を振り返る-IAT療法.第80回日本泌尿器科学会東部総会,東京;20159

5) 加藤智幸:こんなときどうする?腎癌分子標的薬の副作用対策と患者さんとのコミュニケーション.第53回日本癌治療学会学術集会,京都;201510

6) 土谷順彦:「ここが聞きたい!腎泌尿器疾患境界領域のコンサルテーション」:水腎症から何を考えるか?.第45回日本腎臓学会東部学術大会,東京;201510

7) 土谷順彦:後腹膜腫瘍再発に対する腹腔鏡下手術.第29回日本泌尿器内視鏡学会総会,東京;201511

8) 土谷順彦:ロボット支援前立腺全摘除術における膀胱頸部処理:最善の指導方法を考える「前方アプローチによる膀胱頸部処理の問題点と指導法」.第28回日本内視鏡外科学会総会,大阪;201512

一般演題

1) 西田隼人,山岸敦史,谷内田優季,黒田悠太,柴崎智宏,川添久,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:慢性腎不全患者へ腎移植がもたらすMIA症候群関連因子への影響.第48回日本臨床腎移植学会,名古屋;20152

2) 山岸敦史,谷内田優季,髙井諭,牛島正毅,福原宏樹,八木真由,黒田悠太,櫻井俊彦,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦,梁秀蘭,山川光徳:献腎移植後に原発不明spindle cell tumorの多発骨転移により死亡した1例.第48回日本臨床腎移植学会,名古屋;20152

3) 土谷順彦,成田伸太郎,井上高光,齋藤満,秋濱晋,鶴田大,高山孝一朗,本間直子,伊藤隆一,佐藤滋,羽渕友則:進行性腎細胞癌に対するチロシンキナーゼ阻害薬長期投与例の検討.第103回日本泌尿器科学会総会,金沢;20154

4) 長岡明,一柳統,髙井諭,髙井優季,牛島正毅,八木真由,黒田悠太,山岸敦史,西田隼人,柴崎智宏,川添久,加藤智幸,冨田善彦:α1ブロッカーにて治療効果が不十分な前立腺肥大症症例に対するデュタステリド追加併用療法の長期成績.第103回日本泌尿器科学会総会,金沢;20154

5) 長岡明,菊地悦啓,中山尚子,富田祐司,堀米亨,細谷法之,槻木真明,沢村俊宏,内藤整,川添久,一柳統,冨田善彦:夜間頻尿を有する前立腺肥大症患者に対するナフトピジル単独療法とイミダフェナシン追加併用療法の有効性と安全性の検討.第103回日本泌尿器科学会総会,金沢;20154

6) 加藤智幸,岩村正嗣,藤田哲夫,今井智之,斎藤誠一,大城吉則,川田望,冨田善彦:進行性腎細胞癌に対するIL-2IFN-α+tegafur uracil (IAT)療法第Ⅱ相試験.第103回日本泌尿器科学会総会,金沢;20154

7) 一柳統,長岡明,川村裕子,和泉卓司,西田隼人,山岸敦史,髙井諭,八木真由,櫻井俊彦,牛島正毅,川添久,加藤智幸,冨田善彦:シュウ酸カルシウム結石発生に与える肥満の影響.第103回日本泌尿器科学会総会,金沢;20154

8) 川添久,髙井優季,牛島正毅,山岸敦史,黒田悠太,八木真由,櫻井俊彦,西田隼人,柴崎智宏,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当科における腹腔鏡下副腎摘除術の臨床的検討.第103回日本泌尿器科学会総会,金沢;20154

9) 柴崎智宏,髙井優季,牛島正毅,黒田悠太,八木真由,山岸敦史,櫻井俊彦,西田隼人,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学におけるロボット支援前立腺摘出術の臨床的検討.第103回日本泌尿器科学会総会,金沢;20154

10) 西田隼人,牛島正毅,黒田悠太,八木真由,山岸敦史,櫻井俊彦,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:腎細胞癌に対する腎部分切除術におけるearly declamping法の初期成績.第103回日本泌尿器科学会総会,金沢;20154

11) 櫻井俊彦,伊藤裕美,菊田雅斗,窪木祐弥,髙井諭,髙井優季,牛島正毅,山岸敦史,八木真由,黒田悠太,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:腎細胞癌におけるZFHX3の発現低下は予後不良因子である.第103回日本泌尿器科学会総会,金沢;20154

12) 八木真由,牛島正毅,山岸敦史,黒田悠太,櫻井俊彦,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:Clear cell RCCにおけるPD-L1発現と予後比較.第103回日本泌尿器科学会総会,金沢;20154

