高原 政利 Takahara, Masatoshi 助教授 
1957年12月 北海道美唄市 生まれ
1983年    北海道大学医学部 卒業
1983年    北海道大学医学部研修医(整形外科学講座) 
1991年    北海道大学医学部助手(整形外科学講座) 
1993年    伊達赤十字病院 整形外科部長
1997年    山形大学大学院 入学
2001年    山形大学大学院 卒業(医学博士)
2001年    山形大学医学部助手(整形外科学講座)
2002年    山形大学医学部講師(整形外科学講座)
2003年    山形大学医学部助教授(整形外科学講座)
 研究テーマ
 1)手・肘の外科(外傷、組織再建、末梢神経障害)
 2)
スポーツ医学(野球、バスケット、バレー、サッカー、スキーなど)
 3)関節軟骨・靭帯(Tissue engineeringを用いた再建)
 4)骨関節の発生・発達とその変異
所属学会・研究会
日本整形外科学会 (専門医)
日本手の外科学会 (評議員:平成14年〜、広報委員:平成15年〜)
日本整形外科スポーツ医学会(評議員:平成13年〜)
日本骨代謝学会
日本軟骨代謝学会 
日本リウマチ学会 
日本リハビリテーション医学会
日本肘関節研究会
その他の活動
1)山形県スポーツ医科学研究会 副会長および事務局長(平成15年〜)
2)The 7th meeting of Congenital Hand Anomaly Study Group
  の実行委員長(平成12年)
3)The 5th International Symposium on Congenital Differences of
  the Upper Limbの事務局長(平成12年)
4)第18回東日本手の外科研究会 実行委員長(平成16年)
5)第53回東日本整形災害外科学会 学術委員長(平成16年)
6)小学・中学・高校・大学野球選手の検診活動(平成9年〜)
7)山形銀行女子バスケットボール チームドクター(平成13年〜)
8)滝山KG少年野球スポーツ少年団 チームドクター(平成13年〜)
9)滝山小学校女子バレーボール少年団 チームドクター(平成14年〜)
研究助成・受賞
平成9年 上原財団研究助成 軟骨分化に関する研究
平成10年
整形災害外科学研究助成財団ジンマー・ジャパン奨励賞
平成10-11年 科学研究費 萌芽的研究 関節軟骨欠損の再建
平成10年 山形県受託研究 山形県における野球選手のスポーツ障害
中富健康科学振興財団研究助成 関節機能とGDF5
平成12年 山形ヘルスサポート研究助成 変形性関節症における増殖性変化
山形ヘルスサポート研究助成 母指多指症の実験的研究
山形ヘルスサポート研究助成 縦列形成不全の実験的研究
平成13
日本整形外科学会学術奨励賞(臨床部門)
Julian M Bruner Award, American Society for Surgery of the Hand and the American Foundation for Surgery of the Hand, 56th Annual Meeting ミ October, 2001, Baltimore, USA
Poster Exhibit Award Best Scientific Content, American Society for Surgery of the Hand, 56th Annual Meeting ミ October, 2001, Baltimore, USA
平成13-14年 科学研究費 萌芽的研究 内軟骨性骨化における軟骨吸収
平成14年 科学研究費 基盤研究 遺伝性のある上肢先天異常の症例調査
アメリカ合衆国・カナダ訪問医師団 Traveling Fellow
平成15年
整形災害外科学研究助成財団科学製薬奨励賞
JOSSM/KOSSM/GOTS(日本・韓国・ドイツ・オーストリア・スイス整形外科スポーツ医学会)Traveling Fellow
平成15-16年 科学研究費 基盤研究 関節の発生とメカニカルストレス
最近5年間の論文・著作 英文 和文
英文
1) Takahara M, Shundo M, Kondo M, Suzuki K, Nambu T, Ogino T. Early detection of osteochondritis dissecans of the capitellum in young baseball players: report of three cases. J Bone and Joints Surg 80A: 892-897, 1998.
2) Takahara M, Sasaki I, Kimura K, Kato H, Minami A, Ogino T: Second Fracture of the Distal Humerus Following Varus Malunion of Supracondylar Fracture in Children. J Bone Joints Surg 80B: 791-797, 1998.
3) Kato H, Minami A, Kobayashi M, Takahara M, Ogino T: Functional results of low median and ulnar nerve repair with intraneural fascicular dissection and electrical fascicular orientation. J Hand Surg 23A: 471-482, 1998.
4) Kato H, Minami A, Takahara M, Oshio I, Hirachi K, Kotaki H: Surgical repair of acute collateral ligament injuries in digits with the Mitek bone suture anchor. J Hand Surg 24B: 70-75, 1999.
5) Takahara M, Ogino T, Sasaki I, Kato H, Minami A, Kaneda K: Long term outcome of osteochondritis dissecans of the humeral capitellum. Clin Orthop 363: 108-115, 1999.
6) Takahara M, Shundo M, Kondo M, Suzuki K, Nambu T, Ogino T. Early detection of osteochondritis dissecans of the capitellum in young baseball players: report of three cases. Year Book of Sports Medicine 1999 Edited by Roy J Shephard and Joseph S Torg: 61-62, 1999.
7) Takahara M, Ogino T, Fukushima S, Tsuchida H, Kaneda K: Non-operative treatment of osteochondritis dissecans of the humeral capitellum. Am J Sports Med 27: 728-732, 1999.
