山形大学医学部
腎泌尿器外科学講座
〒990-9585
山形市飯田西2-2-2
TEL 023-628-5368
FAX 023-628-5370

2014年 論文

著書

1) 冨田善彦:⑤泌尿器.弦間昭彦,伊藤良則,古瀬純司,遠藤一司編,分子標的治療薬マスターガイド.東京;中外医学社,2014232-239

2) 長岡明:6 理学療法.後藤百万編,プライマリ・ケア医のためのLUTS診療ハンドブック.東京;中外医学社,201450-56

総説

1) 冨田善彦:血管新生を標的としたがん治療の現況と展望腎細胞癌.癌と化学療法.2014412):172-177

2) 冨田善彦:Current Organ Topics : Genitourinary Tumor 泌尿器系腫瘍 Ⅰ.腎細胞癌.癌と化学療法.2014411):38-41

3) 冨田善彦:グローバル化と泌尿器科.西日本泌尿器科別冊.2014763):69-78

4) 加藤智幸,冨田善彦:特集1 エベロリムスの副作用ケア.泌尿器ケア.20141910):19-26

5) 加藤智幸,青山賀子,太田昭子,冨田善彦:2 腎がんの薬物療法と身体の変化.泌尿器ケア.2014197):78-82

6) 内藤整:3.転移巣切除.泌尿器外科.201427(臨増):577-578

7) 八木真由,内藤整,冨田善彦:5 泌尿器(膀胱・腎・前立腺)がん化学療法の一問一答.プロフェッショナルがんナーシング.201442):39-48

原著

1) Matsuyama HShimabukuro THara IKohjimoto YSuzuki KKoike HUemura HHayashi TUeno MKodaira KTomita YSakurai TShimizu NCombination of hemoglobin, alkaline phosphatase, and age predicts optimal docetaxel regimen for patients with castration-resistant prostate cancerInternational Journal Clinical Oncology201419946-954

2) INishida HKurahashi TSaito YOtsuki NKwon MOhtake HYamakawa MYamada KIMiyata STomita YFujii J Kidney fibrosis is independent of the amount of ascorbic acid in mice with unilateral ureteral obstructionFree Radical Resarch2014481115-1124

3) Fukuhara HYagi MAndo KTomita YLong-term administration of single-agent carboplatin (AUC 4) for advanced testicular seminoma safety achieved complete response in an 80-year-old man with chronic heart failure: A case reportCanadian Urological Association Journal2014811-12

4) 志田敏弘,加藤智幸,冨田善彦,豊口禎子,白石正:マルチキナーゼ阻害剤の手足症候群発現に対する尿素軟膏およびヘパリン類似物質含有軟膏.日病薬詩.20144912):1293-12971

5) 山岸敦史,成澤貴史,山辺拓也,金子尚嗣,柿崎弘:gonadotropin releasing hormane agonistで軽快した子宮内膜症による尿管狭窄の1例.山形県病医誌.2014481):11-14

その他

1) 冨田善彦:転移性腎細胞癌(mRCC)のファーストライン治療において何を選択すべきか~2014 ASCO-GUでの報告から~.診療と新薬Medical Consultation & New Remedies201451(6)55-58

2) 冨田善彦:泌尿器科癌治療の現況.めでぃかすとるMedicastre2014;(7):2

3) 冨田善彦:RCC Discussion 〈対談〉日本の医師主導型臨床試験CROSS-J-RCC試験の成果と、SWITCH試験のエビデンスのとらえ方.RCC TODAY2014121-4

4) 植村天受,江藤正俊,大家基嗣,冨田善彦,野々村祝夫,堀江重郎:Round Table Discussion ECC2013 アップデート-転移性腎細胞癌ファーストライン治療の重要.RCC INSIGHT2014217

2014年 学会報告

国際学会

一般演題

1)Murakami TNamba HTomita YOhguro HYamashita HCase report of cancer-associated retinopathy with rapid onset severe visual lossWorld Ophthalmology Congress of the International Council of OphthalmologyTokyoApril 2014

2)Naito SMakhov PGolovine KTomita YUzzo G. RKolenko M. VPiperlongumine: a multitargeted natural agent for renal cancer treatment and secondary prevention15th annual meeting of the society of urologic oncologyBethesdaDecember 2014

国内の学会

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1) 冨田善彦:腎細胞癌に対する免疫療法の現況と展望.第102回日本泌尿器科学会総会.神戸;20144

2) 冨田善彦:泌尿器がんに対する免疫治療の現況と展望.第102回日本泌尿器科学会総会.神戸;20144

3) 冨田善彦:進行性腎癌の治療~Multiple Modality and Personalized Therapy.第102回日本泌尿器科学会総会.神戸;20144

4) 加藤智幸:山形大学における結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫に対するエベロリムス投与の経験.第102回日本泌尿器科学会総会.神戸;20144

5) 加藤智幸:二次治療薬は何を選択するべきか~一次治療とその効果を参考に~.第102回日本泌尿器科学会総会.神戸;20144

6) 冨田善彦:転移性腎細胞癌における集学的治療アプローチ.第52回日本癌治療学会学術集会.横浜;20148

7) 加藤智幸:腎癌の分子標的治療におけるAE管理とチーム医療の実践.第52回日本癌治療学会学術集会.横浜;20148

8) 櫻井俊彦:分子標的薬時代の転移性腎細胞癌治療~山形大学における分子標的薬を中心とした集学的治療~.第61回日本化学療法学会東日本支部総会.文京区;201410

