山形大学医学部
腎泌尿器外科学講座
〒990−9585
山形市飯田西2−2−2
TEL 023-628-5368
FAX 023-628-5370

2010年 論文

著書

1) 内藤整,冨田善彦:UTopics of RCC−分子標的治療の最前線− 8 New drug 紹介.Year Book of RCC 2010.2010;127-137

2) 長岡明,冨田善彦:尿管形成・再建術 Boari 法.Urologic Surgery シリーズ6 尿路変向・再建術.2010;154-157

3) 西田隼人:透析技術 バスキュラーアクセス.臨床工学講座 生体機能代行装置学 血液浄化療法装置(竹澤真吾,出渕靖志編).医歯薬出版.2010;93-104

総説

1) 冨田善彦:特集 EAU/AUA/ASCO における泌尿器腫瘍のトピックス・進歩2010 腎細胞癌治療.泌尿器外科.2010;23(10):1405-1410

2) 古家琢也,米山高弘,橋本安弘,神村典孝,吉川和暁,加藤智幸,冨田善彦,大山力:シンポジウム5 浸潤性膀胱癌周辺の話題 3.新膀胱up-to-date.泌尿器外科.2010;23(臨増):455-457

3) 西田隼人,冨田善彦:特集:腎機能の評価法 ドップラーによる腎血流の評価.腎臓.2010;33(2):104-108

4) 冨田善彦:泌尿器科最新トピックス第61 号 分子標的薬治療における手足症候群.泌尿器ケア.2010;15(2):56

5) 志田敏宏,小嶋文良,豊口禎子,加藤智幸,冨田善彦,白石正:MVAC 療法の骨髄抑制発現に対するNSAIDsの影響.医薬品相互作用研究.2010;33(3):91-95

6) 槻木真明,冨田善彦:がん薬物療法のガイドライン 泌尿器がん.腫瘍内科.2010;5(1):66-73

7) 冨田善彦:座談会 進行性腎癌に対するサイトカイン療法の有用性とその可能性.診療と新薬.2010;47

8) 冨田善彦:腎・泌尿器癌 -基礎・臨床研究のアップデート−.日本臨牀.2010;68(4):145-151

9) 加藤智幸,冨田善彦:特集 Practice 小径腎腫瘍の診断と治療Update 小径腎腫瘍に対する治療法選択の指針.Urology View.2010;8(4):35-40

10) 冨田善彦:A SPECIAL EDITION 7 腎がんに対する分子標的薬.BIO Clinica.2010;25(11):34-39

11) 冨田善彦:特集 腎腫瘍up to date 2010s 腎腫瘍の臨床 −腎癌に対する治療,分子標的薬を中心に−.病理と臨床.2010;28(10):1022-1028

原著

1) Yoshihiko Tomita,Nobuo Shinohara,Takeshi Yuasa,Hiroyuki Fujimoto,Masashi Niwakawa,Soichi Mugiya,Tsuneharu Miki,Hirotsugu Uemura,Norio Nonomura,Masayuki Takahashi,Yoshihiro Hasegawa,Naoki Agata,Brett Houk,Seiji Naito and Hideyuki Akaza:Overall Survival and Updated Results from a Phase U Study of Sunitinib in Japanese Patients with Metastatic Renal Cell Carcinoma.Japaniese Journal of Clinical Oncology.2010

2) Kato T, Bilim V, Yuuki K, Naito S, Yamanobe T, Nagaoka A, Yano I, Akaza H,Tomita Y.Bacillus Calmette-Guerin and BCG Cell Wall Skeleton Suppressed Viability of Bladder Cancer Cells in Vitro.ANTICANCER RESEARCH.2010 Oct;30:4089-4096

3) Sei Naito,Naoki Yamamoto,Tatsuya Takayama,Masatoshi Muramoto,Nobuo Shinohara,Kenryu Nishiyama,Atsushi Takahashi,Ryo Maruyama, Takashi Saika,Senji Hoshi,Kazuhiro Nagao,Shingo Yamamoto,Issei Sugimura,Hirotsugu Uemura,Shigehiko Koga,Masayuki Takahashi,Fumio Ito,Seiichiro Ozono,Toshiro Terachi,Seiji Naito,Yoshihiko Tomita: Prognosis of Japanese Metastatic Renal Cell Carcinoma Patients in the Cytokine Era:A Cooperative Group Report of 1463 Patients.EUROPEAN UROLOGY.2010;57:317-326

4) Naito S, Bilim V, Yuuki K, Ugolkov A, Motoyama T, Nagaoka A, Kato T, Tomita Y.Glycogen Synthase kinase-3β: A Prognostic Marker and a Potential Therapeutic Target in Human Bladder Cancer.Clin Cancer Res.2010 Nov 1;16(21):5124-32

