東北がんEBM(人材育成・普及推進事業) Yamagata University Faculty of Medicine.
ホーム
東北がんEBM事業概要
がんEBMリーダー
育成コース
e-ラーニングによる
がんEBM教育システム
e-ラーニング講義一覧
e-ラーニングによる
がんEBM教育システム
登録申込みについて
e-ラーニングによる
がんEBM教育システム
に関するQ&A
e-ラーニングシステムを
使った受講の仕方
  山形大学医学部
東北がんEBM事業事務局
  山形市飯田西2-2-2
TEL.023-628-5022
がん医療従事者の養成・教育の充実を通じた地域がん医療レベルの向上
e-ラーニングによるがんEBM教育システムに関するQ&A
[Q&A詳細]
-1 HPを見てがんの講義の存在を知り、聴講してみたいと考えています。私は山形県在住ですが、医療関係者ではありません。聴講は可能ですか。
-1 現在のところ聴講は東北6県に所在する医療機関に勤務する医療関係者に限定させていただいています。
-2 私は東京都在住の内科医師で、がん患者さんも含め様々な内科疾患の患者さんを受け持っています。できれば講義を視聴してがんのEBMに関する情報を得たいと考えていますが、可能ですか。
-2 現在のところ聴講は東北6県に所在する医療機関に勤務する医療関係者に限定させていただいています。
-3 がんEBMの講義を実際に講義室内で受講することは可能ですか。
-3

がんEBM講義の一部は大学院の単位認定講義に指定されているため講義室内で大学院生が聴講していますが、現在のところe−ラーニングによるがんEBM教育の受講者が講義室で聴講することは想定しておりません。

-4 がんEBM講義は定期的に実施されるのですか。
-4

がんEBM講義は定期的には実施していません。講義の準備が整って日程が決まり次第随時講義予定を受講者の方々にお知らせし、実施します。今後も順次講義を追加してゆく予定です。

-5 「過去の講義」は今後あらためてライブ講義として実施する予定はないのですか。
-5

今年度実施の講義については来年度以降も毎年ライブ講義として実施する予定です。

ページの先頭に戻る
山形大学医学部 Copyright (c) Yamagata University Faculty of Medicine.
お問合せ 山形大学医学部HP