13) 山岸敦史,谷内田優季,牛島正毅,八木真由,黒田悠太,櫻井俊彦,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:膀胱癌に対する放射線治療についての検討.第103回日本泌尿器科学会総会,金沢;20154

14) 牛島正毅,一柳統,髙井諭,八木真由,黒田悠太,山岸敦史,櫻井俊彦,西田隼人,柴崎智宏,川添久,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当院における分子標的薬時代の転移性淡明細胞腎癌患者のBMIと全生存期間の関連の検討.第103回日本泌尿器科学会総会,金沢;20154

15) 髙井諭,牛島正毅,黒田悠太,八木真由,山岸敦史,櫻井俊彦,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:転移性腎癌剖検例におけるTKI長期間投与と動脈硬化との関係性の検討.第103回日本泌尿器科学会総会,金沢;20154

16) 西田隼人,山岸敦史,谷内田優季,髙井諭,牛島正毅,八木真由,黒田悠太,櫻井俊彦,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明:Primary AVFにおける早期閉塞危険因子の検討.第60回日本透析医学会学術集会・総会,横浜;20156

17) 一柳統,伊藤裕美,八木真由,櫻井俊彦,菊田雅斗,髙井諭,牛島正毅,内藤整,西田隼人,柴崎智宏,川添久,加藤智幸,長岡明:フリーソフトImage JのプラグインimmunoRatioを用いたKi-67標識率の自動算出法の評価.第80回日本泌尿器科学会東部総会,東京;20159

18) 土谷順彦,成田伸太郎,井上高光,齋藤満,前野淳,鶴田大,高山孝一朗,本間直子,伊藤隆一,佐藤滋,羽渕友則:進行性腎細胞癌におけるチロシンキナーゼ阻害薬の長期投与に関連する因子の検討.第53回日本癌治療学会学術集会,京都;201510

19) 加藤智幸,菊田雅斗,窪木祐弥,谷内田優季,髙井諭,牛島正毅,山岸敦史,八木真由,黒田悠太,櫻井俊彦,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,長岡明:山形大学における転移性腎細胞癌患者の転移部位別全生存期間の検討.第53回日本癌治療学会学術集会,京都;201510

20) 櫻井俊彦,一柳統,伊藤裕美,八木真由,牛島正毅,髙井諭,髙井優季,山岸敦史,黒田悠太,西田隼人,内藤整,柴崎智宏,川添久,加藤智幸,長岡明:非転移性腎癌におけるZFHX3の発現と臨床的予後因子に関する多変量解析.第53回日本癌治療学会学術集会,京都;201510

21) 伊藤裕美,一柳統,髙井諭,櫻井俊彦,八木真由,牛島正毅,菊田雅斗,窪木祐弥,髙井優季,山岸敦史,黒田悠太,柴崎智宏,川添久,加藤智幸,長岡明:腎孤発性線維性腫瘍におけるNAB2-STAT6融合遺伝子に関する検討.第53回日本癌治療学会学術集会,京都;201510

22) 加藤智幸,武田裕司,櫻井俊彦,伊藤裕美,川添久,浅尾裕信:腎がんにおける骨髄細胞系のGPI-80発現分散はMDSC出現を示唆する.第74回日本癌学会学術総会,名古屋;201510

23) 一柳統,伊藤裕美,櫻井俊彦,八木真由,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:非転移性淡明細胞癌においてZFHX3の腫瘍細胞核内低発現は臨床的予後不良と関連する.第74回日本癌学会学術総会,名古屋;201510

24) 伊藤裕美,一柳統,櫻井俊彦,小島遼一,八木真由,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:腎細胞癌細胞株においてZFHX3は細胞増殖とアポトーシス抑制に関与している.第74回日本癌学会学術総会,名古屋;201510

25) 武田裕司,加藤智幸,櫻井俊彦,伊藤裕美,川添久,浅尾裕信:炎症性サイトカインは好中球分化におけるGPI-80発現の分散を増加させる.第74回日本癌学会学術総会,名古屋;201510

26) 山岸敦史,櫻井俊彦,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,豊口禎子:当院におけるタクロリムス血中濃度測定法の変更に関する検討.第51回日本移植学会総会,熊本;201510

27) 加藤智幸,菊田雅斗,窪木祐弥,谷内田優季,髙井諭,牛島正毅,山岸敦史,八木真由,黒田悠太,櫻井俊彦,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,長岡明:山形大学におけるロボット支援下前立腺全摘除後生化学的再発症例の検討.第29回日本泌尿器内視鏡学会,東京;201511