9) 加藤智幸,西田隼人,冨田善彦:腎部分切除術の現状と未来-術後腎機能の維持について-.第79回日本泌尿器科学会東部総会.横浜;201410

10) 冨田善彦:進行腎細胞癌の治療 2014update .第66回西日本泌尿器科学会総会.倉敷;201411

一般演題

1) 西田隼人,福原宏樹,牛島正毅,八木真由,菅野秀典,内藤整,柴崎智宏,石井達矢,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:生体腎移植後にアデノウイルス膀胱炎をきたした2例.第47回日本臨床腎移植学会.奈良;20143

2) 長岡明,一柳統,牛島正毅,福原宏樹,菅野秀典,八木真由,西田隼人,内藤整,柴崎智宏,川添久,石井達矢,加藤智幸,冨田善彦:α1ブロッカーにて治療効果が不十分な前立腺肥大症例に対するデュタステリド併用療法の長期成績.第102回日本泌尿器科学会総会.神戸;20144

3) 牛島正毅,谷内田優季,髙井諭,山岸敦史,八木真由,黒田悠太,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学腎泌尿器外科学講座における分子標的薬登場以降の治療成績.第102回日本泌尿器科学会総会.神戸;20144

4) 一柳統,長岡明,和泉卓司,川村裕子,菅野秀典,八木真由,内藤整,西田隼人,石井達矢,柴崎智宏,川添久,加藤智幸,冨田善彦:シュウ酸カルシウムを主成分とした上部尿路結石と内臓脂肪蓄積の関係.第102回日本泌尿器科学会総会.神戸;20144

5) 八木真由,谷内田優季,髙井諭,牛島正毅,黒田悠太,山岸敦史,櫻井俊彦,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学における系統的前立腺16ヶ所生検および生検前MRIの有用性の検討.第102回日本泌尿器科学会総会.神戸;20144

6) 柴崎智宏,谷内田優季,髙井諭,牛島正毅,黒田悠太,山岸敦史,八木真由,櫻井俊彦,西田隼人,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術の初期経験.第102回日本泌尿器科学会総会.神戸;20144

7) 加藤智幸,谷内田優季,髙井諭,牛島正毅,黒田悠太,山岸敦史,八木真由,櫻井俊彦,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,長岡明,冨田善彦:分子標的薬によりT3b/cおよびM1腎癌症例に対する初期治療方針は変わったか?.第52回日本癌治療学会学術集会.横浜;20148

8) 西田隼人,山岸敦史,櫻井俊彦,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,豊口禎子,冨田善彦:腎移植におけるタクロリムス血中濃度測定法の変更が及ぼす薬剤投与量および移植腎機能への影響.第50回日本移植学会総会.新宿;20149

9) 伊藤裕美,ビリームウラジミル,櫻井俊彦,内藤整,川口誠,三浦裕,冨田善彦:腎細胞癌におけるZFHX3核内発現と予後の関連.第73回日本癌学会学術総会.横浜;20149

10) 長岡明,一柳統,髙井諭,谷内田優季,牛島正毅,八木真由,黒田悠太,山岸敦史,西田隼人,川添久,柴崎智宏,加藤智幸,冨田善彦:α1ブロッカーにて治療効果が不十分な前立腺肥大症症例に対するデュタステリド併用療法の長期成績.第21回日本排尿機能学会.岡山;20149

11) 長岡明,菊池悦啓,中山尚子,富田祐司,堀米亨,安達雅史,細谷法之,槻木真明,沢村俊宏,内藤整,川添久,一柳統,冨田善彦:夜間頻尿を有する前立腺肥大症患者に対するナフトピジル単独療法とイミダフェナシン追加併用療法の有効性と安全性検討(NAIT STUDY).第21回日本排尿機能学会.岡山;20149

12) 西田隼人,櫻井俊彦,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:腎細胞癌に対する腎部分切除術におけるearly declamping法の初期成績.第79回日本泌尿器科学会東部総会.横浜;201410

13) 櫻井俊彦,髙井諭,牛島正毅,山岸敦史,八木真由,黒田悠太,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)に対する山形大学におけるドセタキセル療法の検討.第79回日本泌尿器科学会東部総会.横浜;201410

14) 谷内田優季,山岸敦史,八木真由,櫻井俊彦,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,橋本多恵子,荻野大助,冨田善彦:両側尿管結石による腎後性腎不全を来たした乳児の一例.第79回日本泌尿器科学会東部総会.横浜;201410

15) 和泉卓司,川村裕子,長岡明,加藤智幸,冨田善彦:骨盤臓器脱に対するLe Fort手術後、転倒を契機に尿道・膣前壁裂傷を起こし、膀胱外反症を呈した完全膀胱脱の1例.第79回日本泌尿器科学会東部総会.横浜;201410

16) 加藤智幸,谷内田優季,髙井諭,牛島正毅,山岸敦史,八木真由,黒田悠太,櫻井俊彦,西田隼人,柴崎智宏,川添久,一柳統,長岡明,冨田善彦:山形大学における保険適用外ロボット支援手術に関する内規の策定.第28回日本泌尿器内視鏡学会総会.福岡;201411

17) 一柳統,長岡明,和泉卓司,川村裕子,髙井諭,牛島正毅,八木真由,櫻井俊彦,加藤智幸,冨田善彦:近位尿管結石に対する体外衝撃波結石破砕術における治療成績と患者年齢の関係について.第28回日本泌尿器内視鏡学会総会.福岡;201411

18) 一柳統,髙井諭,内藤整,牛島正毅,八木真由,櫻井俊彦,谷内田優季,山岸敦史,黒田悠太,西田隼人,柴崎智宏,川添久,福原宏樹,中山尚子,成澤貴史,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:転移性腎癌における分子標的薬治療と動脈硬化性病変進行に関する臨床的検討.第24回日本循環薬理学会.山形;201412