icon教育

新人教育

研修期間
(3ヶ月)
研修内容
  1. 総論、オリエンテーション
  2. 調剤、管理
  3. 病棟
  4. 当直
  5. その他
試験
  1. 実技試験:実際の事例にもとづいて、現場で出題
  2. 筆記試験:薬剤の知識全般を問う問題
試験に合格後、配属を決定し、当直業務にも入る
配属後 総合的な教育 配属先の薬剤師からの教育。
定期的に配属先を変え、様々な病棟を経験する。研究テーマを与えられ研究を進める
3年目以降 専門性を考慮した教育 認定、専門薬剤師資格取得を考慮した配属(チーム所属など)を検討。資格取得を目指す。
さらにステージの高い研究を行い、学会発表や論文執筆。
学位取得希望者は大学院進学なども考慮

実習生用カリキュラム

当院では薬学生の長期実務実習を積極的に受け入れています。改定モデル・コアカリキュラムに対応しながら調剤業務以外にも注射薬調剤やDI業務など病院特有の実習も行います。
さらに当院に導入している抗がん薬調製ロボットを実際に操作し、抗がん薬の曝露防止など医療スタッフの安全対策についても学習します。
また、適切な薬物療法を施行するため抗菌薬や免疫抑制薬などの血中濃度測定や投与計画を立案し医師へフィードバックする業務体験も行います。また、病棟薬剤業務や薬剤管理指導の実習では実際に患者指導を行うことにより患者の適切な薬物療法施行に貢献していることを実感してもらいます。さらにチーム医療の一員としてカンファレンスなどに参加することで他職種連携の重要性を学ぶことも出来ます。
実務実習の期間中には各学生にテーマを与え、指導薬剤師や専門薬剤師指導の下で疾患に対する最新の治療方法やエビデンスなどについて学習し、最終的には成果報告として部内で報告会も行います。
実務実習を通じて病院薬剤師としての業務を経験するとともに薬剤師としてクリニカルクエスチョン(臨床上の課題)を見出し、課題解決に向けた研究を実践できる能力を身につけられる様に心掛けています。