5) Hideyuki Akaza,Koji Kawai,Taiji Tsukamoto,Tomoaki Fujioka,Yoshihiko Tomita,Tadaichi Kitamura,Seiichiro Ozono,Tsuneharu Miki,Seiji Naito,Hitoshi Zembutsu and Yusuke Nakamura:Successful Outcomes Using Combination Therapy of Interleukin-2 and Interferon-α for Renal Cell Carcinoma Patients with Lung Metastasis.Japaniese Journal of Clinical Oncology.2010

6) Hinotsu Shiro,Akaza Hideyuki,Naito Seiji,Ozono Seiichiro,Sumiyoshi Yoshiteru,Noguchi Sumio,Nagamori Satoshi,Terai Akito,Nasu Yasutomo,Kume Haruki,Tomita Yoshihiko,Tanaka Yoshinori,Samma Shoji,Uemura Hirotsugu,Koga Hirofumi,Tsushima Tomoyasu:Maintenance Therapy with Bacillus Calmette‐Guerin(BCG)Connaught Strain Clearly Prolonrs Recurrence‐free Survival Following Transurethral .BJU International.2010

7) OSAMU MIZUMORI,HITOSHI ZEMBUTSU,YOICHIRO KATO,TATSUHIKO TSUNODA,FUYUKI MIYA,TAKASHI MORIZONO,TAIJI TSUKAMOTO,TOMOAKI FUJIOKA,YOSHIHIKO TOMITA,TADAICHI KITAMURA,SEIICHIRO OZONO,TSUNEHARU MIKI,SEIJI NAITO,HIDEYUKI AKAZA and YUSUKE NAKAMURA:Identification of a set of genes associated with response to interleukin-2 and interferon-α combination therapy for renal cell carcinoma through genome-wide gene expression profiling.EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE 1.2010;955-961

8) Seiji Naito,Yoshihiko Tomita,Sun Young Rha,Hirotsugu Uemura,Mototsugu Oya,He Zhi Song,Li Han Zhong and Mohamed Ibrahim Bin A Wahid:Kidney Cancer Working Group Report.Japanese Journal of Clinical Oncology.2010;40(Supplement 1)

9) 武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:腹腔鏡下腎部分切除術における術後腎機能に影響を与える因子の検討.泌尿紀要.2010;56:1-4

10) 柿崎弘,黒田悠太,柴崎智宏,中野裕子,金子尚嗣,細谷法之,櫻井俊彦,内藤整,武藤明紀,加藤智幸,冨田善彦:山形県庄内地方における泌尿器科新患患者の癌告知に関する14年間の意識調査.日本泌尿器科学会雑誌.2010;101(4)

症例報告

1) 櫻井俊彦,加藤智幸,長岡明,金子尚嗣,柿崎弘,冨田善彦:膀胱壁に発生したと考えられる消化管間質腫瘍(GIST).臨床泌尿器科.2010;64(1):67-70

2) 成澤貴史,細谷法之,櫻井俊彦,真島英太,松木真吾,阿部寛,冨田善彦:膿瘍形成を伴う腎感染症の検討.鶴岡市立荘内病院医学雑誌.2010;21:15-20

3) 黒田悠太,柴崎智宏,中野裕子,金子尚嗣,柿崎弘,冨田善彦:下行結腸に炎症の波及した黄色肉芽腫性腎盂腎炎の1 例.山形県病医誌.2010;44(1):39-42

その他

1) 冨田善彦:Area Review 35thESMO 腎細胞がん テムシロリスムはアジア人でも有用 柔軟な考え方で投与していくことが大切.日経メディカル Cancer Review.2010;21:18-22

2) 堀江重郎,Thomas E.Hutson,江藤正俊,冨田善彦,大家基嗣,野々村祝夫,植村天受,木村剛,羽渕友則:座談会 腎細胞癌領域における治療戦略と今後の展望.日経メディカル Cancer Review.2010;19別冊:2-6

3) 赤座英之,大園誠一郎,金山博臣,冨田善彦,舛森直哉,高橋俊二:泌尿器外科座談会 エベロリムス(アフィニトール)による腎細胞癌の治療戦略(前編).泌尿器外科.2010;23(11):1591-1599

4) 赤座英之,大園誠一郎,金山博臣,冨田善彦,舛森直哉,高橋俊二:泌尿器外科座談会 エベロリムス(アフィニトール)による腎細胞癌の治療戦略(後編).泌尿器外科.2010;23(12):1731-1737

5) 冨田善彦,金山博臣,植村天受,篠原信雄:TRound Table Discussion Experts Debate on RCC Surgery.Year Book of RCC 2010.2010;11-36

