本文へスキップ

山形大学大学院医学系研究科

お問い合わせTEL.023-628-5260

研究テーマ(今田 恒夫)Current Research

高血圧、腎臓病、循環器疾患に関する分子疫学的研究

高血圧、慢性腎臓病、心血管疾患は、日本を含む先進国における最も重要なcommon diseasesである。また、それらの発症進行には、遺伝素因(体質)と後天的要因(生活習慣)が複合的に関与し、お互いに影響を及ぼしあって疾患群を形成している(疾患連関)。特に、高血圧が多い東北地方においては、これらの発症・進行機序を解明する意義は大きい。我々は、主に山形県の健診受診者、患者コホートのデータをもとに、この課題に取り組んでおり、これまでに多くの新知見を得ている。(詳細は業績を参照)。

主なテーマ:

  • アルブミン尿・蛋白尿の発症進行機序、心血管・生命予後との関連
  • 尿細管障害の関連因子と生命予後との関連
  • 腎機能推定式の比較と予後との関連
  • 高尿酸血症の関連因子と生命予後
  • 塩分摂取、血圧、腎機能、循環器疾患との関連
  • 慢性腎臓病と脳卒中・COPDの関連
  • 尿中microRNAの臨床的意義の検討
  • 生活習慣病が医療費に与える影響



業績一覧 (~2016.12)

公衆衛生学講座公衆衛生学講座

〒990-2331
山形県山形市飯田西2-2-2
TEL 023-628-5260
FAX 023-628-5261