コンテンツ

臨床研究管理センターについて

患者様(一般の方へ)

治験・製造販売後調査依頼者様へ

医薬品等受託研究審査委員会

手順書・取扱要項等

各種資料ダウンロード

契約書雛形ダウンロード

患者様(一般の方へ)

治験とは?

新しいくすりを創るためには、国(厚生労働省)の審査・承認が必要です。
そのために行われる試験を「治験」と言っております。

治験がなぜ必要か?

くすり(医薬品)による病気の治療や予防は、目覚ましい進歩をとげ、人々の生命や健康を支えています。しかし、現在でも治らない病気はたくさんあり、新しいくすりを 待ち望んでいる患者様が多くおられます。新しいくすりを創るためにみなさまのご協力が必要となります。

治験を行うルール

治験は国(厚生労働省)の定めたルール(「医薬品の臨床試験の実施の 基準」:GCP)にしたがって行っています。

  • 当院のように専門の医師や医療スタッフと十分な設備がそろっている病院でしか治験は行えません。
  • 治験を実施しようとする病院では、治験の計画・内容等について病院内に設置した医薬品等受託研究審査委員会で厳密な審査を行います。

自由意思による治験への参加

治験を行う前に担当の医師は、患者さんに文書により十分な詳しい説明をします。 患者さんはあくまでも自由意思で、治験へ参加するかどうかを決めていただきます。 患者さんの承諾がなければ治験を開始することはありません。患者さんが納得の上、 治験への参加を承諾された場合には、文書で同意をいただきます。
また、治験の途中であっても、いつでも患者さんの意思でやめることができます。

医者

患者様に安心して治験に参加していただくために

臨床研究管理センター

臨床研究管理センターは、様々な視点から治験を管理・支援し、治験の科学的な質と 成績の信頼性を確保することを目的としております。 そのために治験コーディネーター(薬剤師・看護師)を配置しております。

治験コーディネーター他の役割は?

治験コーディネーターは、患者さんに安心して治験に協力していただけるよう確かな 観察と十分な情報を提供します。 また、治験を担当する医師を全面的にサポートします。

  • 治験コーディネーターは、患者さんの一番身近な相談者です。治験に関する 「不安」 「疑問」、どんなささいなことでもお気軽にご相談ください。

治験の費用について

治験に参加・協力していただいている患者さん(但し、外来受診の場合のみ)の負担が軽減できるよう、病院が交通費等を一部負担しております(負担軽減費)。

プライバシーの厳守

製薬企業や国の機関などがカルテや検査結果を閲覧することがありますが プライバシーは厳守いたします。

山形大学医学部附属病院 臨床研究管理センター

〒990-9585 山形市飯田西二丁目2番2号

TEL:023-628-5840 FAX:023-628-5838

アクセスマップはこちら

山形大学医学部附属病院 外観

先頭へ戻る