6) 冨田善彦,Daniel George,大家基嗣,木村剛:座談会 転移性腎細胞がん治療における予後因子・予測因子 −ASCO2010の最新知見を交えて−.泌尿器外科.2010:23(10):1425-1433

7) 冨田善彦:Prognosis of Japanese M1-RCC in Cytokine Era.泌尿器がん治療フォーラム2009.2010

2010年 学会報告

国際学会

一般演題

1) Toshihiko Sakurai,Vladimir Bilim,Kaori Yuuki,Masaaki Tsukigi,YoshihikoTomita:ENHANCER OF ZESTE HOMOLOG 2 IS OVEREXPRESSED IN RENAL CELL CARCINOMA POSSIBLY DUE TO DOWNREGULATION OF MICRORNA-101.AUA Annual Meeting,san francisco,USA;May 2010

2) Tomoyuki Kato,Mayu Yagi,Atsushi Yamagishi,Noriyuki Hosoya,Toshihiko Sakurai,Hayato Nishida,Sei Naito,Masaaki Tsukigi,Hisahi Kawazoe,Akinori Muto,Akira Nagaoka,Yoshihiko Tomita:DIRECT ANTITUMOR FECT OF BACILLUS CALMETTE-GUERIN IN HIGH GRADE UROTHELIAL CANCER CELLS WHICH EXPRESS VLA5(ALPHA 5 BETA 1 INTEGRIN).AUA Annual Meeting,san francisco,USA;May 2010

3) H.Kawazoe,V.Bilim,K.Yuuki,S.Naito,A.Muto,Y.Tomita:Effect of GSK-3 inhibition in vitro and in vivo on antitumor effect of sorafenib in renal cell carcinoma(RCC).ASCO,Chicago;Jun 2010

4) T.Sakurai,V.Bilim,K.Yuuki,M.Tsukigi,A.V.Ougolkov,Y.Yomita : Expression of enhancer of zeste homolog 2 in renal cell carcinoma and relationship to dowanregulation of micro RNA-101.ASCO,Chicago;Jun 2010

5) Yoshihiko TOMITA:Treatment strategy for renal cell cancer 2010.9th International Conference of The Asian Clinical Oncology Society,Gifu,Japan;Aug 2010

6) Yoshihiko Tomita:Key predictive factors of axitinib(AG-013736)-induced proteinuria and efficacy:a Japanese phase U study in patients with cytokine-refractory metastatic renal cell cancer(mRCC).35th European Society for Medical Oncology, Milan,Italy;Oct 2010

国内の学会

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1) 冨田善彦:尿路上皮癌に対する全身化学療法とその支持療法の実際.第98回日本泌尿器科学会総会 教育セミナー22,岩手;2010 年4月

2) 加藤智幸,冨田善彦:腎細胞癌患者に対する分子標的薬によるPresurgical 療法−コンセプトと我々の経験から−.第98回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010 年4月

3) 冨田善彦:本邦における転移性腎がんの治療−Over view.第48回日本癌治療学会学術集会,京都;2010年10月

4) 冨田善彦:Energy Device使用の実際.第24回日本Endourology・ESWL学会総会,京都;2010 年10月

一般演題

1) 中野裕子,長岡明,柴崎智宏,金子尚嗣,柿崎弘,尾形吉彦,藤原博通,矢口博理,堀米亨,平野順治,平野和彦,小関清夫,冨田善彦:夜間頻尿を有するOAB 患者に対するイミダフェナシンの有用性の検討(第三報)−F'Y'USION STUDY−.第98回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010 年4月

2) 長岡明,八木真由,山岸敦史,細谷法之,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,槻木真明,川添久,武藤明紀,加藤智幸,菊地憲明,冨田善彦:径直腸超音波ガイド鏡視下小切開神経温存根治的前立腺全摘除術後排尿機能および性機能の検討.第98回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010年4月

3) 加藤智幸,山岸敦史,八木真由,細谷法之,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,槻木真明,武藤明紀,長岡明,冨田善彦:TKI 投与後に開放手術を施行した腎細胞癌症例の検討.第98 回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010年4月

4) 川添久,八木真由,山岸敦史,細谷法之,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,槻木真明,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当院における表在性膀胱癌に対するre-YUR-Bt の臨床的検討.第98 回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010年4月

5) 黒田悠太,柴崎智宏,中野裕子,金子尚嗣,柿崎弘,冨田善彦:男性ホルモン除去療法におけるLHRH アナログの投与法に関する考察.第98回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010年4月

6) 山岸敦史,八木真由,櫻井俊彦,細谷法之,内藤整,西田隼人,槻木真明,川添久,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当院における腎盂尿管癌のclinical T stage とpathological T stage の乖離について.第98 回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010年4月

