山形大学医学部
腎泌尿器外科学講座
〒990−9585
山形市飯田西2−2−2
TEL 023-628-5368
FAX 023-628-5370

2006年 論文

著書

1) 冨田善彦:腎5 腎癌・膀胱癌 腎癌の診断・管理・治療 4.免疫療法.最新医学 別冊 新しい診断と治療のABC45.2006:75-82

総説

1) 冨田善彦,長岡明,加藤智幸,武藤明紀,高橋公太:腎癌手術における人工血管による血行再建術.腎移植・血管外科.2006;18(2) :97-100

2) 平尾佳彦,篠原信雄,冨田善彦,中澤速和:ケーススタディ『腎癌の診断・治療』−アンサーチェックでみた泌尿器科臨床医の治療戦略.Urology View.2006;4(1) :102-115

3) 冨田善彦:血尿と泌尿器癌−最近のトピックス 腎癌の分子標的治療.日本医師会雑誌.2006;135(11) :2364

4) 冨田善彦:高リスク泌尿器癌に対する治療戦略 腎細胞癌.泌尿器外科.2006;19(6) :697-700

5) 冨田善彦:進行性腎細胞癌に対する骨髄非破壊的前処置を用いた同種造血幹細胞移植療法.泌尿器外科.2006;19(6) :739-743

原著

1) R Maruyama, K Yamana, T Itoi, N Hara, V Bilim, T Nishiyama, K Takahashi and Y Tomita:Absenceof Bcl-2 andFas/CD95/APO-1 predicts the response to immunotharapy in metastatic renal cell carcinoma.British Journal of Cancer. 2006;95(9) :1244-1249

2) Akira Nagaoka Yoko Kubota, Seiichi Kurosu, Teruhiro Nakada, Vladimir Bilim, Yoshihiko Tomita, and Teiichi Motoyama:Absence of Bcl-2 Expression Favors Response to the Short-Term Administration of Diethylstilbestrol Diphosphate in Prostate Cancer. The Prostate. 2006;66:1779-1787

3) TAKASHI KASAHARA, VLADIMIR BILIM, NOBORU HARA, KOTA TAKAHASHI, YOSHIHIKO TOMITA:Homozygous Deletions of tha INK4a/ARF Locus in Renal Cell Cancer. ANTICANCER RESEARCH. 2006;26:4299-4306

4) Senji Hoshi,OsamuYamaguchi , Tomoaki Fujioka ,Yoichi Arai , Yoshihiko Tomita, Tomonori Habuchi , Chikara Ohyama , Tadashi Suzuki , Seiichi Orikasa :A randomized comparative study of endocrine monotherapy and a combination of estramustine phosphate with the endocrine therapy in patients with untreated stage D prostate cancer. Int J Clin Oncol. 2006;11(6) : 492-493

その他

1) 内藤整:腎癌の予後因子と効果予測因子−予後因子の解析に関する共同研究.泌尿器がん治療フォーラム2006;6-8

2) 冨田善彦,加藤智幸,武藤明紀:腎細胞癌の分子標的治療.SU11248.2006;20(1) :7-10

2006年 学会発表

国内学会

特別講演

1) 冨田善彦:腎細胞癌の治療−up to date−.第24回山形外科談話会学術集会,山形;2006年6月

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等

1) 冨田善彦:新臨床研修制度の中の泌尿器科−地方大学の場合−膀.第94回日本泌尿器科学会総会,福岡;2006年4月 

2) 佐藤和佳子,舟山恵美,長岡明,冨田善彦:山形県排泄ケアマネジメント相談員養成事業成果について−参加者アンケートから.第19回日本老年泌尿器科学会,東京;2006年6月 

3) 佐藤和佳子,舟山恵美,長岡明,冨田善彦:山形県排泄ケアマネジメント相談員養成事業果について−事例解析から.第19回日本老年泌尿器科学会,東京;2006年6月

4) 冨田善彦,小野佳也:泌尿器腹腔鏡技術認定制度:制度の意義と合格のコツ.日本EE学会第20回記念総会,大阪;2006年10月  

5) 冨田善彦:進行腎細胞癌に対する分子標的治療とミニ移植.第44回日本癌治療学会総会,東京;2006年10月 

6) 冨田善彦:進行性腎癌に対する細胞療法−ミニ移植を中心に−.第44回日本癌治療学会総会,東京;2006年10月

7) 加藤智幸,冨田善彦,馬場志郎,岩村正嗣,高橋公太,若月俊二:転移性腎細胞癌の薬物療法−QOLを中心に−副腎原発悪性リンパ腫の2例.第71回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2006年10月

一般演題

1) 内藤整,冨田善彦,大園誠一郎,寺地敏郎,内藤誠二:本邦における腎細胞癌有転移症例1044例の予後不良因子の検討他施設共同研究.第94回日本泌尿器科学会総会,福岡;2006年4月

2) 小林孝至,鈴木健一,小野久仁夫,菅野理,星宣次,笹生俊一,冨田善彦:PSA4以下であつた前立腺癌の臨床的検討.第94回日本泌尿器科学会総会,福岡;2006年4月

3) 星宣次,大利晶宏,鈴木健一,佐々木光晴,小林孝至,菅野理:膀胱癌骨移転に対するGemciatbine,Docetaxel, Bisphonsphonate併用.第94回日本泌尿器科学会総会,福岡;2006年4月

4) 川村裕子,内藤整,川添久,山辺拓也,大地宏,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:経直腸的前立腺超音波断層法(TRUS) におけるperiprostatic vssel appear-ance(PPVA) 判定の意義.第94回日本泌尿器科学会総会,福岡;2006年4月

