山形大学医学部
腎泌尿器外科学講座
〒990−9585
山形市飯田西2−2−2
TEL 023-628-5368
FAX 023-628-5370

2009年 論文

著書

1) 冨田善彦:腎細胞癌.新臨床腫瘍学.2009;542-551

2) 内藤整,冨田善彦:T腎がんとは.腎がんにおける分子標的薬使用患者への実践!対応マニュアル −チーム医療に携わる薬剤師編−.2009;2-9

3) 青山賀子,加藤智幸:症例別マネジメント9 疲労.腎がんにおける分子標的薬使用患者への実践!対応マニュアル −チーム医療に携わる看護師編−.2009;69-71

4) 長岡明,冨田善彦:各種術式の比較と適応.新Urologic surgery シリーズ1 前立腺癌の手術.2009;12-13

5) 加藤智幸,冨田善彦:腎細胞癌に対する手術 腎部分切除術(腫瘍核出術) .新Urologic surgery シリーズ3 腎細胞癌および上部尿路癌の手術.2009;70-79

6) 冨田善彦:経腹膜副腎摘除術−左右のアプローチ法を中心に−.新Urologic surgery シリーズ3 腎細胞癌および上部尿路癌の手術.2009;70-79

7) 冨田善彦:腎実質腫瘍に対する手術− Historical consideration and controversies −.2009;8-10.新Urologic surgery シリーズ4 良性腎疾患・副腎・後腹膜の手術.2009;40-48

8) 長岡明,冨田善彦:尿管形成・再建術 Boari法.新Urologic surgery シリーズ6 尿路変向・再建術.2009;154-157

総説

1) 冨田善彦:腎細胞癌に対する分子標的治療薬.腫瘍内科.2009;3 (3) :318-323

2) 加藤智幸,冨田善彦:分子標的薬の有害事象への対処法.泌尿器外科.2009;22(11) :1385-1391

3) 加藤智幸,冨田善彦:膀胱尿管逆流症.医学と薬学.2009;62(4) :609-617

4) 加藤智幸,冨田善彦:分子標的薬の副作用対策.Urology Today.2009;16(3) :26-31

5) 冨田善彦:腎細胞癌カンファレンス第1回T1aの腎細胞癌(RCC) .泌尿器外科別冊.2009;22(3) :463-472

6) 冨田善彦:腎細胞癌カンファレンス第2回局所進行性の腎細胞癌(RCC) .泌尿器外科別冊.2009;22(3) :473-484

7) 冨田善彦:腎細胞癌カンファレンス第3回転移を有する腎細胞癌(RCC) .泌尿器外科別冊.2009;22(6) :755-766

8) 長岡明,冨田善彦:イラストレイテッド 膀胱全摘除術と尿路変向術手術手技?基本手技 9.吻合−尿管と腸管の吻合−.2009;63(4) :77-85

原著

1) Shibasaki T, Iuchi Y, Okada F, Kuwata K, Yamanobe T, Bannai S, Tomita Y, Sato H, Fujii J:Aggravation of ischemia-reperfusion-triggered acute renal failure in xCT-deficient mice. Archives of Biochemistry and Biophysics. 2009;490(1) :63-69

2) Bilim V, Ougolkov A, Yuuki K, Naito S, Kawazoe H, Muto A, Oya M, Billadeau D, Motoyama T, Tomita Y:Glycogen synthase kinase-3:a new therapeutic target in renal cell carcinoma. Br J Cancer.2009;101 (12) :2005-2019

3) Nakano Y, Bilim V,Yuuki K,Muto A,Kato T,Nagaoka A,Tomita Y:Molecular targeting of Bcl-2 overcomes prostate cancer cell adaptation to XIAP gene downregulation. Prostate Cancer and Prostatic Diseases.2009;12(1) :34-40

症例報告

1) 石井達矢,中野裕子,金子尚嗣,柿崎弘,細谷法之,武藤明紀,加藤智幸,冨田善彦:保存的治療が可能であった再発性膀胱自然破裂の1 例 本邦139 例の検討.山形県立病院医学雑誌.2009;43(2) :163-167

2) 大地宏,久保田洋子,恩村芳樹,長嶋洋治,冨田善彦:腎mucinous tubular and spindle cell carcinoma の1 症例.臨床泌尿器科.2009;63(13) :1093-1096

3) 山辺拓也,柴田雄二,和泉卓司,柴崎智宏,長岡明,冨田善彦:上腸間膜動脈を主栄養血管とする左腎細胞癌の1例.泌尿器外科.2009;22(10) :1361-1364

4) 槻木真明,和泉卓司,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:尿管狭窄症に合併した尿管上皮内癌の1 例.泌尿器外科.2009;22(10) :1353-1355 

5) 加藤智幸,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,槻木真明,川添久,山辺拓也,武藤明紀,ビリームウラジミル,長岡明,冨田善彦,阿部寛:放射線障害に起因すると考えられた子宮頸癌術後回腸膀胱瘻の1 例.泌尿器外科.2009;22(5) :693-696

