山形大学医学部
腎泌尿器外科学講座
〒990−9585
山形市飯田西2−2−2
TEL 023-628-5368
FAX 023-628-5370

2012年 論文

著書

1) 冨田善彦:11 腎細胞がん.What's New in Oncologyがん治療エッセンシャルガイド.2012:473-482

2) 冨田善彦:36 腎細胞がん.新臨床腫瘍学.2012:435-442

3) 西田隼人,冨田善彦:第V章Q30シャントの発達不良って何ですか?.透析スタッフのためのバスキュラーアクセス適切管理とトラブル対処Q&A.2012:96-98

4) 西田隼人,冨田善彦:第V章Q32バスキュラーアクセスの合併症の種類は?.透析スタッフのためのバスキュラーアクセス適切管理とトラブル対処Q&A.2012:102-107

5) 西田隼人,冨田善彦:第V章Q33合併症発見のポイントは?.透析スタッフのためのバスキュラーアクセス適切管理とトラブル対処Q&A.2012:108-111

6) 冨田善彦:泌尿器科領域のプライマリケア.今日の治療指針2012.2012:989-990

7)冨田善彦(司会):小径腎癌に対する治療の実際.Year Book of RCC 2012.2012:13-41

8) 内藤整,加藤智幸,冨田善彦:UWhat's New in RCC-小経腎癌に対する治療- 3開腹腎部分切除術.Year Book of RCC 2012.2012:61-70

9) 加藤智幸,渡邉哲,冨田善彦:VTopics of RCC-依存症のある患者に対する分子標的治療- 1.心機能障害・高血圧.Year Book of RCC 2012.2012:101-108

総説

1) 冨田善彦:進行性癌の薬物療法の変遷‐サイトカインと分子標的薬‐.泌尿器外科.2012;25(2):171-173

2) 冨田善彦:BCGとインテグリン.第4回BCG注入療法研究会記録.泌尿器外科.2012;25(4):791-794

3) 長岡明:特集:高齢者の頻尿と尿失禁 総説 1.高齢者の頻尿と尿失禁の疫学.Geriatric Medicine 老年医学.2012;50(5):545-549

4) 長岡明:排尿時の痛みと違和感.診断と治療.2012;100(8):1307-1310

5) 冨田善彦:特集 進行性腎細胞癌に対する分子標的薬の併用および逐次投与について.臨床泌尿器外科.2012;66(1):33-40

6) 加藤智幸,冨田善彦:泌尿器科ベッドサイドマニュアルV ベッドサイドトラブル対処法 025 消化管出血.臨床泌尿器外科.2012;66(4):146-150

7) 冨田善彦:特集 進行性腎癌の臨床:分子標的薬up-to-date 分子標的薬治療の4年間の総括:現状と課題.泌尿器外科.2012;25(5):1149-1155

8) 冨田善彦:1.腎癌 腎癌の薬物療法.泌尿器外科.2012;25(特別号):439-44

9) 山岸敦史,西田隼人,冨田善彦:患者説明にそのまま使える!よくわかる泌尿器検査の知識.泌尿器ケア2012夏季増刊.2012;198:36-47

10) 加藤智幸,冨田善彦:シンポジウム7 進行性腎癌:分子標的時代の治療戦略と明日への展望 2.進行性腎細胞癌に対する治療戦略-Yamagata Strategyの現状と展望-.泌尿器外科.2012;25:969-971

原著

1) Tsukigi M,Bilim V,Yuuki K,Ugolkov A,Naito S,Nagaoka A,Kato T,Motoyama T,Tomita Y:Re-expression of miR-199a suppresses renal cancer cell proliferation and survival by targeting GSK-3β.Cancer Letters.2012;315:189-197

2) Ichiyanagi O,Nagaoka A,Izumi T,Kawamura Y,Tsukigi M,Ishii T,Ohji H,Kato T,Tomita Y:Stone clearance after extracorporeal shockwave lithotripsy in patients with solitary pure calcium oxalate stones smaller than 1.0 cm in the proximal ureter, with special reference to monohydrate and dihydrate content.Scandinavian Journal of Urology and Nephrology.2012:1-9

3) Kawazoe H,Bilim V,Ugolkov A,Yuuki K,Naito S,Nagaoka A,Kato T,Tomita Y:GSK-3 inhibition in vitro and in vivo enhances antitumor effect of sorafenib in renal cell carcinoma (RCC).Biochemical and Biophysical Research Communications.2012;423(3):490-495

4) Ishizuka O,Matsuyama H,Sakai H,Matsubara A,Nagaoka A,Takahashi S,Takeda M,Ozono S,Shiroki R,Shuin T,HaraI,Kakizaki H,Tsukamoto T,Yamanishi T,Yokoyama O,Kakehi Y,Nishizawa O,and the KING Study Group:Nocturia Potentially Influences Maintenance of Sexual Function in Elderly Men with Benign Prostatic Hyperplasia.LUTS(2012).2012:1-7

