山形大学医学部 放射線医学講座・放射線診断科

HOME サイトマップ
当科からのお知らせ'
御挨拶
当診療科案内
業務実績
研究実績
関連病院
医学生・研究医の方に
お問合せ
Department of Diagnositic Radiology, Yamagata University Faculty of Medicine

研究業績

 

講演会・学会での発表,出版された論文等の研究業績を年度別に掲載しています。

論文
 

(1)原著

1) Kanoto M, Sugai Y, Hosoya T, Toyoguchi Y, Konno Y, Watarai F, Ito T, Watanabe T, Kakehata S:Detectability and Anatomical Correlation of Middle Ear Cholesteatoma Using Fused Thin Slice Non Echo Planar Imaging Diffusion-Weighted Image and Magnetic Resonance Cisternography (FTS-nEPID). Magn Reson Imaging. 2015;33(10):1253-7

2) Kanoto M, Kirii K, Hosoya T, Hiraka T, Toyoguchi Y, Kuchiki M, Sugai Y, Obara M:Detectability of Intraaxial Lesions and Disseminations for Primary Malignant Brain Tumors using Three-dimensional Contrast-Enhanced Multisection Motion Sensitized Driven Equilibrium. J Neurol Neurosci. 2015;6(Special Issue):1-5

3) Hiraka T, Kanoto M, Sugai Y, Honma T, Makino N, Ueno Y, Hosoya T: CT findings of enterohemorrhagic Escherichia coli O157 infection: an analysis of a seven-case regional outbreak. J Comput Assist Tomogr. 2015; 39(3):406-8

4) Watanabe T, Ito T, Furukawa T, Futai K, Kubota T, Kanoto M, Toyoguchi Y, Hosoya T, Kakehata S: The Efficacy of Color Mapped Fusion Images in the Diagnosis and Treatment of Cholesteatoma using Transcanal Endoscopic Ear Surgery. Otol Neurotol. 2015; 36(5):763-8

5) Kanoto M, Toyoguchi Y, Hosoya T, Kuchiki M, Sugai Y: Radiological Image Features of the Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumor in Adults: A Systematic Review. Clin Neuroradiol. 2015; 25(1):55-60

6) 影山咲子,渡會文果,本間次男,菅井幸雄,緒方慎也,細矢貴亮: 肺の空洞病変のようにみえた胸膜solitary fibrous tumorの1例. 臨放. 2015; 60(1): 189-194

(2)総説

1) 鹿戸将史, 細矢貴亮:脳脊髄液漏出症.臨床放射線. 2015;60(11): 1598-1601

2) 鹿戸将史: 脱髄・中毒・薬剤性疾患.画像診断臨時増刊号. 2015; 35(4): 160-173

(3)著書

1) 細矢貴亮: 脳のMRI診断法. 細矢貴亮、興梠征典、三木幸雄、山田恵編. 脳のMRI. 東京; メディカルサイエンスインターナショナル, 2015; 1-16

2) 細矢貴亮: 脳腫瘍 総論. 細矢貴亮、興梠征典、三木幸雄、山田恵編. 脳のMRI. 東京; メディカルサイエンスインターナショナル, 2015; 55-63

3) 鹿戸将史:中毒性疾患.細矢貴亮、興梠征典、三木幸雄、山田恵編. 脳のMRI.東京; メディカルサイエンスインターナショナル, 2015; 491-497

4) 鹿戸将史:天幕上脳実質外腫瘍.細矢貴亮、興梠征典、三木幸雄、山田恵編. 脳のMRI. 東京; メディカルサイエンスインターナショナル, 2015; 125-139