その他

1) 冨田善彦:ASCO 印象記− H1N1 flu と今年のトピック.Urology Today.2009;16(3) :48-50

2) 冨田善彦:分子標的薬のAE に関する最新の話題.Year Book of RCC 2009.2009;11-19

3) 冨田善彦:RCC & Molecular Targeting Therapy.RCC FOREFRONT.2009;1(1) :15

4) 冨田善彦,加藤智幸:座談会 腎細胞癌に対するTKI の適正使用を推進するために.Corre Pon Urology.2009;2:9-13

5) 冨田善彦:Part T分子標的薬を誰にどのように使うべきか Part U分子標的治療のこれから.BESTT'09 記録集.2009

2009年 学会報告

国際学会

特別講演

1) Yoshihiko Tomita:The Latest Treatment Strategies of Targeted Therapy in Adovanced RCC:Current Standard and Future Direction form Asian Perspective.TAIWAN CANCER MEETING,TAIWAN;May 2009

2) Yoshihiko Tomita:Treatment Strategies in Era of Targeted therapy:Evidence of Advanced RCC teratment.RCC Treatment Forum,TAIWAN;May 2009

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1) Yoshihiko Tomita:Stone Disease/Management of Renal Calculi.American Urological Association,orlando, USA;April 2009

2) Yoshihiko Tomita:Results from Japan Phase 2 study(A4061035) .AG-013736 の腎癌を対象とした国際共同第3 相試験のInvestigator meeting,Orlando, USA;May 2009

一般演題

1) Sei Naito, Vladimir Bilim,Kaori Yuuki, Andrei V Ougolkov, Daniel D Billadeau, Rochester, Teiichi Motoyama, Yoshihiko Tomita:ROLE OF THE NUCLEAR ACCUMULATION OF GSK-3BETA IN BLADDER CANCER MALIGNANT PHENOTYPE-POTENTIAL THERAPEUTIC TARGET.American Urological Association,orlando,USA;April 2009

2) Hisashi Kawazoe, Vladimir Bilim, Kaori Yuuki, Akinori Muto, Andrei V Ougolkov, Daniel D Billadeau,Rochester, Mototsugu Oya, Teiichi Motoyama, Yoshihiko Tomita:GSK-3 IS A POTENTIAL THERAPEUTIC TARGET FOR THE TREATMENT OF RENAL CELL CARCINOMA(RCC) :PRECLINICAL IN VITRO AND IN VIVO INVESTIGATION.American Urological Association, orlando, USA;April 2009

3) Y Tomita, Y Inaba, H Fujimoto, M Oya, N Shinohara, H Uemura, H Kanayama, K Tobisu, S Naito, H Akaza:A Phase II study of axitinib(AG-013736) in Japanese patients with cytokine-refractory metastatic renal cell cancer (mRCC) :Results from an interim analysis.The Eighth International Kidney Cancer Symposium, Chicago, USA;September 2009

国内の学会

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1) 冨田善彦:腎細胞がん治療2009 −今できること!−分子標的薬によるNeoadjuvant/pre-surgical 治療.第74回日本泌尿器科学会東部総会,松本;2009 年10月

2) 冨田善彦:日本における進行性腎細胞癌のサイトカインによる治療−予後因子を中心に−.第47 回日本癌治療学会学術集会,横浜;2009 年10月

3) 冨田善彦:日本における腎細胞癌に対する薬物療法の実際−サイトカインと分子標的治療薬−.第61回日本泌尿器科学会西日本総会,高松;2009年11月

一般演題

1) 長岡明:形状記憶合金製尿道ステント治療の適応と限界.第97回日本泌尿器科学会総会,岡山;2009年4月

2) 河合弘二,冨田善彦:腎細胞癌の肺転移巣に対しては低用量IL-2 とIFN α併用療法が有効である.第97回日本泌尿器科学会総会,岡山;2009 年4月

3) 篠原信雄,冨田善彦:腎摘除術後の転移性腎細胞癌に対するS-1 後期臨床第U相試験−多施設共同試験の成績報告−.第97回日本泌尿器科学会総会,岡山;2009 年4月

4) 川添久:Inhibition of GSK3 β is a potential target to induce apoptosis in Renal Cell Carcinoma(RCC) in vitro and in vivo.第97回日本泌尿器科学会総会,岡山:2009 年4月

5) 武藤明紀:山形大学における後腹膜鏡下腎部分切除術の成績.第97回日本泌尿器科学会総会,岡山:2009年4月

6) 中野裕子:経直腸的超音波断層法とMRI 拡散強調画像の前立腺癌検出能に関する検討.第97 回日本泌尿器科学会総会,岡山:2009 年4月

7) 内藤整:膀胱癌におけるGSK-3 βの発現と予後.第97 回日本泌尿器科学会総会,岡山:2009 年4月

8) 加藤智幸:山形大学における進行性精巣胚細胞腫瘍の臨床的検討.第97 回日本泌尿器科学会総会,岡山:2009年4月

9) 山辺拓也:高齢者の湿潤性膀胱癌におけるTUR-Bt+放射線治療の治療成績.第97回日本泌尿器科学会総会,岡山:2009年4月

10) 西田隼人:cinacalcet 投与開始によるCa・P代謝異常および二次性副甲状腺機能亢進症に対する治療の変化.第52 回日本腎臓学会学術集会,横浜;2009年6月

