山形大学医学部
腎泌尿器外科学講座
〒990−9585
山形市飯田西2−2−2
TEL 023-628-5368
FAX 023-628-5370

2008年 論文

著書

1) 冨田善彦:6 泌尿器腫瘍.Medical Note Kidney and Urinary System.2008;1:176-180

2) 冨田善彦:腎・泌尿器疾患 腎実質の腫瘍,腎嚢胞.看護のための最新医学講座第2版.第22巻:141-160

総説

1) 冨田善彦:腎癌の分子標的治療.腎臓 2008;31(1) :45-50

2) 内藤誠二,大園誠一郎,冨田善彦:腎細胞癌治療−これからのスタンダード治療と安全管理−.新薬と臨床.2008;57(7) :2-12

3) 冨田善彦:腎細胞がんに対する分子標的治療薬の現状と将来.成人病と生活習慣病.2008;38(6)

4) 長岡明,冨田善彦:特集 腎機能と画像診断 腎腫瘤の画像診断の考え方.成人病と生活習慣病.2008;38(7) :822-827

5) 冨田善彦,長岡明,加藤智幸,武藤明紀:特集 これからはじまる進行人腎癌に対する分子標的薬治療.Urology View.2008;6(4) :70-72

原著

1) Ishidoya S,Ito A,Orikasa K,Kawamura S,Tochigi T,Kuwahara M,Yamanobe T,Tomita Y,Masumori N,Tsukamoto T,Shibuya D and Arai Y:The Outcome of Prostate Cancer Screening in a Normal Japanese Popoulation with PSA of 2-4 ng/ml and the Free/Total PSA Under 12%.Japanese Journal of Clinical Oncology 2008;38(12) :844-848

2) Kubota Y,Onmura Y,Ohji H,Kunii T,Shibasaki T,Nakada T,Tomita Y:p53 antibodies in the serum of patients with prostate cancer.International urology and nephrology 2008; 40:79-84

3) V bilim,K Yuuki,T Itoi,A Muto,T Kato,A Nagaoka,T Motoyama and Y Tomita.Doubule inhibition of XIAP and Bcl-2 axis is beneficial for retrieving sensitivity of renal cell cancer to apotosis.British Journal of Cancer.2008;98:941-949

その他

1) 冨田善彦:RCC&Molecular Targeting Therapy.RCC FOREFRONT.2008;1(1)

2) 冨田善彦:特集2008 腎細胞癌.日経メディカルCancer Review.2008:29-32

3) 冨田善彦:座談会 分子標的治療薬の登場は腎細胞がんの治療をどのように変えるか?.日経CME.2008;10:2-7

2008年 学会報告

国際学会

一般演題

1) Kato T,Naito S,Kawazoe H,Shibasaki T,Nakano Y,Yamanobe T,Kajinuma A,Muto A,Bilim V,Nagaoka A,Tomita Y:SMAC-N7 PEPTIDE WAS MORE POTENT THAN XIAP GENE TARGETING IN SENSITIZING RENAL CANCER CELLS TO APOPTOTIC STIMULI.American Urological Association,Orlando,USA;may 2008

2) Naito S,Yuuki K,Bilim V,Shibasaki T,Kawazoe H,Nakano Y,Yamanobe T,Kajinuma A,Muto A,Kato T,Nagaoka A,Tomita Y:INHIBITION OF GSK-3 β ACTIVITY SUPPRESSES THE PROLIFERATION AND INDUCES APOPTOSIS IN BLADDER CANCER.American Urological Association,Orlando,USA;may 2008

3) S.Naito,H.Akaza,M.Usami,T.Tsukamoto,N.Shinohara,Y.Tomita,M.Namiki:A phaseU study of S-1 in patients(pts) with cytokine-refractory metastatic renal cell cancer(mRCC) .ESMO2008,Stockholm;Sep2008

国内の学会

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・教育講演等

1) Tomita Y:Practical Treatment Strategy for Japanese MetastaTic Renal Cell Cancer Patients.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

2) 加藤智幸,ビリームウラジミル,冨田善彦:α5β1 integrin発現とBCGの抗腫瘍効果.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

3) 川添久,内藤整,柴崎智宏,中野裕子,山辺拓也,梶沼陽,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:T1腎腫瘍に対する手術術式のdecision makingとoutcome.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