7) 志田敏宏,小嶋文良,豊口禎子,白石正,加藤智幸,冨田善彦:尿路上皮癌に対するMVAC 療法による副作用発現へのNSAIDs の影響.第98回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010年4月

8) 槻木真明,八木真由,山岸敦史,細谷法之,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,川添久,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦,貞弘光章:スニチニブによるネオアジュバント療法後の下大静脈塞栓を伴う腎癌の手術経験の1例.第98 回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010 年4 月

9) 八木真由,山岸敦史,細谷法之,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,槻木真明,川添久,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学における前立腺16ヵ所生検の部位別癌検出率と有用性の検討.第98 回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010年4月

10) 細谷法之,山岸敦史,八木真由,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,川添久,槻木真明,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当科におけるT1 腎腫瘍に対する手術式の選択とoutcome.第98回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010年4月

11) 武藤明紀,八木真由,山岸敦史,櫻井俊彦,細谷法之,内藤整,西田隼人,槻木真明,川添久,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当科における副腎腫瘍手術の実際.第98 回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010年4月

12) 櫻井俊彦,八木真由,山岸敦史,細谷法之,内藤整,西田隼人,槻木真明,川添久,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:腎癌の分子標的薬の治療効果判定におけるRECIST とChoi criteria の比較.第98 回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010年4月

13) 石井達矢,長浦主税,菅野秀典,鈴木仁,一柳統,冨田善彦:膀胱原発小細胞癌に対してCPT-11 とCBDCAによる全身化学療法を施行した血液透析患者の1 例.第98 回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010年4月

14) 内藤整,山岸敦史,八木真由,細谷法之,櫻井俊彦,西田隼人,槻木真明,川添久,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学における腎癌分子標的薬治療の使用経験.第98 回日本泌尿器科学会総会,岩手;2010年4月

15) 西田隼人,政金生人,小鹿雅隆,谷田秀樹,伊東稔,白澤賢,江刺志穂,吉岡淳子,冨田善彦:末梢循環と微小炎症に及ぼす透析膜材質の検討.第56 回日本透析医学会学術集会,神戸:2010 年6月

16) 川添久,ビリームウラジミル,内藤整,冨田善彦:腎細胞がんにおけるソラフェニブの抗腫瘍効果に対するGSK-3 阻害の影響.第69 回日本癌学会学術総合,大阪;2010年9月

17) 櫻井俊彦,ビリームウラジミル,結城加織,槻木真明,冨田善彦:腎細胞癌におけるEnhancer of zeste homolog 2 の発現上昇は,microRNA101 の発現低下が関与している.第69 回日本癌学会学術総合,大阪;2010年9月

18) 長岡明,櫻井俊彦,細谷法之,菅野秀典,黒田悠太,真島英太,西田隼人,内藤整,槻木真明,川添久,加藤智幸,冨田善彦:マンチェスター手術術後膀胱瘤に対するTVM-A 手術施工時に膀胱損傷を来した1例.第17 回日本排尿機能学会,山梨;2010 年10月

19) 一柳統,和泉卓司,石井達矢,長岡明,加藤智幸,冨田善彦:当院におけるStorz 社製modulith SLX-MXを用いた上部尿路結石に対する最近の治療成績.第24 回日本Endourology・ESWL 学会総会,京都;2010年10月

20) 石井達矢,ビリームウラジミル,山岸敦史,鈴木仁,冨田善彦:当院におけるflexible YUL(f-TUL)の治療経験.第24 回日本Endourology・ESWL 学会総会,京都;2010年10月

21) 川添久,細谷法之,櫻井俊彦,真島英太,西田隼人,内藤整,槻木真明,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学におけるT1腎腫瘍に対する腹腔鏡下手術の成績.第24 回日本Endourology・ESWL 学会総会,京都;2010 年10月

22) 櫻井俊彦:腎癌の分子標的薬の治療効果判定におけるRECIST とChoi criteria の比較.第48 回日本癌治療学会学術集会,京都;2010 年10月

23) 山辺拓也:山形県立河北病院におけるStage D 前立腺癌の予後の検討.第48 回日本癌治療学会学術集会,京都;2010年10月

24) 加藤智幸:腎細胞癌に対する分子標的薬によるPresurgical療法の経験.第48回日本癌治療学会学術集会,京都;2010年10月

25) 菅野秀典:高齢者の浸潤性膀胱癌におけるTUR-Bt+放射線療法の治療成績.第48 回日本癌治療学会学術集会,京都;2010 年10月

26) 細谷法之:山形大学における尿路上皮癌に対する化学療法 その成績と副作用対策.第48 回日本癌治療学会学術集会,京都;2010 年10月