11) 長岡明,川添久,山辺拓也,柴崎智宏,石井達矢,中野裕子,金子尚嗣,柿崎弘,松木真吾,阿部寛,塩路豪,高橋亮,一柳統,和泉卓司,堀米亨,矢口博理,平野順治,平野和彦,小関清夫,冨田善彦:夜間頻尿を有するOAB 患者に対するイミダフェナシンの有用性の検討(第一報) -F'Y'USION STUDY-.第16回日本排尿機能学会,福岡:2009年9月

12) 水守理,前佛均,加藤陽一郎,塚本泰司,藤岡知昭,冨田善彦,北村唯一,大園誠一郎,三木恒治,内藤誠二,赤座英之,中村祐輔:肺転移のある腎細胞癌患者に対するインターロイキン2,インターフェロンα,2剤併用療法の感受性予測システムの構築.第68回日本癌学会,横浜:2009年10月

13) 内藤整,ビリームウラジミル,結城加織,本山悌一,冨田善彦:膀胱癌のmalignant phenotype であるGSK-3βの核集積の役割- 治療ターゲットとなる可能性.第68回日本癌学会,横浜:2009年10月

14) 藤田哲夫,岩村正嗣,池田勝臣,別所英治,田畑健一,松本和将,佐藤威文,村本将俊,吉田一成,冨田善彦,馬場志郎:進行性腎細胞癌に対するインターロイキン2+インターフェロンα+テガフール・ウラシル(IAT) 療法の検討.第74回日本泌尿器科学会東部総会,松本:2009 年10月

15) 柴崎智宏,黒田悠太,中野裕子,金子尚嗣,柿崎弘,冨田善彦:発見後8年間生存している,顆粒状コロニー刺激因子(G-CSF) 産生膀胱癌の1 例.第74回日本泌尿器科学会東部総会,松本:2009年10月

16) 石井達矢,長岡明,中野裕子,柴崎智宏,尾形吉彦,塩路豪,一柳統,和泉卓司,黒田悠太,加藤智幸,金子尚嗣,柿崎弘,冨田善彦:夜間頻尿を有するOAB 患者に対するイミダフェナシンの有用性の検討(第一報) -F'Y'USION STUDY−.第74回日本泌尿器科学会東部総会,松本:2009年10月

17) 長岡明,八木真由,山岸敦史,細谷法之,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,川添久,槻木真明,山辺拓也,武藤明紀,加藤智幸,冨田善彦:cT1c 前立腺癌と前立腺肥大症の自覚症状の検討.第74回日本泌尿器科学会東部総会,松本:2009年10月

18) 槻木真明,八木真由,山岸敦史,細谷法之,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,川添久,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学における腎尿管全摘術70 例の検討.第74 回日本泌尿器科学会東部総会,松本:2009年10月

19) 古家琢也,米山高弘,橋本安弘,神村典孝,大山力,加藤智幸,冨田善彦,吉川和暁:浸潤性膀胱癌周辺の話題−新膀胱up-to-date.第74 回日本泌尿器科学会東部総会,松本:2009年10月

20) 加藤智幸,八木真由,山岸敦史,細谷法之,櫻井俊彦,西田隼人,川添久,槻木真明,武藤明紀,長岡明,冨田善彦:進行性腎細胞癌に対する分子標的薬による有害事象の検討.第47 回日本癌治療学会学術集会,横浜:2009年10月

21) 槻木真明,山岸敦史,八木真由,細谷法之,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,川添久,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当院における腎盂尿管癌の臨床T 病期と病理学的T 病期の乖離について.第47 回日本癌治療学会学術集会,横浜:2009年10月  

22) 長岡明,八木真由,山岸敦史,櫻井俊彦,細谷法之,内藤整,西田隼人,川添久,槻木真明,武藤明紀,加藤智幸,冨田善彦,:経直腸超音波ガイド下神経温存前立腺全摘除術後性機能の検討.第47回日本癌治療学会学術集会,横浜:2009年10月

23) 櫻井俊彦,八木真由,山岸敦史,細谷法之,西田隼人,内藤整,槻木真明,川添久,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦,:当院におけるホルモン不応性前立腺癌に対するDocetaxel 療法の経験.第47回日本癌治療学会学術集会,横浜:2009 年10月

24) 内藤整,山岸敦史,八木真由,細谷法之,櫻井俊彦,西田隼人,槻木真明,川添久,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田 善彦:腎癌に対するTKI(ソラフェニブ,スニチニブ) の使用経験.第47 回日本癌治療学会学術集会,横浜:2009年10月

25) 八木真由,山岸敦史,細谷法之,櫻井俊彦,西田隼人,内藤整,川添久,槻木真明,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学における前立腺16ヵ所生検の部位別癌検出率と有用性の検討.第47回日本癌治療学会学術集会,横浜:2009年10月