2013年論文・学会発表

1.論文

(1)原著

  1. Zhang L, Han C, Sun C, Meng H, Ye F, Na S, Chen F, Zhang D, Jin X : Serum levels of alpha-smooth muscle actin and c-Met as biomarkers of the degree of severity of Henoch-Schonlein purpura nephritis. Transl Res. 2013;161(1):26-36
  2. Kato N, Hayasaka T, Takeda J, Osakabe M, Kurachi H : Ovarian tumors with functioning stroma : a clinicopathologic study with special reference to serum estrogen level, stromal morphology, and aromatase expression. Int J Gynecol Pathol. 2013;32(6):556-561
  3. Watanabe M, Suzuki H, Ara T, Nishizuka M, Morita M, Sato C, Tsuchida F, Takeda H, Kato T : Relapsing polychondritis complicated by giant cell myocarditis and myositis. Intern Med. 2013;52(12):1397-1402
  4. Andoh Y, Makino N, Yamakawa M : Dendritic cells fused with different pancreatic carcinoma cells induce different T-cell responses. Onco Targets Ther. 2013;6:1-12
  5. Ohtake H, Iwaba A, Kato T, Ohe R, Maeda K, Matsuda M, Izuru K, Morimoto K, Katagiri S, Yamakawa M : Myoepithelial carcinoma of the breast with focal rhabdoid features. Breast J. 2013;19:100-103
  6. Mitsui H, Ohtake H, Ohe R, Yamakawa M : Frequent infiltration of S-100 protein+ CCR5+ immature dendritic cells in damaged bile ducts of primary biliary cirrhosis compared to cholangiocellular carcinoma. Pathol Lab Med Int. 2013;5:9-19
  7. Hashimoto T, Yamakawa M, Kimura S, Usuba O, Toyono M : Expression of acetylated and dimethylated histone H3 in colorectal cancer. Dig Surg. 2013;30:249-258
  8. Saito T, Katsumi T, Tomita K, Sato C, Nishise Y, Okumoto K, Watanabe H, Makino N, Ohe R, Yamakawa Y, Kimura W, Ueno Y : Intraductal papillary neoplasm of the bile duct arising from a background of autoimmune hepatitis: A case report. J Med Cases. 2013;4:654-659
  9. Ohtake H, Yamakawa M : Interdigitating dendritic cell sarcoma and follicular dendritic cell sarcoma: histopathological findings for differential diagnosis. J Clin Exp Hematop. 2013;53:179-184
  10. Liu X, Kato Y, Kaneko MK, Sugawara M, Ogasawara S, Tsujimoto Y, Naganuma Y, Yamakawa M, Tsuchiya T, Takagi M : Isocitrate dehydrogenase 2 mutation is a frequent event in osteosarcoma detected by a multi-specific monoclonal antibody MsMab-1. Cancer Med. 2013;2:803-814
  11. Namba H, Narumi M, Sugano A, Murata I, Suzuki T, Yamakawa M, Yamashita H : Pathological findings of pemphigus vulgaris showing giant cobblestone-like conjunctival papillae. Case Rep Ophthalmol. 2013;4:114-121
  12. 石山智敏, 神宮彰, 松本秀一, 菊地二郎, 鈴木知信, 山川光徳 : 悪性腫瘍との鑑別が困難であった回盲部腸間膜脂肪織炎の1例. 外科. 2013;75:1116-1119
  13. 岡村賢, 川口雅一, 上原香子, 矢口順子, 村田壱大, 片桐美之, 鈴木民夫, 加藤智也, 山川光徳 : 鼻背部に生じたリンパ管への分化傾向を示す脈管肉腫の1例. 臨床皮膚科. 2013;67:986-990

(2)著書

  1. 大竹浩也, 山川光徳 : 芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍. 定平吉都, 北川昌信 編集, 腫瘍病理鑑別診断アトラス 造血器腫瘍. 東京; 文光堂, 2013:185-188
  2. 山川光徳, 三浦偉久男 : 脾・細網内皮系疾患. 内科学書 : Vol.6 血液・造血器疾患、神経疾患(改訂第8版). 東京; 中山書店, 2013:160-166