5) 鹿戸将史:大脳半球腫瘍.細矢貴亮、興梠征典、三木幸雄、山田恵編. 脳のMRI. 東京; メディカルサイエンスインターナショナル, 2015; 64-100

(4)その他

1) 細矢貴亮: (編集)細矢貴亮、興梠征典、三木幸雄、山田恵編. 脳のMRI. 東京; メディカルサイエンスインターナショナル, 2015

学会報告
 

(1)国際学会

i 一般演題
1) 鹿戸将史:Usefulness of Grading for Primary Brain Tumors Using 18F-fluoromisonidazole Positron Emission Tomography. RSNA2015,シカゴ; December 2015

2) 鹿戸将史:Radiological imaging features of glioblastoma with oligodendroglioma component: A comparison with conventional glioblastoma.RSNA2015,シカゴ; December 2015

3) Toshitada Hiraka, Masafumi Kanoto, Takaaki Hosoya, Yuuki Toyoguchi, Yukio Sugai: Superficial siderosis due to spinal dural defect: a case report. 10th Asian Oceanian Congress of Neuroradiology, Fukuoka; November 2015

(2)国内の学会

i 教育講演
1) 鹿戸将史:教育講演.脳腫瘍画像診断の要点.第44回日本神経放射線学会.名古屋;2015年3月.

(3) 国内地方会

i 一般演題
1) 平賀利匡,鹿戸将史,豊口裕樹,菅井康大,細矢貴亮:脳表シデローシスの原因が脊髄硬膜欠損であった1例.第132回日本医学放射線学会北日本地方会,秋田;2015年6月

2) 紺野義浩, 菅井幸雄, 大木望, 豊口裕樹, 齊藤晋太郎, 細矢貴亮. ガイドライン2012年版によるIPMNの画像診断−充実性成分の評価における問題点−.第132回日本医学放射線学会北日本地方会,秋田;2015年6月

3) 影山咲子, 菅井幸雄, 桐井一邦, 渡會文果, 柴田芽亜理. 化学療法によるsinusoidal obstruction syndromeの一例.第132回日本医学放射線学会北日本地方会,秋田;2015年6月

4) 鈴木啓介, 鹿戸将史, 平賀利匡, 豊口裕樹, 桐井一邦, 細矢貴亮.毛様星細胞腫におけるADC値およびMR spectroscopy の後ろ向き検討. 第133回日本医学放射線学会北日本地方会,仙台;2015年10月

5) 杉山宗弘, 大塚茂, 斎藤博樹, 平賀利匡, 新野一穂, 淀野啓.症候性子宮筋腫に対するUAE:一般病院が保険診療として実施するにあたって. 第133回日本医学放射線学会北日本地方会,仙台;2015年10月

(4)研究会

i 特別講演・招待講演・会長講演
1) 鹿戸将史:特別講演.脳腫瘍画像診断の要点.北海道NR懇話会.札幌; 2015年12月.

2) 鹿戸将史:特別講演.脳腫瘍画像診断の要点.第132回東海神経放射線勉強会.名古屋; 2015年7月.

3) 鹿戸将史:招待講演.基調講演(診断).医学生・初期研修医セミナー.秋田; 2015年6月.

ii 一般演題
1) 平賀利匡,菅井幸雄、細矢貴亮、矢萩淑恵、本間次男、江口真里子,影山咲子: 産褥期会陰・腟壁裂傷に伴う巨大血腫に対するTAEの1例演題. 第21回山形IVR研究会. 山形; 2015年11月

(5)座長

i 一般演題
1) 鹿戸将史:診断3。脳神経・頭頸部.第132回日本医学放射線学会北日本地方会,秋田市;2015年6月

学会 講演会 シンポジウム ワークショップ

1) 第29回山形県放射線科医の会,山形;2015年1月

2) 第14回デジタル画像セミナー,山形;2015年3月

3) 第75回山形神経放射線懇話会,山形;2015年7月

4) 第24回CT・MRI研究会,山形;2015年10月

5) 第21回山形県IVR研究会,山形;2015年11月

6) 第76回山形神経放射線懇話会,山形;2015年11月

 
Copyright © 2007 YAMAGATA UNIVERSITY All Rights Reserved.