5) 長岡明,内藤整,川添久,川村裕子,山辺拓也,武藤明紀,大地宏,ビリームウラジミル,加藤智幸,冨田善彦:外来初診患者に於ける夜間頻尿と睡眠障害との関係の検討.第94回日本泌尿器科学会総会,福岡;2006年4月

6) 丸山亮,齋藤誠一,ビリームウラジミル,原昇,糸井俊之,山名一寿,西山勉,荒井陽一,高橋公太,冨田善彦:腎細胞癌におけるGALNACDSLC4の発現と移転との関係.第94回日本泌尿器科学会総会,福岡;2006年4月

7) 佐々木光晴,星宣次,小野久仁夫,菅野理,小林孝至,笹尾俊一:経尿道的前立腺生検の同時施行例の臨床的検討.第94回日本泌尿器科学会総会,福岡;2006年4月

8) 大地宏,吉田淳子,ビリームウラジミル,川村裕子,山辺拓也,内藤整,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,原昇,高橋公太,冨田善彦:前立腺癌患者における末梢血PSA陽性細胞の動態.第94回日本泌尿器科学会総会,福岡;2006年4月

9) 山辺拓也,内藤整,川添久,川村裕子,大地宏,ビリームウラジミル,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:前立腺癌検診受診者におけるIPQOLSCOREの検討.第94回日本泌尿器科学会総会,福岡;2006年4月

10) 武藤明紀,内藤整,川添久,川村裕子,石井達矢,山辺拓也,大地宏,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学における体腔鏡下ネフロン温存腎腫瘍手術の成績.第94回日本泌尿器科学会総会,福岡;2006年4月

11) 川添久,内藤整,石井達矢,川村裕子,山辺拓也,武藤明紀,大地宏,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学における腎尿管病変に対する体腔鏡下手術の成績.第94回日本泌尿器科学会総会,福岡;2006年4月

12) 長岡明,内藤整,柴崎智宏,川添久,川村裕子,梶沼陽,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,冨田善彦:外来初診患者に於ける夜間頻尿と睡眠障害の関係.第13回日本排尿機能学会,東京;2006年9月

13) 長岡明,内藤整,柴崎智宏,川添久,川村裕子,山辺拓也,梶沼陽,武藤明紀,加藤智幸,冨田善彦:骨盤内腫瘍局所再発に伴う難治性の尿瘻に対する体腔鏡下尿管皮膚瘻術.日本EE学会第20回記念総会,大阪;2006年10月

14) 石井達矢,内藤整,川添久,柴崎智宏,山辺拓也,梶沼陽,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:非接触型温度計による体腔鏡下腎部分切除術時の腎表面温度モニタリング:豚での検討.日本EE学会第20回記念総会,大阪;2006年10月

15) 武藤明紀,内藤整,柴崎智宏,川添久,川村裕子,山辺拓也,梶沼陽,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学における体腔鏡下ネフロン温存腎腫瘍手術の成績.日本EE学会第20回記念総会,大阪;2006年10月

16) 川添久,内藤整,柴崎智宏,川村裕子,山辺拓也,梶沼陽,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学における腎尿管病変に対する体腔鏡下手術の成績.日本EE学会第20回記念総会,大阪;2006年10月

17) 武藤明紀,内藤整,柴崎智宏,川添久,川村裕子,石井達矢,山辺拓也,梶沼陽,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:山形大学における体腔鏡下ネフロン温存腎腫瘍手術の成績.第44回日本癌治療学会総会,東京;2006年10月

18) 星宣次,小野久仁夫,鈴木健一,槻木真明,菅野理:前立腺全摘例の検討.第44回日本癌治療学会総会,東京;2006年10月

19) 川村裕子,内藤整,柴崎智宏,川添久,山辺拓也,梶沼陽,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,長岡明,冨田善彦:経直腸的前立腺超音波断層法(TRUS) におけるsonolucent zone(SZ) 判定の意義.第44回日本癌治療学会総会,東京;2006年10月

20) 内藤整,冨田善彦,寺地敏郎,大園誠一郎,内藤誠二:本邦における転移性腎癌1042例の予後因子の検討 他施設共同研究.第44回日本癌治療学会総会,東京;2006年10月

21) 長岡明,内藤整,柴崎智宏,川添久,川村裕子,山辺拓也,梶沼陽,武藤明紀,ビリームウラジミル,加藤智幸,冨田善彦:内視鏡補助術中電気刺激併用経直腸超音波ナビゲーション神経温存根治的前立腺全摘除術.第71回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2006年10月

22) 梶沼陽,柴崎智宏,川村裕子,長岡明,ビリームウラジミル,内藤整,川添久,山辺拓也,武藤明紀,加藤智幸,冨田善彦:副腎原発悪性リンパ腫の2例.第71回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2006年10月

23) 柴崎智宏,内藤整,川添久,川村裕子,山辺拓也,梶沼陽,武藤明紀,加藤智幸,長岡明,ビリームウラジミル,冨田善彦:当院における,診断に苦慮した後腹膜腫瘍の検討.第71回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2006年10月

24) 細谷法之,松木真吾,柿崎弘,武藤明紀,冨田善彦:腎癌を合併した両側同時性腎盂癌の一例.第71回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2006年10月

25) 鈴木健一,槻木真明,小野久仁夫,菅野理,笹生俊一,星宣次:経会陰的前立腺多数箇所生検〜全摘標本からの検討〜.第71回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2006年10月

26) 星宣次,鈴木健一,槻木真明,菅野理,小野久仁夫:前立腺癌全摘例の検討−高リスク例について.第71回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2006年10月

27) 槻木真明,鈴木健一,小野久仁夫,菅野理,星宣次,冨田善彦,阿部和男,深沢学,内田徹郎,川原優:前立腺全摘,腹部大動脈瘤に対するY−graft同時手術の5例.第71回日本泌尿器科学会東部総会,東京;2006年10月