本文へスキップ

山形大学大学院医学系研究科

お問い合わせTEL.023-628-5260

ようこそ、公衆衛生学講座のホームページ

公衆衛生学は、人々の健康を維持増進するための実践科学です。本講座では、その目的を達成する手段として重要な疫学研究の手法に力点を置いた教育を行っています。疫学は、集団を対象として喫煙や食習慣などの聞き取り調査をもとに実施されていた古典的な疫学研究から、患者を対象として臨床データをもとに実施される臨床疫学、さらには遺伝子多型との関連を探究する分子疫学へとその応用範囲を拡大してきました。臨床の分野で重要視されている「科学的根拠に基づいた医学」(Evidence-based Medicine: EBM) の「科学的根拠」は、この疫学的手法により評価されたものなのです。今や医学の多くの分野で共通言語となりつつある疫学の造詣を深めることで、リサーチマインドを持った医師が多く育っていくことを期待しています。

新着情報

  • 2017.8.10

    今田恒夫教授をお迎えし、いよいよ新体制として新たなスタートを切りました。
    ホームページ、リニューアルしました!
  • 2017.8.1

    スタッフ」ページを更新しました。
  • 2017.7.14

    医学部4年生の公衆衛生学グループ実習発表会が行われました。第5班(地域医療)の学生さんが「トクホと情報リテラシー」としたテーマの発表で今年度の最優秀実習課題賞を受賞されました。おめでとうございます!                                   
  • 2017.4.20

    研究業績およびお知らせを更新しました。
  • 2017.2.18

    平成28年度山形大学公衆衛生学講座同門会がホテルメトロポリタン山形で開催されました。ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。  深尾 彰 会長 新入会の大学院生 ご参加いただいた皆様 
  • 2017.2.1

    「⾏動健康経済学から予防医学を考えるをテーマとした⼤学院セミナーが公衆衛生学講座で開催されました。今回のセミナーは、⾏動健康経済学研究の第⼀⼈者である後藤励先⽣(慶応技術⼤学⼤学院経営管理研究科)をお招きして、⼈間の⾏動モデルの視点から効果的な予防医学を研究する方法についてお話していただきました。                               
  • 2017.1.5

    スタッフ紹介およびお知らせを更新しました。
  • 2017.1.1

    新年あけましておめでとうございます。                          本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
  • 2016.7.29

    第65回東北公衆衛生学会にて、宇津木努(大学院生)と松田友子(大学院生)が発表を行いました。
  • 2016.7.24

    今年8月よりアメリカ留学(Harvard University )に旅立つ平山敦士先生の壮行会が行われました。平山先生、お体に気をつけて頑張ってください!                       
  • 2016.7.1

     医学部4年生の公衆衛生学グループ実習発表会が行われました。10グループの発表に学生から積極的な質問などなされ、活発な議論が行われました。第5班(地域医療)の学生さんが「多職種連携における共感的コミュニケーション」としたテーマの発表で今年度の最優秀実習課題賞を受賞されました。第5班のみなさん、おめでとうございます!                       
  • 2016.4.20

     大学院生宇津木努先生、富永綾先生、松田友子先生、藤田紗彩先生の歓迎会及び川崎有美子先生の医科学修士取得のお祝い会が行われました。                        
  • 2016.3.28

     平成27年度末で定年を迎えられる山形大学理事・副学長深尾彰先生の最終講義が医学部大講義室で行われました。深尾先生、本当に長い間お疲れ様でした。                   

公衆衛生学講座ビルダークリニック

〒990-2331
山形県山形市飯田西2-2-2
TEL 023-628-5260
FAX 023-628-5261