病理診断科(病理部)

 

病理診断学講座は附属病院における病理診断科(診療科)を担当し、臨床業務の一端を担っています。具体的には、患者さんから採取された組織や細胞の標本で病理診断・細胞診診断を行い、結果を主治医へ報告することにより、治療方針の決定などに関わっています。また病理解剖の診断は病院全体で行う検討会で報告し、今後の診療に生かされます。また、国立大学の附属病院としては、いち早く病理外来を開設しています。病理診断科の実質的な業務は病理部で行われています。

 

病理診断科の業務内容の詳細については、「病理診断科の紹介を参照して下さい。

また、病理診断科では研修医のための卒後研修プログラムを用意しています。プログラムの内容については、「卒後研修プログラム(初期)《、「卒後研修プログラム(後期)を参照して下さい。

 

スタッフ

 病理部長

  山川 光徳 Mitsunori Yamakawa病理専門医・細胞診専門医

 

 病理副部長

  大江 倫太郎 Rintaro Ohe病理専門医・細胞診専門医

 

 病理医

  加藤 智也 Tomoya Kato病理専門医・細胞診専門医

  樺澤 崇允 Takanobu Kabasawa

  宇都宮 文 Aya Utsunomiya

  玉澤 暢之 Nobuyuki Tamazawa

 

 臨床検査技師

  鈴木 俊紀 Toshinori Suzuki(細胞検査士)

  斉藤 友則 Tomonori Saito(細胞検査士)

  白岩 徹平 Teppei Shiraiwa

  志田 愛実 Ami Shida(細胞検査士)

  鈴木 あゆみ Ayumi Suzuki

 

 医療クラーク

  東海林 真由美 Mayumi Toukairin

 

 

 

HOME