8) Takahara M, Ogino T, Tsuchida H, Takagi M, Kashiwa H, Nambu T: Sonographic Assessment of Osteochondritis Dissecans of the Humeral Capitellum. Am J Roentgenol 174: 411-415, 2000.
9) Takahara M, Ogino T, Takagi M, Tsuchida H, Orui H, Nambu T: The Natural Progression of Osteochondritis Dissecans of the Humeral Capitellum. Radiology 216: 207-12, 2000.
10) Orui H, Ishikawa A, Tsuchiya T, Takahara M, Ogino T: Chondro-osseous differentiation in fat tissue tumors: magnetic resonance imaging with pathological correlation. Skeletal Radiol 29:459-465, 2000.
11) Ogino T, Kashiwa H, Ishigaki D, Kanauchi Y, Naruse T, Takahara M: Classification and treatment of congenital hand differences. Congenital Anomalies 40 (Supplement): 34-40, 2000.
12) Orui H, Takahara M, Ishikawa A, Takagi M, Tsuchiya T, Ogino T: Radiological features of long bones in synovitis, acne, pustulosis, hyperostosis, osteitis syndrome and their correlation with pathological findings. Mod Rheumatol 12: 56-63, 2001.
13) Hatamura I, Kanauchi Y, Takahara M, Fujiwara M, Muragaki Y, Ooshima A, Ogino T: A nonsense mutation in TRPS1 in a Japanese family with tricho-rhino-phalangeal syndrome type I. Clin Genet 59:366-7, 2001.
14) Iuchi Y, Kobayashi T, Kaneko T, Takahara M, Ogino T, Fujii J: Expression of Y-box protein, YB2/RYB-a, precedes protamine 2 expression during spermatogenesis in rodents. Molecular Human Reproduction 7: 1023-1031, 2001.
15) Sasaki J, Takahara M, Ogino T, Kashiwa H, Ishigaki D, Kanauchi Y: Ultrasonographic Assessment of the Ulnar Collateral Ligament and of Medial Elbow Laxity in College Baseball Players. J Bone and Joints Surg 84A: 525-531, 2002.
16) Harada M, Ogino T, Takahara M, Ishigaki D, Kashiwa H, Kanauchi Y: Fragment fixation with a bone graft and dynamic staples for osteochondritis dissecans of the humeral capitellum. J Shoulder Elbow Surg 4: 368-372, 2002.



(b)和文
1) 高原政利、荻野利彦、佐々木淳也:スポーツによる肘関節障害の診断(超音波断層法). 臨床整形外科 35: 1199-1208, 2000.
2) 平上健 荻野利彦 高原政利 柏英雄 石垣大介 土田浩之:骨折と見誤られたHegemann病の1例. 東北整形災害外科紀要44:95-98,2000.
3)高原政利:第13章 肘関節の疾患:上腕骨上顆炎. 今日の整形外科治療指針, 第4版(二宮節夫他編)医学書院, 東京, 398, 2000.
4) 高原政利:第13章 肘関節の疾患:内反肘. 今日の整形外科治療指針, 第4版頁(二宮節夫他編)医学書院, 東京, 398-399, 2000.
5) 高原政利:第13章 肘関節の疾患:外反肘. 今日の整形外科治療指針, 第4版頁(二宮節夫他編)医学書院, 東京, 399, 2000.
6) 高原政利:第13章 肘関節の疾患:肘関節の離断性骨軟骨炎. 今日の整形外科治療指針, 第4版頁(二宮節夫他編)医学書院, 東京, 400-401, 2000.
7) 高原政利:第13章 肘関節の疾患:肘関節の骨軟骨腫症. 今日の整形外科治療指針, 第4版頁(二宮節夫他編)医学書院, 東京, 401, 2000.
8) 高原政利:第13章 肘関節の疾患:Panner病. 今日の整形外科治療指針, 第4版頁(二宮節夫他編)医学書院, 東京, 402, 2000.
9) 荻野利彦 高原政利:肘関節の痛み. 医学と薬学 44巻:21-27, 2000.
10) 高原政利:専門医トレーニング講座・画像篇/SLAC. 臨整外36: 1291-1293, 2001.
11) 高原政利:肘と手指の疼痛 -上腕骨離断性骨軟骨炎-. リウマチ科 26: 114-118, 2001.
12) 高原政利香F上肢の超音波検査法 肘離断性骨軟骨炎. 整形外科超音波診断アトラス第2版 (日本整形外科超音波研究会編) 南江堂, 東京, 2002.
13) 高原政利:上肢の超音波検査法 肘関節内側不安定症. 整形外科超音波診断アトラス第2版 (日本整形外科超音波研究会編) 南江堂, 東京, 2002.
14) 高原政利:専門医トレーニング講座・画像篇/SLAC. 臨整外36:1291-1294, 2001.
15) 高原政利:手の外傷後の保存療法としての運動療法(慢性疼痛を含む). 整形外科運動療法マニュアル (白土修、宗田大編) 全日本病院出版会, 東京, 55-66, 2002.
16)高原政利、荻野利彦、土田浩之、柏英雄、村成幸、佐々木淳也、原田幹生:肘関節骨軟骨損傷の診断 -上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎- 日本肘関節研究会雑誌10:29-30, 2003
17) 佐々木淳也、高原政利、村成幸、 原田幹生、荻野利彦:高校野球選手の尺側側副靭帯 -超音波を用いた評価- 日本肘関節研究会雑誌10:53-54, 2003
一番上へ