5) Sakurai T,Bilim V,Ugolkov A,Yuuki K,Tsukigi M,Motoyama T,Tomita Y:The enhancer of zeste homolog2(EZH2),a potential therapeutic target,is regulated by miR-101 in renal cancer cells.Biochemical and Biophysical Research Communications.2012;422(4):607-614

6) 西田隼人,山岸敦史,櫻井俊彦,細谷法之,内藤整,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形県における腎移植の選択と課題.山形大学紀要(医学).2012;30(1):9-14

その他

1) 冨田善彦:シンポジウム 泌尿器がんにおけるネオアジュバント療法 1.腎細胞癌におけるネオアジュバント療法.第38回尿路悪性腫瘍研究会記録ネオアジュバント療法:概念と再評価.2012:19-24

2) 冨田善彦(司会),赤座英之,大家基嗣,近藤恒徳,内藤誠ニ,堀江重郎:Round Table Discussion 分子標的治療薬導入から3年が経過した腎細胞癌有転移症例の薬物療法-スニチニブを中心として-.RCC FOREFRONT.2012;2:2-7

3) 冨田善彦:転移性腎細胞癌に対するアキシチニブの有効性の評価が進む.日経メディカル第48回米国臨床腫瘍学会(ASCO2012)エリアレビュー・腎細胞癌.2012:10-11

4) 一柳統,長岡明,長浦主税,槻木真明,内藤整,山辺拓也,梶沼陽,柿崎弘,加藤智幸,冨田善彦:2.当科および関連病院における気腫性腎盂腎炎の治療成績.日本老年泌尿器科学会誌.2012;25:114

5) 長岡明,菅野秀典,山岸敦史,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,柴崎智宏,一柳統,加藤智幸,冨田善彦:経直腸超音波ナビゲーション鏡視下小切開神経温存根治的前立腺全摘除術の手術成績.小切開・鏡視外科学会雑誌.2012;3(1):25

6) 柴崎智宏,小澤迪喜,福原宏樹,長浦主税,菅野秀典,山岸敦史,櫻井俊彦,内藤整,西田隼人,一柳統,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当科における副腎腫瘍に対する腹腔鏡手術の検討.小切開・鏡視外科学会雑誌.2012;3(1):28

7) 冨田善彦:転移性腎細胞癌治療の真のエンドポイント.日経メディカルオンライン癌Experts.2012:1-11

2012年 学会報告

国際学会

特別講演

1) Tomita Y:Treatment algorithm in advanced RCC patients from the perspective of Asian patients.2012 International Symposium on Urology and Cancer,Taipei;January 2012

2) Tomita Y:Treatment experiences of anti-angiogenesis agents in Japanese patients with metastatic renal cell carcinoma.2012 International Symposium on Urology and Cancer,Taipei;January 2012

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1) Tomita Y:A phase II study of S-1 for the treatment of cytokine and/or tyrosine-kinase inhibitor (TKI) refractory metastatic renal cell carcinoma: Updated results.2012 Genitourinary Cancers Symposium,San Francisco;February 2012

2) Tomita Y:Active discussion.Leading Experts Advising on Development (LEAD) Summit X,Spain;June 2012

一般演題

1) Kato T,Nakayama S,Narisawa T,Yamagishi A,Sakurai T,Nishida H,Naito S,Kawazoe H,Bilim V,Ichiyanagi O,Nagaoka A,Tomita Y:Nephrotoxicity by VEGF-target agents in metastatic renal cell cancer patients.ASCO GU,San Francisco;February 2012

2) Kato T,Nakayama S,Narisawa T,Yamagishi A,Sakurai T,Nishida H,Naito S,Kawazoe H,Bilim V,Ichiyanagi O,Nagaoka A,Tomita Y:Estimated GFR as a biomarker of efficacy in patients with metastatic renal cell carcinoma treated with sunitinib.AUA,Atlanta;May 2012

国内の学会

特別講演

1) 冨田善彦:転移性腎細胞癌治療の真のendpoint.第100回日本泌尿器科学総会,横浜;2012年4月

2) 冨田善彦:Personalized medicine in Genito Urinary oncology, dream or reality for the near future?.第77回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2012年10月

3) 冨田善彦:進行するグローバリゼーション-近未来の医療と日本の泌尿器科医-.第64回日本泌尿器科学会西日本総会,徳島;2012年11月

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1) ビリームウラジミル:Gene therapy of urological cancers:targeting Bcl-2 and XIAP pathways.第100回日本泌尿器科学会総会,横浜;2012年4月

