記者会見について

 去る平成29年11月6日(月)に「パーキンソン病の新しい関連遺伝子の発見」について記者会見を行いました。今回のミドノリンというパーキンソン病の新しい関連遺伝子は、山形県内のコホート研究にご協力いただいた方のサンプルを用いて発見されました(遺伝子解析は内科学第三講座と共同で行いました)。この研究結果は、新しいパーキンソン病の発症メカニズムの解明につながるとともに、ミドノリンが創薬の標的となる可能性を示しています。研究報告の詳細は SCIENTIFIC REPORTS 7:885(2017) に掲載されています。研究概要についてはこちらをご覧ください。最後に、この研究にご支援とご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

記者から取材を受ける小原准教授

薬理学講座准教授 小原 祐太郎

山形大学医学部研究グループ

  1. 薬理学講座(小原 祐太郎、今井 亨、石井 邦明)

  2. 内科学第三講座(加藤 丈夫)

  3. メディカルサイエンス推進研究所ゲノム情報解析ユニット(佐藤 秀則)

  4. 免疫学講座(武田 裕司) 

パーキンソン病の新しい関連遺伝子(midnolin)の発見

関連遺伝子発見の経緯の説明

薬理学講座教授  石井 邦明