4) 冨田善彦:医師の夫婦と育児について−個人的な見解−.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

5) 冨田善彦:日本における新しい腎細胞癌の治療戦略.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

6) 冨田善彦:腎細胞癌薬物治療の現状.第58回日本泌尿器科学会中部総会,大津;2008年11月

一般演題

1) 長岡明,廣瀬裕子,内藤整,川添久,柴崎智宏,中野裕子,山辺拓也,梶沼陽,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,冨田善彦:腎細胞癌骨転移に対するゾレドロン酸水和物(Zometa(R) ) の使用経験.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

2) 石戸谷滋人,伊藤明宏,折笠一彦,斎藤英郎,舛森直哉,塚本泰司,山辺拓也,冨田善彦,青木大志,川村貞文,栃木達夫,桑原正明,荒井陽一:PSA&free PSAによる前立腺癌検診:〜東北,南北海道地区における共同プロジェクト〜.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

3) 星宣次,鈴木健一,槻木真明,尾形幸彦,小野久仁夫,菅野理,沼畑健治:リスク分類による前立腺全摘例の検討.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

4) 山辺拓也,内藤整,柴崎智宏,川添久,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,マーチングリーブ,冨田善彦,:PKCβ選択的阻害剤Enzastaurinのヒト前立腺癌細胞種およびLNCaPXenograftへの効果の検討.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

5) 中野裕子,内藤整,柴崎智宏,川添久,山辺拓也,梶沼陽,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦,加藤哲子,本山悌一:辺縁領域(PZ) および移行領域(TZ) 前立腺癌のパワードプラエコー(PDTRUS) 所見およびmicrovessel density(MVD) の検討.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

6) 長岡明,廣瀬裕子,内藤整,柴崎智宏,川添久,中野裕子,山辺拓也,梶沼陽,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,冨田善彦:内視鏡補助経直腸超音波ガイド下神経温存根治的前立腺全摘除術の治療成績.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

7) 廣瀬裕子,内藤整,柴崎智宏,川添久,中野裕子,山辺拓也,梶沼陽,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:副腎腫瘍に対する手術手技適応の実際−山形大学の症例から−.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

8) 武藤明紀,内藤整,柴崎智宏,川添久,中野裕子,石井達矢,山辺拓也,梶沼陽,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学における腹腔鏡下腎部分切除術の成績.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

9) 内藤整,結城加織,山辺拓也,ビリームウラジミル,ウゴリコフアンドレイ,ビラデイユダニエル,冨田善彦:Inhibition of GSK3beta in Bladder carcinoma promotes growth inhibition and apoptosis.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

10) 梶沼陽,廣瀬裕子,内藤整,柴崎智宏,川添久,中野裕子,山辺拓也,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当院における径尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt) の現状と問題点.第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

11) 結城加織,ビリームウラジミル,ウゴリコフアンドレイ,ビラデイユダニエル,本山悌一,冨田善彦:Inhibition of GSK3beta is a potential target to induce apoptosis in Renal Cell Carcinoma(RCC) .第96回日本泌尿器科学会総会,横浜;2008年4月

12) 内藤整,梶沼陽,廣瀬裕子,櫻井俊彦,柴崎智宏,川添久,山辺拓也,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当院における経尿道的膀胱腫瘍切除術.第73回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2008年9月

13) 長岡明,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,川添久,山辺拓也,ビリームウラジミル,武藤明紀,加藤智幸,冨田善彦:前立腺癌癌骨転移に対するゾレドロン酸水和物(Zometa) の治療成績.第73回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2008年9月

14) 加藤智幸,成澤貴史,櫻井俊彦,廣瀬裕子,内藤整,柴崎智宏,川添久,山辺拓也,武藤明紀,ビリームウラジミル,長岡明,冨田善彦:山形大学における精巣腫瘍の臨床的検討.第73回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2008年9月

15) 長岡明,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,川添久,山辺拓也,ビリームウラジミル,武藤明紀,加藤智幸,冨田善彦:内視鏡補助経直腸超音波ガイド下神経温存根治的前立腺全摘除術の治療成績.第73回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2008年9月

16) 長岡明,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,川添久,山辺拓也,ビリームウラジミル,武藤明紀,加藤智幸,冨田善彦:外来初診患者における夜間頻尿と睡眠障害の検討.第15回日本排尿機能学会,東京;2008年9月