2.学会報告

(1)国内の学会

i 一般演題

  1. 國井徹, 鈴木郁美, 狩野正昭, 刑部光正 : 胃型粘液を有する子宮頸部病変の一例.第54回日本臨床細胞学会春期大会, 東京; 2013年5月
  2. 大江倫太郎, 樺澤崇允, 大塲栄一, 梁秀蘭, 孟宏学, ナイン・イエイ・アウン, 加藤智也, 刑部光正, 大竹浩也, 山田真枝子, 阿部優子, 鈴木民夫, 山川光徳 : Primary cutaneous CD8-positive aggressive epidermotropic cytotoxic T-cell lymphomaが疑われた一例. 第53回日本リンパ網内系学会総会, 京都; 2013年5月
  3. 馬渕量子, 後藤尚絵, 鶴見寿, 二村学, 高田尚良, 佐藤康晴, 吉野正, 山川光徳, 鬼頭勇輔, 竹内保, 森脇久隆 : 診断に難渋したFollicular dendric cell の特徴を伴ったFibroblastic reticular cell tumorの1例. 第53回日本リンパ網内系学会総会, 京都; 2013年5月
  4. 大塲栄一, 樺澤崇允, 大江倫太郎, 加藤智也, 刑部光正, 大竹浩也, 水本雅弘, 神部良太, 前川慶之, 金哲樹, 内田徹郎, 吉村幸浩, 貞弘光章, 山川光徳 : 狭窄化大動脈弁におけるマクロファージ亜型の分布と石灰化との関連性について. 第102回日本病理学会, 札幌; 2013年6月
  5. 大江倫太郎, 樺澤崇允, 梁秀蘭, 加藤智也, 刑部光正, 大竹浩也, 山川光徳 : 乳腺組織における筋上皮細胞マーカーとしてのDEC205の有用性. 第102回日本病理学会, 札幌; 2013年6月
  6. 梁秀蘭, 樺澤崇允, 大江倫太郎, 加藤智也, 西田晶子, 刑部光正, 大竹浩也, 山川光徳 : 関節リウマチに合併した胸腺過形成の2例. 第102回日本病理学会, 札幌; 2013年6月
  7. 中峯寛和, 山川光徳, 吉野正 : Langerhans細胞肉腫(LCS)からみた樹状細胞腫瘍および類縁疾患鑑別のためのアウトライン. 第102回日本病理学会, 札幌; 2013年6月
  8. 斉藤友則 : 当院における細胞転写法を用いた標本作製法. 平成25年度日臨技北日本支部医学検査学会, 仙台; 2013年10月
  9. 刑部光正, 鈴木俊紀, 志田愛実, 大竹浩也, 山川光徳 : 膵管内管状乳頭腫瘍の一例.第52回日本臨床細胞学会秋期大会, 大阪; 2013年11月
  10. 志田愛実, 鈴木俊紀, 大江倫太郎, 加藤智也, 刑部光正, 大竹浩也, 山川光徳 : 子宮体部重複癌の一例.第52回日本臨床細胞学会秋期大会, 大阪; 2013年11月
  11. 鈴木郁美, 國井徹, 狩野正昭, 刑部光正, 前田邦彦 : 診断に苦慮した細胞接着性をもつdiffuse large B-cell lymphomaの一例.第52回日本臨床細胞学会秋期大会, 大阪; 2013年11月
  12. 阪西通夫, 碓井宏和, 石川仁, 刑部光正, 須田真弓, 鈴木聡子, 原周一郎, 大貫毅 , 木原香織 , 金杉浩 : 3 卵性品胎であった胎児共存全胞状奇胎の 1 症例 : DNA 多型解析、染色体分析、免疫染色による検討. 第58回日本人類遺伝学会, 宮城; 2013年11月

(2)国内地方会

i 一般演題

  1. 大江倫太郎, 梁秀蘭, 孟宏学, ナイン・イエイ・アウン, 加藤智也, 刑部光正, 大竹浩也, 八木周, 東海林正邦, 山川光徳 : 大腸生検の1例. 第76回日本病理学会東北支部学術集会, 宮城; 2013年2月
  2. 梁秀蘭, 大江倫太郎, 孟宏学, ナイン・イエイ・アウン, 加藤智也, 刑部光正, 大竹浩也, 鈴木智人, 内海秀明, 橋本淳一, 高木理彰, 山川光徳 : 脊椎腫瘍の1例. 第76回日本病理学会東北支部学術集会, 宮城; 2013年2月
  3. 刑部光正, 大江倫太郎, 大竹浩也, 山川光徳 : 膵体部腫瘍の一例. 第77回日本病理学会東北支部学術集会, 新潟; 2012年7月

(3)研究会

i 一般演題

  1. 孟宏学 : IgA production in tonsils with IgA nephropathy. 第23回日本樹状細胞研究会, 京都;2013年6月
  2. 鈴木俊紀 : 平成25年度病理検査分野サーベイ報告. 山臨技精度管理報告会, 山形; 2013年 11月

(4)その他

  1. 山川光徳 : 悪性リンパ腫疑いの検体取扱いと病理診断. 第15回庄内悪性リンパ腫セミナー, 鶴岡; 2013年9月

3.学会,講演会,シンポジウム,ワークショップ等の開催

  1. 第12回福島・新潟・山形血液スライドカンファレンス, 山形; 2013年9月


HOME