2) 冨田善彦,柴崎智宏:超高齢化を迎える泌尿器科癌の治療−山形大学附属病院での膀胱癌治療を中心に−.第77回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2012年10月

3) 柴崎智宏,福原宏樹,ビリームウラジミル,長浦主税,菅野秀典,山岸敦史,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当科における外来化学療法の現状と問題点について.第77回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2012年10月

4) 加藤智幸:転移性腎細胞癌に対するmTOR阻害薬−山形大学の使用経験から−.第42回日本腎臓学会東部学術大会,新潟;2012年10月

5) )冨田善彦:膀胱癌治療の現状2012.第51回日本臨床細胞学会秋期大会,新潟;2012年11月

6) 柴崎智宏,小澤迪喜,福原宏樹,長浦主税,菅野秀典,山岸敦史,櫻井俊彦,内藤整,西田隼人,一柳統,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当科における副腎腫瘍に対する腹腔鏡手術の検討.第4回小切開・鏡視外科学会,山形;2012年11月

7) 長岡明,菅野秀典,山岸敦史,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,柴崎智宏,一柳統,加藤智幸,冨田善彦:経直腸超音波ナビゲーション鏡視下小切開神経温存根治的前立腺全摘除術の手術成績.第4回小切開・鏡視外科学会,山形;2012年11月

一般演題

1) 冨田善彦:転移性腎細胞癌治療のendpoint -Real cases-.第100回日本泌尿器科学会総会,横浜;2012年4月

2) 加藤智幸:山形大学における進行性腎細胞癌に対するmTOR阻害薬の使用経験.第100回日本泌尿器科学会総会,横浜;2012年4月

3) 櫻井俊彦,小澤迪喜,長浦主税,菅野秀典,山岸敦史,西田隼人,内藤整,柴崎智宏,ビリームウラジミル,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当院における去勢抵抗性前立腺癌に対するDocetaxel療法の治療成績.第100回日本泌尿器科学会総会,横浜;2012年4月

4) 西田隼人,菅野秀典,黒田悠太,中山尚子,成澤貴史,山岸敦史,櫻井俊彦,内藤整,川添久,一柳統,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:腎部分切除術における腎機能低下に寄与する因子の検討.第100回日本泌尿器科学会総会,横浜;2012年4月

5) 山岸敦史,中山尚子,成澤貴史,ビリームウラジミル,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,川添久,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当院における2nd look TUR-Btについての検討.第100回日本泌尿器科学会総会,横浜;2012年4月

6) 一柳統:当科および関連病院における気腫性腎盂腎炎の治療成績.第25回日本老年泌尿器科学会,徳島;2012年6月

7) 一柳統:1回排尿量の経時的変動に関する統計学的解析.第19回日本排尿機能学会,名古屋;2012年8月

8) 長岡明:α1ブロッカーにて治療効果不十分な前立腺肥大症症例に対するdutasteride、tamsulosin併用療法の臨床効果.第19回日本排尿機能学会,名古屋;2012年8月

9) 一柳統:シュウ酸カルシウムを主成分とする比較的小さな上部尿管結石に対する体外衝撃波結石破水術の成功率に関する検討.日本尿路結石症学会第22回学術集会,静岡;2012年8月

10) 加藤智幸:腎細胞癌肺転移症例に対するmTOR阻害剤の治療成績.第50回日本癌治療学会各術集会,横浜;2012年10月

11) 長岡明:腎細胞癌骨転移に対するゾレドロン酸の治療効果.第50回日本癌治療学会各術集会,横浜;2012年10月

12) 一柳統:みやぎ県南中核病院における上部尿路結石に対する体外衝撃波結石破砕術の治療成績。単回成功例と複数回治療群との臨床的比較検討.第77回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2012年10月

13) 槻木真明,牛島正毅,成澤貴史,金子尚嗣,柿崎弘,柴崎智宏,冨田善彦:当院におけるドセタキセル投与後のミトキサントロン投与の経験.第77回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2012年10月

14) 櫻井俊彦,小澤迪喜,長浦主税,菅野秀典,山岸敦史,西田隼人,内藤整,柴崎智宏,ビリームウラジミル,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当院における去勢抵抗性前立腺癌に対するDocetaxel療法の治療成績.第77回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2012年10月

15) 加藤智幸,菅野秀典,山岸敦史,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,柴崎智宏,一柳統,長岡明,冨田善彦:山形大学における副腎悪性腫瘍に対する腹腔鏡下副腎摘除術の経験.第26回日本泌尿器内視鏡学会総会,仙台;2012年11月

16) 柴崎智宏,櫻井俊彦,内藤整,西田隼人,一柳統,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学における腹腔鏡下副腎摘除術の臨床的検討.第26回日本泌尿器内視鏡学会総会,仙台;2012年11月