17) 佐藤和佳子,長谷川直人,佐藤冨美子,舟山恵美,長岡明,冨田善彦,本間之夫:要支援後期高齢者の排尿に関する症状とQOLの変化と要介護・閉じこもりとの関連.第15回日本排尿機能学会,東京;2008年9月

18) 長岡明,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,川添久,山辺拓也,ビリームウラジミル,武藤明紀,加藤智幸,冨田善彦:根治的前立腺全摘除術後排尿機能における過活動膀胱の関与.第15回日本排尿機能学会,東京;2008年9月

19) 内藤整,結城加織,山辺拓也,ビリームウラジミル,本山悌一,冨田善彦:膀胱癌におけるGSK-3β阻害による細胞増殖抑制とアポトーシス誘導.第67回日本癌学会学術総会,名古屋;2008年10月

20) Bilim V,Yuuki K,Ougolkov A,Billadeau D,Oya M,Motoyama T,Tomita Y:Inhibition of GSK3beta is a potential target to induce apoptosis in Renal Cell Carcinoma(RCC) .第67回日本癌学会学術総会,名古屋;2008年10月

21) 結城加織,ビリームウラジミル,加藤智幸,冨田善彦:VLA5(α5β1インテグリン) とBCGの抗腫瘍効果.第67回日本癌学会学術総会,名古屋;2008年10月

22) ビリームウラジミル,結城加織,ウゴリコフアンドレイ,ビラデイユダニエル,大家元嗣,本山悌一,冨田善彦:Inhibition of GSK-3β is a potential target to induce apoptosis in Renal Cell Carcinoma(RCC) .第46回日本癌治療学会総会,名古屋;2008年10月

23) 長岡明,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,川添久,ビリームウラジミル,山辺拓也,武藤明紀,加藤智幸,冨田善彦:腎細胞癌骨転移に対するゾレドロン酸水和物の治療成績.第46回日本癌治療学会総会,名古屋;2008年10月

24) 内藤整,結城加織,山辺拓也,ビリームウラジミル,本山悌一,ウゴリコフアンドレイ,ビラデイユダニエル,冨田善彦:Inhibition of GSK-3β in Bladder carcinoma promotes growth inhibition and apoptosis.第46回日本癌治療学会総会,名古屋;2008年10月

25) 加藤智幸,成澤貴史,廣瀬裕子,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,川添久,山辺拓也,武藤明紀,ビリームウラジミル,長岡明,冨田善彦,斎藤俊弘:ヒト膀胱癌細胞株のα5β1 integrin 発現とBCGの直接的抗腫瘍効果の検討.第46回日本癌治療学会総会,名古屋;2008年10月

26) 山辺拓也,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,川添久,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:高齢者の浸潤性膀胱癌におけるTUR-Bt+放射線治療の治療成績.第46回日本癌治療学会総会,名古屋;2008年10月

27) 加藤智幸,成澤貴史,廣瀬裕子,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,川添久,山辺拓也,武藤明紀,ビリームウラジミル,長岡明,冨田善彦:山形大学における転移性精巣腫瘍に対する後腹膜リンパ節郭清の成績.第46回日本癌治療学会総会,名古屋;2008年10月

28) 川添久,廣瀬裕子,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,山辺拓也,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:T1腎腫瘍に対する手術術式のdecision makingとoutcome.第46回日本癌治療学会総会,名古屋;2008年10月

29) 櫻井俊彦,廣瀬裕子,内藤整,柴崎智宏,川添久,山辺拓也,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学における腎尿管病変に対する体腔鏡下手術の成績.第46回日本癌治療学会総会,名古屋;2008年10月

30) 武藤明紀,櫻井俊彦,内藤整,川添久,柴崎智宏,山辺拓也,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学における後腹膜鏡下腎部分切除術の成績.第46回日本癌治療学会総会,名古屋;2008年10月

31) 内藤整,櫻井俊彦,ビリームウラジミル,柴崎智宏,川添久,山辺拓也,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:TURisRの有用性と問題点.第22回日本Endourology ・ESWL学会総会,大阪;2008年11月

32) 山辺拓也,櫻井俊彦,内藤整,柴崎智宏,川添久,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:当院における体腔鏡下腎尿管全摘除術についての検討.第22回日本Endourology・ESWL学会総会,大阪;2008年11月